アーカイブ

‘ネットの世界’ カテゴリーのアーカイブ

「子どもを信じること」という本 とカーンアカデミー

2011 年 11 月 30 日 コメントはありません


子どもを信じること

  • 田中茂樹
  • 大隅書店
  • 2940円

Amazonで購入
書評

世の中ではお受験がブームである。
芸能人も少し余裕のある家庭もそして普通の家庭も、子どもの将来を思って少しでもいい学校に行かせたいと思う。
有名な私立の幼稚園、小学校、中高一貫校の伝統校などを目指して、生まれて歩き始めた頃から塾があったりする。
また小さい頃から、いろいろ習い事をさせる親がいる。子どもにいろいろなチャンスを与えたい。
だけど子どもが純粋に楽しんで遊ぶということを欠いてしまって、習い事で疲れはてていて、大丈夫なのだろうか。

一方で、大阪市長になった橋下さんなどは子どもを普通の公立学校で多少荒れていたとしてもそこの中で生き抜いていく野草のように育てなくてはいけないという。

子どもを育てる親はみんな初心者なので、どちらの言い分ももっともなので迷ってしまうというのが、普通の親ではないだろうか。

著者はどちらかというと橋下さんの意見に近い。
子どもは自ら良くなる方向に進んでいく。失敗しながら障害を乗り越えていく。自分で少しずつ生きるための力をつけていくのだ。
親が危険を回避するようなことをすると、子どもが自分で危険を回避する機会を失いかえって将来に不安を残すだろう。
子どもは暖かく見守り、言いたくてもじっと我慢するのが一番良いそうだ。

とはいっても、子どもに発達障害があったり、ぜんぜん勉強する気がなく将来が不安だという親が多い。
それに対しても、「大丈夫。子どもは自分で良い方向にはどうやるか考えるから。子どもを信じて暖かく見守ることが大事だよ。それよりも家庭という逃げ場や暖かい場所があれば、元気を得て外の世界に立ち向かう力を養うことができるよ」とおっしゃってくれる。

この言葉を聞くだけで、救われた気持ちになった。

実際に私の息子は「広汎性発達障害」という特徴を持っており、幼稚園、小学校と問題児だった。
授業と放課休みの区別がなかなかつかず、友達の気持ちを汲み取ることが難しく、トラブルを生んでいたし、リタリン・ファンダシールという薬も服用し、児童用の精神科に通っていた。
小学校の上級生になるに従ってだんだんと症状が安定してきた。中学校に入って薬もやめることができた。
少しは安心したと思ったけれど、中学校になってはっきりわかる成績の方は下降線を辿っている。

どんなに励ましても、なだめすかしても、時には怒っても、何も変わらない。
今でも、テストは適当に受けるだけ。ヤル気があるのかないのかよくわからない。
このままでは将来が不安で、どうすればいいか不安に思うし解決策も見えない。

でも本を読むとわかる。
その不安というのは親の不安であって、子どもの不安じゃないんだね。
子どもが将来どうなるかどの道へ進むかを親が考えるのは実は親のエゴなんだ。
どんな道にしろ、子ども自身が考えて子どもが一歩ずつ自分のペースで人生を歩んでいったほうがいい。

この本ではたくさんの事例が載っている。いろいろな場面での具体例は身近な例として参考になる。
それだけの例があるのならば著者の言うことは間違っていないとさらに安心できた。ありがとうございました。

ところで、カーンアカデミーというサイト(http://www.khanacademy.org/)をご存知ですか?
サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」
http://www.ted.com/talks/lang/jpn/salman_khan_let_s_use_video_to_reinvent_education.html

英語サイトですが、ファンドマネージャーのカーンさんが親戚の子どもを教えるために、自分が教えるところをビデオにとってそれをYouTubeに載せたところから始まったサイトです。教え方が良くて評判を呼び、学校で教える教科ほとんどがビデオになりました。

子どもは自分で学ぼうという気持ちがあり、それは人によって進み方が違います。
ときどき早くなったり遅くなったり、興味のもつところも違います。
ある学校では、家庭でカーンアカデミーのビデオを見て自習し、学校で先生が質問に答えるという逆転現象も起きているとか。

貧しくて学校に行けなくても、大人になるまで学校に行くチャンスがなくても、いつでも学ぶことができる。

人はいつでも学びたい、向上したいという気持ちがあるのですね。
2

カテゴリー: ネットの世界, タグ:

漫画「ルサンチマン」

2010 年 12 月 10 日 コメントはありません

ルサンチマンという漫画をみた。

ルサンチマンという言葉の定義(Wikipeida)

ルサンチマン(仏: ressentiment)とは、主に強者に対して、弱い者の憤りや怨恨、憎悪、非難の感情をいう。デンマークの思想家セーレン・キェルケゴールにより確立された哲学上の概念である。この感情は自己欺瞞を含み、嫉妬や羨望に起源がある。フリードリヒ・ニーチェの『道徳の系譜』(1887年)でこの言葉が利用され、マックス・シェーラーの『道徳構造におけるルサンチマン』で再度とり上げられて、一般的に使われるようになった。

この漫画、デブ・ハゲ・メガネという三重苦で、歳も30を迎え中年になる、素人童貞である男が、ネットでの仮想世界で理想の女性を見つけるというところから話が始まる。

将来、コンピューターが発達してマトリックスで描かれた仮想社会になる可能性が高いと思っている。ルサンチマンでは現実の生活に夢が持てない人が、仮想社会に理想を求める。

イケメンでかっこよくありたい
美しい女性を自分のものにしたい。
お金持ちになりたい。
喧嘩が強く、他の人の頂点にたちたい

など、人間の欲望を仮想社会では簡単に実現できる。
(ときに、現実社会での課金が必要だというところは笑ってしまうのだけれど)

いままでにない話題で面白かった。
あー、俺もメガネで、、デブに最近なってきた(この冬)、ハゲになってきた。

結婚はしたけれど、単身で東京で仕事をしている。

おや待てよ、妻と家族は名古屋にいる。
いつもは電話で声を聞いているだけだ。

これってバーチャル(仮想)とそっくりじゃないか。
主人公の1人である月子さんと、妻のシチュエーションが似ていて、漫画を読んでいる間にあれっ、自分のことじゃないかと。

仮面をはいだら、どす黒いものが出てきて嫌われてしまうんではないかと、、、、

と思ったこともあったけれど、漫画だから残念ながら底は浅くて深い話の展開がなかった。ただこんな話はこれからたくさん出てくるだろうなぁ。

仮想社会では、物理的法則がなりたたないと思う。
だから顔・形の形状は意味をなさない。なんでも思いのまま。
音やにおい、味、触感の五感も違うものになる(そもそも臭覚、味覚は化学反応を基にしているので仮想社会との接点で持つのはたいへんなことだけれど)

たぶん、4次元、5次元、、、数学的には無限次元までの中に現実が存在しうる。

ただそんなものは、私たち普通の人間が感じようとしても意味をなさないかもしれないけれど、4次元空間に生きている生命体に対して射影的につかもうとすることはできるかもしれない。

そんなんだから、仮想社会でAIやALife(人工生命)が出現したとしても、現実世界や人間社会とは漫画のような関係性を持たない気がする。。。

カテゴリー: ネットの世界, 勝手な言い草, タグ:

宇多田ヒカルのUstreamのコンサートをありがとう

2010 年 12 月 8 日 コメントはありません

宇多田ヒカルのコンサートをみた。

午後7時になって、仕事場で、Ustreamにアクセスした。
しばらくすると宇多田ヒカルのコンサートが始まる。

すでに3万人の視聴者がいたので、落ちるかもしれないと思い、低帯域の方に切り替えた。それからは2時間ほど最後までコンサートを見ることができた。

音質はとてもよく音楽番組としては申し分ない。
映像も300Kbpsだったが、H.264かどうかわからないがとても綺麗だった。

あれっ?宇多田ヒカルって、こんなにきれいだったっけ?
アップでみる彼女は輝いていた。また素敵な歌声だった。

Twitterと並行しているライブ感があるためか、パソコンの前で観ているということが苦にならない。カメラもズームしたり、いろいろな角度から、テレビのようにいくつものカメラがセットされているんだろう。

音楽は苦手だけれど、2時間のコンサートに圧倒された。
きっと私の親の世代の美空ひばりなんだろうな。
圧倒的な歌唱力と魅せる力。それに引きこまれていく。

結局、仕事をしながらではあるけれど、2時間職場から離れずに見ていた。
最初は周囲で仕事をしている人がいるので、音量を低めにしていた。
人が帰ってからは、音量を大きく。。早めに帰ろうと思ったけれど、9時を過ぎるまでは帰れなかった。

才能のある女性に惹かれる。
見た目の美しさだけでなく、賢さ、パワー、、、

そういえば、彼女のお母さんである藤圭子にも小学生のときから聴いていた。母が好きだったので、ラジオで流れてくる彼女の曲がトラウマのように今でも頭に残る。

「15,16,17と、、、私の人生 暗かった」

藤圭子の写真を見ていると、うちの奥さんは似ているがそれもトラウマなのかな。

久しぶりに感動したコンサートだった。

それを無料で流してくれた、宇多田ヒカルさん、関係者の皆さまありがとう。
CDを買おうかな。そういえば、彼女のアルバムは売上すごかったんだよね。

カテゴリー: コンピューター, ネットの世界 タグ: