アーカイブ

‘本’ カテゴリーのアーカイブ

本「逃亡者の掟」と「許される日はいつ―ギリシャに潜んで13年」

2014 年 3 月 2 日 コメントはありません

escape

「逃亡者の掟」の著者は、人見 安雄さん。
「許される日はいつ―ギリシャに潜んで13年」の著者は、一緒に逃避行をした妻の 人見 江利子さん。

人見さんは人生の歯車が狂っていつの間にか、少年院や刑務所を往復するような犯罪者になってしまった。
真面目にやろうと思っても、悪友の誘いを拒むことができず、窃盗に加担してしまう。
ただ器用なので、プロの社交ダンサーになったり、見よう見まねで覚えた縫製や油絵はプロはだし。

窃盗団の一人だったが、妻の「逃げなさい」の一言で海外へ逃亡を決意した。
日本にいたら悪い友達に誘われて。悪の道から逃れられないと思ったからである。

妻と一緒に香港、台湾、タイ、パリ、ベトナム、スペインへと逃げる。
ギリシャで画家として有名になり10年以上絵を描いては売り、一財産を築いてしまう。

そして逃亡生活に疲れ、望郷の念に囚われて自主を決意して日本に帰る。
 
そんな稀有な半生を描いた自伝書と奥さんの手記。
この本をFacebookで教えてもらって、名古屋の図書館に両方ともあったので借りて読むことができた。

映画のようですごく面白かった。
逃避行はスパイ小説さながらだし、ギリシャでの生活も生活感を感じるような懐かしさがある。

登場人物も個性が強く人間性があふれている。
サイゴンの健気な子どもたちに涙し、
画家としての先生になったアントニースの厳しさと優しさに触れ、
ギリシャでの困難と成功。

自分が官憲から逃避行しているような恐怖と、冒険のような旅の楽しさが同居した不思議な物語であった。

ところでこうやって13年間も逃げおおせたのは、
彼の朗らかな性格や見た目の良さや、彼の社交ダンスや油絵の能力もあっただろうが、
地縁も知己もいない外国で生活できるのは驚嘆すべきことである。

私は外国での食事や文化は気にならないが、生きていく糧を得るのは自信がない。
それ以上に、孤独に打ち勝つこともできないだろう。
トラブルに巻き込まれれば、身ぐるみ剥がされて身元不明の死体となるだろう。

彼が13年もの長い間やってこれたのは、ひとえに相思相愛の奥さんがいつも一緒にいたからだと思う。

ところで彼の絵が気になって、ネットで探してみた。
一つだけ見つけた。たぶん日本に戻ってきて刑に服した後で描いた作品だと思うが、細やかでファンタジーのような世界だ。

http://www.e-kotto.com/contents/020/post_2043.html

函館港

彼が自首して日本に戻って逮捕された1986年9月初めは、私は中国へ2ヶ月旅行しているときだった。
当時大きなニュースになっただろうに今日まで全然知らなかった。彼も私も愛知県にいたのに。

そして彼が自首する1年後には、私はギリシャへも立ち寄っていた。
1年早く行っていれば会えたかもしれない。ギリシャに住んでいる人にも旅行中に会っていた。
きっと話が進めば、彼のことが話題になっていただろうに、またよく知っている人にも会えたかもしれないのに。

まあ旅行中、日本人だけでなくいろいろ怪しい人と会って話をしていたからね。みんな元気でいるかな!?

カテゴリー: タグ:

[本]世界一ラクにできる確定申告

2014 年 1 月 12 日 コメントはありません


世界一ラクにできる確定申告 ~全自動クラウド会計ソフト「freee」で仕訳なし・入力ストレス最小限!

  • 原尚美_::_山田案稜
  • 技術評論社
  • 1659円

Amazonで購入
書評

私は個人事業主として独立して7年目になリます。
毎年青色申告で確定申告をしています。

やらなくてはいけないけれど面倒なのは、帳簿付けで、この確定申告です。
昔は帳簿付けはノートで複式簿記でやらなくてはいけなかったけれど、いつの時代からかパソコンのソフトを使えば楽にできます。
会社向けだけでなく個人事業主向けのソフトがたくさんありますが、freeeというのが時代なのかクラウドで出てきました。

実際にfreeeを登録して使ってみました。
銀行口座からの明細をインターネットからダウンロードできるので、帳簿に銀行口座の明細を記入する手間が省けます。
また項目を途中で入れたところで、入力補助もしてくれる。
一番の悩みは毎年の度重なる税法が変わることですが、それにも対応してくれる。

悩むところは年間で1万円ちょっとになる使用料。
税理士に頼むよりは安いけれど、年間のソフト代としてはちょっと気になる金額。
青色申告対応のソフトって、それよりも安い値段で、しかも毎年更新するほどのこともありません。

あっそうだ、freeeのことよりも本の内容について書評をしなきゃ。
この本は、freeeの特徴をまとめた単なるガイドブックにとどまりません。

本を書いた方は、実際に帳簿付けや確定申告などをしている人で、これまでの経験で身につけたことを書いていて参考になります。

領収書の扱いのことや経費として参入するかどうかの基準や、家計との按分や、取引の処理など、経験に基づいたことがたくさん書かれています。
私も7年もこういった経費処理をしていますが、未だに判断に迷うこともありますので、何度もこの本を紐どいて参考にさせていただこうと存じます。

カテゴリー: タグ:

3Dプリンティング

2013 年 12 月 9 日 コメントはありません


林信行の「今そこにある未来」セミナー(1) 3Dプリンティングによる第3次iT革命 (カドカワ・ミニッツブック)

  • 林信行
  • ブックウォーカー

Amazonで購入
書評

3Dプリンティングというのが、最近話題になっている。

いわゆるプリンタはコンピューターのデータを紙に印刷する。
3Dプリンタとは、紙ではなくて3次元の物体をつくるプリンタである。

40年ぐらい前にタイプライターのような文字をガタガタと印刷するものから始まった。
それからプリンターは新しいものがどんどん発明されていき、点々をつくって文字を埋めていくドットプリンター、感熱紙というのを使い熱で印刷するもの、コピー機のようなレーザープリンター、インクを吹き出すインクジェットプリンターと変わってきた。印刷されるものは、より精密により高速により美しくなった。

私がこの3Dプリンターを知ったのは5年くらい前だったろうか。
樹脂を一層一層積み重ねていくもので、時間はかかるし、小さなものしかできない。

スタートレックというSFドラマや映画はご存知だろうか?
そのドラマの中では、レプリケーターというものがあり、「コーヒー」や「スープ」というだけで電子レンジのような機械の中で、容器と一緒に飲み物や食べ物が作られるのである。

3Dプリンターはまだまだ未熟でつくりあげるもの1昼夜だったり時間がかかるけれど、やがては技術が進化して普通に見られるものになるのではないか。まずは多品種少量生産のモノやオーダーメイドのものが3Dプリンタで作らていくのではないか。本の中で例として上げられていた、歯のかぶせものやインプラントは、人によって全く形や大きさが違う。

先日も私が歯医者に行って詰め物をした。まずレントゲンをとって歯科技工士に依頼してつくってもらう。それを歯医者さんが微調整をして詰めるということをしていた。早くても一週間はかかったが、3Dプリンタだと翌日かすぐにでもできてしまうようになるのではないだろうか?

2020年代の後半は、3Dプリンタを使った製造業の時代になるのではないかとも言われる。
工場で高価な機械と場所と経験のある人たちでしかなしえなかったものが、3Dプリンタを使って個人の好みに沿ったものを自由に作れるようになる。Appleのようなデザインが優れた会社が、たくさん出てくるのではないかと言われる。

この本(3Dプリンティングによる第3次iT革命 (カドカワ・ミニッツブック))を読むと、そんな時代が変わっていくという予感を感じる。この本こそ、従来の本の一章か二章ぐらいの量で10分ぐらいで読めるが、興味のあるところをしっかりと読者に伝えるという新しい媒体だと感じた。ただ実現するには課題が山積みだとも書かれていた。その課題を1つずつ乗り越えながら見ていくさまを、この本を読みながら感じ取ってほしい。

カテゴリー: タグ: