アーカイブ

‘未踏’ タグのついている投稿

今年は「省」

2009 年 1 月 1 日 コメントはありません

もうすぐ2008年が終わりになろうとしていますが、いろいろなことが「変」の年だったようです。

みなさんは、どんな年だったでしょうか?

私にとっては、「省」の年でした。

3年間の起業は失敗でした。
借金を抱えたわけでもないし、経済的にまったく経ち向かないというわけではなかったのですが、自分が掲げた経営理念では事業が続かない、自分の限界を感じたからでした。それに妻との約束もありました。資金1000万円が尽きたら止めよう。

この1年は、なぜうまくいかなかったかを反省する1年でした。
それをベンチャー企業に席を置かせてもらい、勉強会に参加して、自分なりに考えてきました。

・経営理念に関して

 創造性を発揮できるような場をつくろうと思って起業しました。
 でも働く人と自分のことばっかり考えていました。
 仕事というものはお客さんのためにしないといけないですね。
 これからは、お客さんとの話し合いで、創造的なものを構築していこうと思います。

・自分の限界

 未踏ソフトウェア創造事業に応募してソフトを構築していたのですが、思うようにいきませんでした。
 もともと誰もやっていないことをやるので大変なんですが、自分が到達できる目標が高すぎたかもしれません。それに到達できない自分を軽蔑し非難しました。
 一人だったんで自分を追い込んでいました。

 ジャングルの中から抜け出ようとして、同じところをぐるぐる回っている感じです。冷静さをもてず、だんだんと体力をなくしてしまうような。

 プログラムをつくるだけでなく、どんなことでも1人でやってはいけません。

 お客さんと一緒にやるか、仲間と一緒にやるか。

他にも反省することはたくさんあるんですが、12/31だけでなく1年間が省みる年でした。次の機会があれば、少なくとも同じ踵を踏まないようにしないと。

みなさんはこんな失敗はないですよね。

カテゴリー: 楽天日記 タグ: ,

[本]独立開業マニュアル の続き

2008 年 12 月 30 日 コメントはありません

独立開業マニュアル?これだけは知っといてや (岩波アクティブ新書)

単行本: 209ページ
出版社: 岩波書店 (2003/02)
ISBN-10: 4007000654
ISBN-13: 978-4007000652
発売日: 2003/02
値段: 740円+税

・税理士のお勧め

 IT関係の個人事業のときは税理士は私は必要ないと思っています。
 飲食業や製造業などのように、材料やお金の出入りが激しい場合は必要かもしれませんが、平均して1日1件もないのですぐにできてしまいます。
 結構まめに、領収書を集めていて帳簿ソフトで集計しています。もうほとんど青色申告の準備はできています。
  
 でも中小企業は、毎年の税法改正もあるでしょうし規模も大きいので税理士へ少なくとも決算のときにお願いすることになるでしょうね。10万円ぐらいですか、ちょっと今の私にはきつい。

 著者は、若いときに民間企業で仕事をしていた人を勧めています。視点の広さやコミュニケーションの取りやすさからでしょうか。また税理士に、経営指導は無理だと言っています。せいぜい節税のアドバイスぐらいで、実業についてなんもわからんからでしょう。

 一般的にコンサルタントといっても、かなり事業ドメインを縛らないと役に立たないでしょうね。しかも絞れば絞るほど専門バカになりすぎてしまうしね。いえ自分のことです。

また社会保険労務士は、会社がの規模がある程度大きくなってからでよさそうです。小さな会社は経理の人が全部兼任してくれるそうなので。

・補助金のこと

補助金や助成金はありがたいけど、頼ると甘えてしまいます。
だからあまり関わらない方がいいと言っています。

会社はつぶれるし、伸びないから。

実際に周りで補助金もらっている会社をみると、潰れるかどうかというよりも、割に合わないと思います。書類が面倒で、開発の管理という手段が目的になってしまう感じがあったりします。

私が経験した未踏ソフトウェア創造事業は事務作業を管理会社がやってくれたので助かりましたし、いろいろな刺激を受けたという点では非常に良かったと思います。でも収入面では多いとは言えず、そればかりに頼っていたら事業は潰れてしまうでしょう。

・人の採用について

もし今粗利が20万円だったとします。
これでは生活がぎりぎりだとします。(もうちょっと必要ですが)

「仕事の量を増やして粗利が30万円になったとき、増えた10万円でアルバイトを雇う」と考えるか、「20万のうち10万円をアルバイトに渡して、足りない10万円を仕事の量を増やして補おう」というのは、よく似ていますが、順序が違います。

これは後者の方が、事業が大きくなり成功しているそうです。
前者の方は、結局のところ事業規模はそのままで同じことを続けるそうです。

事業規模を大きくしたいかそのままがいいかの検討もありますが、順序が違うだけで考え方やその後の結果に大きく違いがあるんですね。

そう思うと、事業を大きくしたいと思うときは、積極的にアルバイトやパートを雇うことを考えた方がよさそうです。

とはいっても、正社員となると現行の法律制度は負担が重すぎます。
給与の30%のお金を、会社が給与とは別に支払わないといけません。

税務処理やさまざまな手続きを会社がやらないといけなくて、小さな規模でも総務(経理)の社員が必要です。

会社の負担を軽くして、税務処理などを会社ではなくて個人でするようにすれば、、、たぶん経済は少し好転するんではないと思います。

このことで税金を投入する必要もないしね。
(確定申告なんて結構簡単ですよ。ソフトを使えば手間がかなり減るしね。ただチェックするための人材は税務署で必要かもしれないね。大方フィルターで、おかしな数字を弾いて、抜き打ちで税務調査すればいいんではないかと思います。)

カテゴリー: 楽天日記 タグ: , ,

メンター勉強会

2008 年 12 月 24 日 コメントはありません

起業支援ネット主催の「メンター勉強会」に参加してきました。
正式には「メンタリング?助け合い?の機能を取り入れる」というタイトルの講習会です。

メンターって言葉は知っていますか?

私は本田氏の「ユダヤ人大富豪の教え」で初めてその言葉を知ったような気がします。自分のことを導いてくれる人生の先導者という感じで捉えていました。

でも、ちょっと違うようです。

定義としては「よき先輩、よき相談相手」ということのようです。

コーチングやファシリテーションというのとも違うようです。
その違いがいまひとつわかりませんが、人と人のコミュニケーションを円滑にしたり、自分で悩みもがいていることが少しでも楽になるのだったらいいなと思っています。

講師は京都からきていただきました。
特定非営利活動法人 場とつながりラボ home’s vi 代表の嘉村賢州さんと萩原亜沙美さんです。
http://www.homes-vi.com/

実際に時間をかけていくつかの体験をして、メンターやそれを受けるメンティーの意味を学んでいきます。具体的な体験の内容は著作権があるので差し控えますが、以下のようなことを体験して学んでいきました。

1. 部分的な情報を集めて、それから全体を構成することの難しさ

2. 価値観の違いとそれをまとめていく難しさ

3. 具体的なイメージを言葉で伝える難しさと、答えがわかっていないことを伝えることの難しさ

4. 各自が課題となっていることを、いろいろな人からアドバイスをしていく。ときには答えが見つかるし、答えが見つからなくても悩みが楽になっていく。
 いろいろな人からのアドバイスをもらいそれで解消されていく過程

講師曰く、全体を体験していただきたいので20倍のスピードで進めたということです。消化不良のところもありますが、いろいろな気付きがあって楽しかったです。不思議と今回の勉強会は全然疲れなかったです。

丸一日新しいことを学んでいくと、いつもはぐったりとしてしまいます。
悩みが少しずつ解け始めていく感じを覚えましたので、細胞が活性化しはじめたかもしれません。

参加者のオーラが穢れを感じなかったので、すごく居心地がよかったかもしれませんね。

講師の嘉村さんは奇遇にも、未踏ソフトウェア創造事業の2004年度採択者でこんなところで縁があるとはという思いで少しお話させていただきました。

未踏にかかわる人は天才肌の人が多いのですが、自由人というのか、なかなか現状の社会にうまく適合しにくい人が多いよね。こういう人が世の中を切り開いていくんだけれど、日本の社会はあまり許してくれないよねと同意しました。

みんな屍を橋頭保となって切り開いていく覚悟はあるのですが、屍にもさせてもらえないですぅ。

未踏つながりでもなんかできるといいですね。

また懇親会の帰りにMさんといっしょに返ったのですが、SさんからMさんと私は似ているところがあると言っておりましたが、、、、2人の出身も育ちも違うし、顔も年齢も違うのですが、、昨年と今年のほぼ同じ時期に辛い状況を過ごしたりして、精神的につながっているところがあるかもしれないシンクロニシティを感じました。ある人の言葉でソウルツインズかもしれません。

なんか自分が悩んで苦しんでいたら、ひょっとしたらMさんも辛いかもしれない、それならメールで「大丈夫?」と出してみようと思います。

いやーーー、いろいろな人とつながっているというという実感のこもっと日でした。赤い糸じゃなくて、ピンクの糸でつながっているのかも。

その影響かもしれませんが、夜更けに娘と1時間以上じっくり話し合ってしまいました。

カテゴリー: 楽天日記 タグ: