アーカイブ

2017 年 4 月 のアーカイブ

[本]最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

2017 年 4 月 25 日 コメントはありません

東京芸術大学って、受験倍率が20倍にもなるようなところだろ。
ものごころがつくようなときからバイオリンかピアノをやっていて、それでも入学するのは難しいところでしょ。
美術だったら、すごい天才しかいかないところだろうと思う。

そんな大学で学んでいる著者の奥さんが、ごく普通の作家の目から見た芸術大学とそこに通う学生を詳しく書いた案内本。
(著者はプロの作家なのでけっして普通ではないけれど、それでもわれわれに近いだろう)

東京芸大に入学してみたい人には赤本のように参考になるだろうし、アートの世界に触れてみたい人には学生ってどんな人なんだろうと興味が湧く。

まず、美術をやる人と音楽をやる人は、同じ芸術でも性格が全く違う。
簡単にいえば、静と動。

そしてそれぞれの学科でも全く違う。
音楽では、ピアノやバイオリンのメジャーのものは競争が激しく、他の楽器専攻もそれぞれ特徴がある。声楽はコミュニケーションが得意で女性を口説くのが上手だとか。
美術でも、油絵専攻と彫刻や彫金、染色などをする人では違うらしい。

でも、どれも天才的に極めているような人たちだ。
天才ならではな悩みもたくさんあるようだ。
芸大の卒業生は芸術の道でなかなか食べていくことは難しいそうだが、将来通して行きていけるようになればいいと思う。
旧ソ連や東欧のような社会主義だったら食べていくことは今よりもマシかもしれないのは皮肉なことだったかもしれない。

私自身はどちらかというと美術が好き。
お客さまを感動させるというのが音楽だけれども、何かないものを作り出すようなことが美術にあるから。

もし将来、AIが人間の仕事を取って代わったとしても、アートの世界だけは一番最後のような気がする。
だって、人間ならではのものだから、AIには無意味だろう。

カテゴリー: タグ: