アーカイブ

‘カンボジア’ タグのついている投稿

トンレサップ湖の水上生活ツアー

2010 年 7 月 17 日 コメントはありません

トンレサップ湖の水上生活ツアーに行きました。

シェムリアップから車で30分くらいでしょうか、ボート乗り場へ行きます。

ボートのチャーター代がかかるそうですが、3人いたので、1人$15×3= $45をチケットで支払いました。

人数によって乗るボートの大きさが違いますが、6人分のイスがありました。
ここは湖までの入江なのか、川なのか、人工的な運河なのかわかりませんが、とても浅かったです。
雨季が始まったばかりからかもしれません。

深さ1mぐらいで、両岸は浅いのでぎりぎりのところをボートがすれ違います。

ガイドは英語が達者でした。日本語はほとんどだめ。
聞きやすかったのでほとんど内容がわかりました。

30分ほどボートに乗っていると、視界が広がりました。
トンレサップ湖です。この湖もとても浅いです。船がおおきく2つのグループにわかれていて、ベトナム人たちの船のグループとカンボジア人たちの船のグループです。カンボジア人たちの船のグループの方に行きました。

途中、小さな船に子どもが蛇を身体に巻いて近づいてきました。
あっ、きたな。。。同行者が写真を撮ると、ポーズを決めます。

数枚撮影すると、、、、「ワンダラー、ワンダラー」と言って、ボートは近づいてきました。
私はさっと$1を渡しました。

船には、豚を積んでいる船や鶏を積んでいる船があります。
行ったことはないけれど、チチカカ湖にあるあしでつくられた浮かぶ島で生活しているインディオの人たちを思い出しました。
フィリピンでも、ミンダナオ南部では船で生活している人たちがいますし、香港でもありましたよね。

みんな漁業の仕事場と生活の場が接近しています。

しばらくすると、ガイドが妙なことを言い出しました。
「これから学校を見に行くけれども、もしよかったらここの子供たちは貧しいから、ノートや鉛筆を寄付してあげて欲しい。」
「へー、何人いるの?」
「80人ぐらい。でも全員は無理でも、気持ちだけでも、10人でも20人分だけでもいいから。」

強制的に寄付を薦められるという腑に落ちないものを感じながら、学用品などを売っている船にボートは寄せました。

中に入ると、小さな生活雑貨を売っているお店です。

店員の女性に、「これはいくらですか?」と英語で尋ねます。
ノートがビニールで15冊くらい束になっていて、「$15」
鉛筆を8本くらい持ってきて、「こっちは$5」

えーー、なんでこんなに高いの?ノートや鉛筆は粗末なものなので、たぶんノート1冊20円ぐらいで、鉛筆は10円しないぐらいじゃないかな。不便なところとはいえ、中国やタイ、ベトナムとは地続きなのでカンボジア産はなくても安く手に入るのではないかな???

(フィリピン人の妻にフィリピンの物価を訪ねてみたら、やはりノート1冊20円、鉛筆1本5円くらい。収入は1ヶ月$40~$50くらいからがそうばなので、ぴったりあう)

それにノートがビニールで梱包されているところから、、、、ひょっとしたら1日に何組もの観光客が来て哀れんでたくさんのノートや鉛筆を買って学校に寄付していく。
そんな寄付は数回やれば、学校の生徒には十分な量。

寄付されたものを、また店が買い取って、また売って、寄付するというような、寄付をネタにしたビジネスがあるのではないか。

ガイド、店、学校の3者が、哀れみをネタに儲けているのではないかと思う。

それを英語でガイドに文句を言ったら、ガイドはクシュンとしてそれ以上話さなくなった。
写真も撮る気がなくなった。

しかし、ボートを降りるとき、チップをくれというのには驚いた。
しぶしぶ$2をまとめてドライバーに渡すと、子どもにも$1渡して欲しい、それをしぶしぶ渡すと、ガイドが自分にも渡して欲しいという。
さらに$2を渡して、後味の悪いツアーを最後にすることにした。

ここの水上生活以外では、カンボジアのどこへ行っても、寄付をしてくれとか、物乞いをするような人はみなかった。
(街にやっている人や、アンコールワットの観光地を除けば)
カンボジア人はシャイだけれど、まじめにコツコツと働いている。
大陸に住んでいるけれども、タイとベトナムと中国に挟まれていて、控えめに生きている。

そんな姿が日本人にも通じるところがあるなと思う。

この日の最後に、ドライバーに3日分の代金$90を支払った。
でもチップをくれとか何も言わなかった。それでありがとうといって、握手をして、「君個人への感謝の気持ちとして」といって$10を渡したら、笑顔で「ありがとう」と言ってきた。

トンレサップ湖は観光客ずれしてきた。。。。。。。。。。。

かものはしプロジェクト現地工場

2010 年 7 月 16 日 コメントはありません

今回のシェムリアップの街を案内して、いろいろな人に引きあわせてくれたのは、かものはしプロジェクトの青木さんと本木さんでした。
ありがとうございました。

かものはしプロジェクトの、シェムリアップ(Damdek)工場へ行ってきました。

染料を煮て、いぐさを染める工程です。
いつも暑いのに、さらに熱くて大変です。ダイエットしたい方にはいいかもしれませんが、カンボジア女性は最初から痩せています。

工場の中で、2人一組でいぐさを揃えて切っています。

布を裁断しています。

ミシンでいぐさと布を縫いつけています。
ミシンは日本の中古のミシンです。日本から送っていただくのは嬉しいのですが送料が高いので、タイから購入しているそうです。

上に掛かっている札は、かものはしプロジェクトの日本人スタッフの写真と名前です。
名前を覚えてもらうためかな?

かものはしプロジェクトの商品です。

かものはしプロジェクトでは、採用するにあたって家庭状況を考慮するそうです。
希望者が多いそうですが、貧しく大変な家庭ほど雇用したいそうです。とても貧しい家庭とか、シングルマザーの家とか。
つきあっていても妊娠すると逃げていってしまう男が多いとか、、、、、反省。

たまたま勤め始めた女の子(15歳、中学校中退)の家に、本木さんと一緒についていきました。
お父さんが亡くなって、お母さんが出稼ぎに行っています。女の子は隣のおばさんの家に同居していました。
近くで働く場所があってうれしいと言っていました。

トイレもお風呂もない、板張り二間の粗末な家で、二人の社長はびっくりしていました。
でも、妻の家の近所はあんな感じの家ですし、昔妻も同じような家に住んでいましたから、私は平気です。
今晩泊まれば?と言われてもOKです。ただ板の間は背中が痛いけれどね。でも竹の間よりはましか。

カンボジアの農村は、家の形が若干違うのですが、それ以外はフィリピンとよく似ていました。
アジアの農村風景というのはどこも似ているのかなぁ。

シェムリアップ空港のお店のものです。かものはしのものと似ているのですが、こちらの方が洗練されています。
商業的な製品としてレベルアップするのはこれからですが、ぜひガンバッテ欲しい。

工場で働く女の子は交代勤務かもしれませんが100人ぐらいいます。
地域の同い年くらいの女の子が同じ職場で働くのは、女子中か女子高みたいなところで楽しそうでした。
田舎で働くところがなければ、みんなばらばらになってしまうのですから、お金の寄付よりも働く場を提供する大切さというのを思い直しました。

かものはしプロジェクト
http://www.kamonohashi-project.net/

カンボジアのシェムリアップへ行ってきました

2010 年 7 月 14 日 コメントはありません

7/8~12まで、カンボジアのシェムリアップへ行ってきました。
シェムリアップといえば、アンコール・ワットで有名ですね。
昔世界中を旅した1987年頃から1990年にかけては、カンボジアは内戦状態で、まさか自分がアンコールワットへ行けるとは思いませんでした。

今回シェムリアップへ行くことができたのは仕事を通じて知り合った、佐賀県の社長をご案内することが目的でした。
アンコールワットを真っ先に撮影しようとした、一之瀬泰造氏は1973年11月29日にこの地でクメール・ルージュに囚われて処刑されていますが、佐賀県武雄市出身であることもなにかの縁かもしれません。

仕事なので、成田からバンコックまでANAで飛び、そこからBangkok Airのプロペラ機でシェムリアップに着きました。

昔の旅のカンを戻してきたので、2人を案内するのは大変ではありません。
すべての用紙の記入を代行しておりますが、ひとつ失敗しました。
空港で簡単にVISAが取得できるのですが、旅行代理店からいただいた用紙はだめで飛行機の中で配られた小さなVISA申請用紙に欠かなくてはいけませんでした。そのため、空港で、みなさんにVISA申請用紙を書かせてしまうはめになりました。
でも写真1枚用意して、$20です。

一応、フリータイムのパックツアーなのでホテルも予約されています。
サリナホテルが日本人が泊まるホテルとして有名ですが、ちょっとグレードアップしてソマデビホテルにしました。
お湯も出る十分なホテルです。ただ1泊$40なので、旅行代理店経由ではなくて直接申し込んだほうが安かったかな。。。
まあいいや。

現地の知人に頼んで、車のチャーターと携帯電話のSIMカードを依頼しました。
かものはしプロジェクトの青木さんです。青木さんは高熱を出していて苦しそうでした。ごめんなさい。

車のチャーターはパットさんといういい人が来ました。英語は少しだけだったけれど、とても人物が良かったです。
面倒をかけたので自分でホテルか旅行代理店に頼んでも良かったかも。1日$30でどこでも連れていってくれます。

SIMカードは外国人が買うのは大変なので助かりました。2枚を$3ずつで購入して、私のSIMフリーにしたX01HTとiPhone 3Gに収まりました。認識はしたけれど、電話ができない。プリペイドカードを別途買わないといけないのね。
ドライバーに案内してもらい、道端の商店で$2を2枚買います。国内の電話はこれでおつりがきます。1分数円ぐらいだそうです。
ためしに妻にかけたら、1分間$1くらい。あっという間になくなりました。

これは最初にいった、アンコールワットです。
アンコールワットへ行く前に、チケットオフィスでUSBカメラで顔写真を取って、チケットに印刷されます。
1日$20、3日$40、7日$60は昔と変わらないようです。転売防止みたいですね。

アンコールワットへ入る途中の池です

遠くにバルーンが見えます。アンコールワットをバルーンから見るというツアーです。



しかしこんな巨大なものを良く作りましたよね。日本では鎌倉時代の始め頃です。


美しいレリーフには感動しました。

アンコールトムの西門です。

アンコールトムの中心です。

遺跡と木が溶け合っている、ラ・プロームへは結局スケジュールが目白押しで行けませんでした。
次回いこうっと。

続く。

カテゴリー: interesting タグ: