アーカイブ

‘発達障碍’ タグのついている投稿

発達障害児には「他の子と同じようにしなさい」とはいえない

2009 年 6 月 2 日 コメント 2 件

今日は、息子が病院へ行く日。

このところ学校より息子について苦情が出ており、病院へ行く前に担任の先生と15分ぐらいじっくり話し合うことができた。

息子についての苦情は次のものである。

  • 掃除当番や給食当番をサボることが多い。
    最初はまったくやっていなくて発覚後に親が叱ったらしぶしぶやるようになった。ただ言われてもすぐにやらなくて、しぶしぶやるということだ。ときどきやらないこともある
  • 授業中興味がなくなると、トランプをやったり折り紙をやることがある
  • 後ろから小突かれたときに、むきになってたたき返す
  • まったく関係ない子に廊下で通り過ぎるときに、「デブ」とか「ブス」とか言って傷つける
  • 忘れ物が多い。宿題をやらないことが多い
  • 連絡帳に学校の用件をきちんと書かない。書き忘れることもある
  • 学校でどう対応していいかわからない。クラスの席もどこに置くのがいいのかわからない。

自宅では息子の言っていることを100%そのまま信じていない。妻は毎日、宿題のチェックや忘れ物のチェックをしている。私は連絡帳を読み書きして、それを妻に言葉で話すようにしている。また学校や友達の苦情も妻が電話などで対応している。

実は先生は「金曜日を除いて毎日宿題を出している」とか「忘れ物が多い」と初めて言われた。妻が毎日チェックしているが、息子が書いた連絡帳や話では不十分なようだ。息子は先生の話を自分で解釈して、全部の情報を伝えていないようだ。

それ以外にも息子の話を信じて対処しているが、先生の話と食い違う部分がある。まずは息子を信用してというのを第一にしているが、どうも怪しい。


学校の話を受けて、先生に尋ねてみた。(名大病院も新しいビルに完全に移動したみたいです。駐車場も広くなってよくなりました)

このカテゴリーの子は、「他の子がきちんとやっているからやりなさいと言っても動かない。何か報酬を与えないと動機付けができません。」

報酬といっても与えられるものには限界があるし、どうすればいいんだろう。

「すべてのことに対応しても頭の中が一杯で無理です。1学期に1つずつ取り組み、徐々に慣れていくしかありません。小さいころから叱られ癖がついているので、簡単には心を開いて納得することはできません。」

「具体的に学校でどう指導するかということは医者としては指導が難しいので、教職のあるコーディネーターの人にお尋ねするのがよいと思います。」


息子は見た目では発達障碍があるようには見えない。学校での成績は中間であるし、得意な教科もある。でもお医者さんからすると、先天的な欠陥があるようだ。

見た目が変わらないけれど、特別な扱いをしてもらう必要があるかもしれない。

私も「他の子と同じようにしなさい」といつも言ってきたのだが、そもそもそれができないということか。平等ではなく、区別しないといけないのか。


カテゴリー: 家族 タグ:

感情を抑えきれないときは

2009 年 5 月 27 日 コメントはありません

息子のことで、学校からまた電話があった。

授業中に友達とトラブルがあって、友達の鉛筆を3本折ったらしい。

友達に馬鹿にされて、かっーーーとした。それで叩いてはいけないということを思い出して、がまん、がまんして、その怒りの矛先が叩かずに、鉛筆にいったようだ。

息子と反省会。

広汎性発達障碍では、感情をコントロールしたり、場を読むのが難しいらしい。
普通の子どもよりも、かっーとするとコントロールが効かない。人の顔を読み取ったり、話を聞くのが難しいらしい。

私もほかの人がどんなことを考えているかわからなかったけれど、自分と同じようなことを考えているんだろうなと思ったのは20歳に近づいたころかな。それからは人を観察するのが逆に趣味になった。

「どうやったら、感情を抑えることができるのか?」

「薬を増やそうか?」

とか今まで同じようなことを何度も話し合ってきた。もう同じことを話しても解決に近づかない気がする。

すでに感情を抑えていると思うし、薬も多少増やすことはできるけれど、、、

次は

「感情を抑えきれなくなったらどうするか?」という話を前に小児精神科医に言われていたので、それを復活させたい。

「その場を離れたり、ほかの話題に移したり、無視したりする」ということが自然にできるようにする。来週に診察に行くので今日の状況を踏まえながら、どうすればいいかもう一度相談してみよう。

人は誰しも平等に才能が与えられているという。一つ不足しているところがあれば、別のところが優れている。息子の優れているところはどこだろうか?

カテゴリー: 家族 タグ:

一つぐらいいいところは

2009 年 5 月 23 日 コメントはありません

(書いたのですが下書きのままになっていました)

毎日のように息子はトラブルを起こしていますが、今日は小学校の運動会。

小学校の運動会で、息子はリレーの選手でした。
身体は前から3番目と大きくはないのですが、小学校1年生のときからなぜか足が速く、ずっとリレーの選手でした。クラスで1番か2番。

運動会でリレーで活躍して、少し親としては誇らしい気分を味あわせていただきました。
心の中だけ「あれはうちの息子だよ!」と。

家に帰って、ジャスコから電話がありました。
「名札がジャスコにありますが、心当たりはありますか?サービスカウンターで預かっていますから取りに来てくれますか?」

あれっ、昨日は平日でジャスコへ行っていないのに。
おもちゃ売り場で見つけたという。

あーーー、ジャスコへ行ってはいけないということを何回も約束しているのに。

翌日息子をつれてジャスコへ名札を取りに行ったところ、帰るときに見失いました。先ほどまで一緒にいたのに、どっかへ行ってしまいました。駐車場で5分待ちましたが、来ません。

いつもだったら、駐車場からお店へ戻って探すのですが、妻と話して今日はおいていくことにしました。自宅から歩いて15分の距離で、先日も一人で歩いて行ってきたのですから。

本当に懲りないとわからないかもしれません。

もうこのようなことを100回では収まりません。何百回と続けてきたでしょうか。。。

ほかにもいろいろなトラブルを、歩き始めてから7年。

もう10歳なので、少し突き放してみようかなと思います。
(発達障碍ですがそろそろ人格がはっきりしてきたせいもあります)

カテゴリー: 家族 タグ: