アーカイブ

‘iPhone’ カテゴリーのアーカイブ

iPhoneの交換したバッテリーがもたない

2011 年 3 月 20 日 コメント 1 件

iPhone 3Gが2月に入って、急になくなるようになった。
そんなに使っていないので、それまで2〜3日に一度の充電で済んでいた。
ところが、このところ朝100%でも夕方には0%になっていた。

もう2年近くなるので、そろそろバッテリーの替えどきかもと思った。
ソフトバンクやAppleに持ち込むと1万円ぐらいかかるらしい。
でも巷の業者ならば、5000円以下でやってくれる。

でも、iPhone 3Gの電池交換は保証が効かなくなるけれど、さほど大変ではないらしい(実際にやってみると、工具が揃えば15分かからない)
それで、eBayに注文した。
0.01$ + 送料2$ぐらいで、コンパチ品を注文。2週間ぐらいで着いた。
しかし、Amazonで同じ製品が1600円ぐらいで売られているものと同じもので、バッテリがー1日もたない。

それで、今度は日本で売られている純正品と同じものを、eBayに注文。
送料が高く、5$くらいでほぼ倍。こちらは4週間ほどかかったが到着。
来週はフィリピンへ帰省するので間に合ったと思ったが、、、、、、、
種類は、APN 616-0366 だったかな。
シリアル番号は、LZ916791600F2E
型番は、0002-L

(コンパチ品がなんだったか控えるのを忘れちゃった)
純正品であると思ったのだが、同じく1日もたない。

バッテリーの慣らしという話があったので、充電・放電を繰り返していれば、バッテリーは長く使えるようになるのかな。
慣らしというもので治るものなのか、それとも業者に持ち込んでちゃんとしたバッテリーに変えたほうがいいのか、判断に迷う。

カテゴリー: iPhone タグ:

iPhone 3Gのバッテリー交換

2011 年 2 月 22 日 コメントはありません

このところ、iPhoneのバッテリーの減りが早くなった。
とはいってもそんなに積極的に使っていないので、3日に1回ぐらいの充電だった。
3Gでのデータ通信はお金がもったいないので止めているし、WIfiでちょっとデータ通信する程度。
ゲームも1日30分もしないだろう。

それがここ最近1日でバッテリーがなくなってきた。
充電池は日時が経つと、途中でストンと落ちて、それからは数分で消えてしまう感じなるとおもう。
珊瑚礁の海にいくと陸から数十メートルぐらいまでは深さ数mだが、そこから数十メートルぐらいまでドロップオフになり、だんだんと落ちていく。ダイバーにはわかるかな。。

ここ1ヶ月くらいそんな感じだから、あと2ヶ月ぐらいで完全に消耗するんだろうと思う。

iPhoneのバッテリー交換はsoftbankやAppleに持ち込むと交換となって、1万円ぐらいするらしい。
巷にある修理ショップは、保証外だけど4500円ぐらいで交換してくれる。

ん〜、ローンが終わったらiPhone 5を買おうかなと目論んでいる(奥様の目が怖い)ので、あとせいぜい半年。

ebay で試しにバッテリーの料金(以下)を調べたら、なんと99セント。送料は$1.53、 合計$2.52。200円ちょっとだよね。

Replacement Battery 1600 mAh for i Phone 3G Tools E00 – eBay (item 300508988625 end time Feb-26-11 01:09:06 PST)
http://bit.ly/einLES
$0.99 送料 $1.53

うわ、この価格差はぐらついた。
すかさず注文!

ぐぐってみると、どうもこのバッテリーについてくるドライバーがダメらしい(実際にダメだった)。
そこでドライバーセット(以下)も注文。150円しないよね。

REPAIR KIT OPENING TOOLS FOR IPHONE 3G 3GS IPOD PSP – eBay (item 220694466389 end time Mar-08-11 21:22:24 PST) http://bit.ly/fODsnh

AU $1.67 Approximately US $1.69 (送料無料)

合計350円。

私の趣味の一つが海外通販なのだが、これまでゆっくりと船便でやってきたので1ヶ月。ときには2ヶ月かかったこともあった。
だけど、今回は早かった。1週間ちょっと。

そして昨日届いた。

iPhone 3Gの開け方は、やってみると簡単。
これも、”iPhone 3G バッテリー 交換”なんてキーワードでググルとたくさん見つかる。iPadアプリiFixitだったかな、これも英語だけど詳しい。

30分かからずに交換できた。ハンダ付けもないしね。

ただ、、、、、、バッテリーは1日でなくなるじゃん!交換前と変わらないじゃない。
1600mAhって表記があるけれど、オリジナルは1150mAhらしいのだが。
(下のAmazonでのコメントをまったく同じだ)
そしてどうやらOSのアップグレードはできないらしい。
iPhone 3Gは4.2.1以上アップできないからいいけれど。

商品としてはamazonにあるものと同じもの。
Amazon.co.jp: iPhone 3G用交換バッテリー工具付(1600mAh)互換電池-533173: 家電・カメラ http://j.mp/fMJSpi

まあamazonより安いからいいけれど。
しばらくは様子をみて、やっぱりこのバッテリーだめじゃんとなったら、純正バッテリーをかおうっと。とはいっても1000円〜2000円ぐらいで買えそうだけど。

懲りもせず、外部接続バッテリーも買ってしまった。全体で600円弱だけれど送料の割合が高い。

External Battery Charger iPhone 2G 3G 3Gs 1900-mAh E01 http://bit.ly/hTaMxj US $1.68
送料US $4.99

カテゴリー: iPhone タグ:

iPhone 3GをiOS 4.1にJailBreakした

2010 年 9 月 24 日 コメントはありません

木曜日の祝日に仕事をしながら、iPhone 3Gを4.1にJailBreakした。

自由を手にするものは、その自由の分だけ自己責任を追わなければならない。

手順はこのページにあるとおりです。
http://d.hatena.ne.jp/KMJB/20100924/1285313124

いやあ、iPhone 3GをiOS4.0にバージョンアップしたときよりも、体感的に5割ぐらいスピードアップしているなぁ。
マルチタスクにしていたけれど、3Gはメモリーが少ないのでかえって遅くなってしまった。
すぐにメモリーがなくなるしね。3.1.xのときと同じくらいの速度に戻りました。

あと1年は、iPhone 3Gを使うけれど、もうそろそろバージョンアップする意味がないかもしれませんね。新しいiOSは、iPhone 4や3GSのみ機能追加されていることが多いですから。

あらかじめ、3.1.2でJailBreakしていないとSn0wBreeze2.0.xは駄目だったんだけれど、iREBというツールを使って助かった。

ベースバンドも上げずに済んだので、ultrasn0wを入れて、再びSIMフリーにできた。
以下はCydiaから追加したソフトです。

  • SBSetting
  • AppSync 4.1
  • afc2add
  • CyDelete
  • OpenSSH
  • SysInfoPlus
  • iFile
  • ultrasn0w
  • MobileTerminal

※MobileTerminalはCydiaのものは、iOS4以降に対応していないようです。
どこかからソフトを探していれなきゃ。

追伸:

後で以下のファイルを消すと、メモリーの節約ができるかも。(http://www.funkyspacemonkey.com/howto-boost-iphoneitouch-speed-removing-launch-daemons-2)

2. Delete the following files: (save daemons with no adverse effects on the device )

  • com.apple.DumpPanic.plist – Dumps crashes for evaluation by Apple.
  • com.apple.ReportCrash.(Different Things).plist – There are 5 of these daemons, and they collect data about what caused a crash, what programs were running at the time, etc.
  • com.apple.CrashHouseKeeping.plist – Also deals with crashes.
  • com.apple.aslmanager.plist – This daemon manages system logs.
  • com.apple.syslogd.plist – Logs system events.
  • com.apple.powerlog.plist – This is used to monitor any incompatibilities with 3rd party chargers.
  • com.apple.stackshot.server.plist – This daemon’s function is currently unknown, but removing it has no adverse effects on one’s device. Some more information can be found here, although the page is quite technical and isn’t very useful to an end-user.
  • com.apple.tcpdump.server.plist – This daemon is apparently used to dump traffic on a network (Source), but I don’t know what that means, exactly. Removing this daemon has no adverse effects on one’s device.
  • com.apple.iqagent.plist – This daemon’s function is currently unknown, but removing it has no adverse effects on one’s device.
  • com.apple.mobile.profile_janitor.plist – This daemon’s function is currently unknown, but removing it has no adverse effects on one’s device.
  • com.apple.chud.chum.plist – This daemon is thought to relate to Apple’s CHUD (Computer Hardware Understanding Developer) tools. Removing this daemon will have no adverse effects on your device, unless you are a developer.
  • com.apple.chud.pilotfish.plist – This daemon is also thought to relate to Apple’s CHUD tools. Removing this daemon will have no adverse effects on your device, unless you are a developer.

3.  Delete ONLY by users that dont need this features ( IF YOU DONT KNOW WHAT TO DO, DON’T TOUCH THIS FILES ):

  • com.apple.AddressBook.plist – If removed, Contacts in the Phone application will load slightly slower. Disable this if you don’t care about that.
  • com.apple.accessoryd.plist – If removed, disables accessories like FM radio transmitters, iPhone docks, and AV cables. Accessories will be able to charge your device, but that is all they will be able to do. Remove this if you don’t use any of these accessories.
  • com.apple.apsd.plist – If removed, Push Notifications will no longer work. Disable this if you don’t use Push Notifications.
  • com.apple.dataaccess.dataaccessd.plist – If removed, contacts will no longer sync via Exchange or Google Sync. Disable this if you don’t use those services.
  • com.apple.datamigrator.plist – Used to transfer contacts from SIM card to phone. iPod touch users can delete this.
  • com.apple.racoon.plist – Used for Virtual Private Networks. Disable this daemon if you do not use any VPNs.
  • com.apple.MobileInternetSharing.plist – Used for Internet Tethering. Disable this if you have an iPod touch or if you aren’t interested in tethering.
  • com.apple.aggregated.plist – It is believed that this performs some function related to Audio-In. If you have an iPod touch and do not intend to use Audio-In, disable this. iPhone users should leave this alone.
  • com.apple.AOSNotification.plist – This daemon deals with MobileMe syncing. If you do not use the MobileMe service, you can disable this.
  • com.apple.AdminLite.plist – This daemon tries to return control of your device to you if it thinks that you are waiting for a lengthly process to respond. It does this by force-quitting the process, so if you’re tired of your apps crashing and you would rather wait a few seconds for them to finish what they’re doing, disable this daemon.
  • カテゴリー: iPhone タグ: