アーカイブ

‘wordpress’ カテゴリーのアーカイブ

CloudFlareというCDNをつかってみた

2012 年 1 月 4 日 コメントはありません

このブログを新しいサーバーに移転したついでに、WordPressを3.3にバージョンアップした。

そして3.3ではCloudFlareというCDNが紹介されているので、それもアカウントをとって設定した。

CloudFlareは、無料で使えるCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)である。

CDNで有名なのはAkamaiだけど、こちらは通常使用は無料。

さらにキャッシュ機能を、W3 Total Cacheというプラグインを入れて有効にしてみた。

どうだろう、早くなっているだろうか?

 

CDNは、このブログの画像データなどを世界中の複数のサーバーにおいておき、アクセスされる方にとって一番近いサーバーのデータを見に行けるようにするもの。おまけにこのブログからは画像データを配信しないのでサーバーの負担が軽くなる。

デメリットは画像を頻繁に変えると、画像が他のサーバーにすぐに配信されないので画像を見ることができないケースがあるかもしれないということ。

まあ、あまりアクセスされない(1日100アクセスぐらい)ので、試してみた。

CloudFlareについての詳しい説明は、http://blog.sinap.jp/2011/06/cdn-cloudflare.html

W3 Total Cacheについての詳しい説明は、http://www.hide10.com/archives/14515

(手抜きですみません)

以前のサーバー、Coreminiではときどき重くなることがあった。こちらのサーバーは無料だけど今後ユーザー数が増えるのでどうなるかわからないけれど、とりあえず運用してみます。

このところ、FacebookとTwitterばかりで、そちらもあまりやっていませんでした。でもこちらも覚書のように続けていこうと思います。それで少しでも役に立てることがあれば幸いです。

カテゴリー: wordpress タグ:

ブログを移転しました

2012 年 1 月 3 日 コメントはありません

このブログを、Value-DomainのCoremini(年間2500円)から、スタードメインのスターサーバープラスに移行しました。

スタードメインは、shockby.comのレジストラとして年間920円で契約しておりますが、契約していると無料サーバー(3GB)がついてきます。

10Gバイトのデータを保存しておける無料プランもありそれとの選択です。

 

CoreminiからWordPressを移行するときは、以下の3つでできます。

1. PhpmyadminでDBのエクスポートをとって、それを新しいサーバーのphpmyadminでインポート。

2. wp-contentの中身をコピー

3. ./wp-config.php の設定

ただ、エラーがでました

いろいろやってみたところ、coreminiで設定していた変則的なphpの設定(phpをcgiで実行させる)を.htaccessにしていたのが理由でした。

それを削除したら無事移行できました。

 

カテゴリー: wordpress タグ:

wordpressを2.8にアップグレードしたら管理画面がおかしくなった

2009 年 6 月 11 日 コメントはありません


wordpressが2.8に正式にバージョンアップしたというので、このブログを2.8にバージョンアップしようとしました。


正常にバージョンアップしたと思いきや、管理画面がうまく表示されません。

blogブログの外面はいいのだけれど、ブログを書いたり編集するための管理画面が大変なことになった。

どうもcssが効いていないらしい。

http://shockby.com/wp-admin/load-styles.php?c=1&dir=ltr&load=dashboard,plugin-install,global,wp-admin&ver=278e896882ccaccb587de3e5e99b9e6e

へのリンクであるが、& が&になっていないからだろうか?

というわけで、修復中。

CSSが適用されない不具合が出てた時の環境は、WordPressディレクトリ下の.htaccessに下記を書いておりました。

<files *.php>
AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php
</files>

面倒臭かったので、こんな設定にしていたわけですが、最近、スピードアップしたいので、個別にCGIをしようと修正していたのが、解決の糸口でした。
結果、上記3行をコメントアウトし、

#<files *.php>
#AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php
#</files>

WordPressディレクトリ内のwp-admin下に、.htaccessを作成し、下記を記入

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<Files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

xreaのphpはセーフモードで動いていて、ファイルを更新することができない。ファイルを更新する必要のあるphpはCGIで動かすのだが、まったく上と同様の話であった。

現在修正が完了。

助かった。


カテゴリー: wordpress タグ: , ,