アーカイブ

‘株’ タグのついている投稿

[本]芸術起業論

2009 年 10 月 6 日 コメントはありません
芸術起業論
芸術起業論
おすすめ平均
stars芸術家として時代の証人として
stars百花繚乱魑魅魍魎森羅万象カイカイキキ☆
stars富の引きよせ
stars考えさせられる本
stars残念な芸術論

Amazonで詳しく見る by G-Tools

実物大のフィギュアが1億円を超える値段で売れたこと、彼のことはそれぐらいしか知らない。

この本では、芸術家として生きつづけることは事業を起こしてお金を稼ぎながら生きていかねばならないこと、そしてそれは金儲け主義と揶揄されながらも戦略的にやらなければ生き残る術はないということを教えてくれる。

芸術のターゲットは、お金持ちである。普通の娯楽には見飽きた人が将来の投資として買うこともあるし、芸術・文化のパトロンとして歴史を残すという社会的意義を見出すのかもしれない。ターゲットに価値のあるものとして認めてもらうためには、マスターベーション的な自己表現だけでは不十分で、過去から人間がつむぎだしてきた文化の系統に則った文脈として表現しなければならない。

その文脈(コンテクスト)をターゲットに十分に説明せずして、単独の芸術作品はありえない。

文脈をとらえること

芸術作品をつくっただけでは人々に訴えることができない。それを説明する人が実は一番重要。美術は欧米特にアメリカが中心なので、きちんと英訳して説明できることが大事。そして、欧米の歴史や彼らの理解できる文脈の中で説明して伝えることができなければ、意味がない。

スケールメリット

美術作品は投機作品でもあるので、投機対象になるというような説明を与えて理解してもらわないと価値が出てこない。起業にも似たようなことがある。この会社の製品やサービスが将来伸びるかもしれないという幻想を与えること。株価というものも、ある意味幻想の上になりたっているところもあるので、その幻想のスキームを形成することが大切だ。

また世界規模で考えないと、欧米を中心とした広い市場になりえない。欧米圏の歴史や考え方を理解して、彼らの文脈に飛び込むこと。どうせ日本人は「しょうゆ味」のイエローモンキーなので、欧米からは異分子と見られることが普通で、その上で理解してもらう、メリットがあることを説明する。

本では村上氏の話し言葉をそのまま記述したような、繰り返しで文章として未熟なものも見られる。しかし逆にそれが村上氏のこみ上げる思いを伝えるようになっている。

表現者としてクリエーターとして、芸術家として何をするべきか。

事業分野は違えども、共感する部分は多かった。アートの分野でビジネスというのを取り入れたことも、彼の成功につながっているのではないだろうか。もちろん彼の作品もオリジナリティがあり、すばらしいものである。(ちょっと恥ずかしいのだけれど、それもいいんだろうな)

村上隆氏のマイ・ロンサム・カウボーイ

カテゴリー: , 起業 タグ: ,

妻のパスポートが届いた

2009 年 4 月 25 日 コメント 2 件

妻のパスポートがフィリピン領事館から届きました。
3月19日に申請したから、5週間ほどかかりました。
まあでも順調です。途中イースターがありますのでしょうがないところ。
でもパスポートの発効日が前回の発効日よりも1週間ぐらい先になって、有効期限が若干増えたのがいいところ。

パスポートの色は前回は緑色だったのですが、今回は前々回までと同じ茶色に戻りました。最後のページに領事のサインがあったのですが、それはなくなりました。
今回からパスポートが日本のパスポートと同じくICチップが内蔵されているそうで、電子証明が入ったから必要なくなったんですかね。

妻は来日して15年ほど経ちますが、日本に帰化するかどうか迷っています。永住ビザがあるのでフィリピンに帰れとは言われませんが、日本にいるときはパスポートの5年後との延長が必要です。日本から出国するときは再入国ビザが必要だったり、もし海外へ旅行するときは、日本人はほとんどビザは必要ありませんが、ビザが必要な国は多いです。

他に戸籍謄本には妻の名前は触れていますが、一覧には載っていません。住民票にも妻の名前はなく外国人登録済証明書になります。
ちと面倒です。

日本に帰化する場合、交通違反などの軽微な犯罪を犯していないし、たぶん可能だと思いますが、失うものもあります。

フィリピン国籍をなくしますと、フィリピンでは土地や建物の所有権はなくなります。
企業の株の半分以上を持つことはできなくなります。これらは外国人に抑えられないための法律ですが、フィリピン国内に万一のときのための安い家がありますのでそれを失うことになります。

妻は万一離婚したら、自分が住む場所としてフィリピン国内に家を持っていたいという考えがあるようです。万一ですけれど。

さて、これから名古屋の入国管理局へ行かねばなりません。
パスポートに永住ビザを転記してもらいます。永住ビザは所得済みなので手続きは簡単。新しいパスポートに判を押してもらうだけです。

昨年4月に移転したそうですね。15年間で3度目の場所になります。フィリピンから来日したときはビザの期間が短かったため数ヶ月に1回行っていましたが、今は数年に1度。5年に1度のパスポートの更新か、フィリピンに行くときに再入国ビザをとるためです。

名古屋の入国管理局
愛知県名古屋市港区正保町5-18
名古屋競馬場のすぐ近くです。 あおなみ線で名古屋競馬場駅徒歩1分

その後は、外国人登録証というIDカードがありますから、「パスポートが変わったよ」というのを区役所へお知らせに行くだけ。

手続きは簡単ですが足を運ばねばなりません。まあ結婚するときの手続きの大変さに比べたら、ぜんぜーん問題ありません。

(後日パスポートの写真を載せよう)

カテゴリー: フィリピン, 家族 タグ: ,

[本] Google誕生

2009 年 3 月 29 日 コメントはありません

Google誕生という本を読みました。

サーゲイ・ブリンとラリー・ペイジの2人とGoogleの起業物語です。
起業物語というよりは、短期間で上場を果たし大企業まで成長した物語です。

2人の出会いから、シュミット会長を始めとしてエンジェル達との出会いと忠告、資金的な問題、Google文化などを、たくさんのインタビューから彼らの企業物語をつむぎだしてくれます。

いくつかヒントと元気をもらいました。

  • シュミット会長は、創業時期の早い時期ですが、今後どうなるかわからない会社に対して自分の財産を数億投げて株を買い運命共同体となった
  • サーゲイとラリーは、投資にはお金を使うけれど、不必要なところには無駄にお金を使わない
  • 無謀な挑戦から始めたけれど、できると確信して一つ一つ壁を乗り越えていったこと
  • 全体的な成功できるイメージを描き、それが実現できると確信するところから始まる
    • 小手先でビジネスをいじりまわしても、うまくいくほど甘くない
  • 邪悪なもの、自分の価値観と違うものは受け入れない

まだサーゲイとラリーは30代です。まだまだ彼らの革命は終わらないでしょうね。

Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター 田村 理香

おすすめ平均
starsわくわくするサクセスストーリーです
stars大学院生の熱い情熱
starsグーグルはこうして誕生し、こんな方向に向かっている
starsちんたらちんたら
stars読みやすいGoogleの入門書

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カテゴリー: タグ: