ホーム > 勝手な言い草 > 女性の旅行記を2冊読んだ

女性の旅行記を2冊読んだ

近々、海外旅行行くことになったので、気持ちを海外に合わせなくては思い旅行記を読みました。
短期だし、ヘビーじゃないほうがいいと思い、女性のもの。

だけどこの2冊読んだけれど、ヘビーでした。

世界中で危ない目に遭ってきました

ブラを捨てて旅に出よう

こんな旅行するのは、男ばかりだと思ったのに、今は女性でもこういう旅行をするんだとびっくり。
勇ましいヨーロッパの女性に会いましたが、トラブルに合わないように2人で旅行したり、どんな仲かわかりませんが旅行中に知り合ってカップルになって旅行している人にも合いました。
本に出てくる写真を見ると、カワイイ感じの女性です。海外でいろいろな痴漢やレイプなどのトラブルもあるのではと思います。と思ったら、旅行記の中でそんなトラブルに遭っていました。

彼女たちがぶらりといろいろな国に行って、いろいろなものを見たり聞いたり、五感で味わいたいという気持ちが伝わってきます。日本とは違って、全てのものが刺激的で楽しいものです。本を呼んで伝わってきました。行ったことのない国も、行った気になりました。

でも、トラブルが未遂に終わってよかった。また殺されていなくてよかったと思います。
旅行している時に裸にされて、そのまま山や林の中へ転がされていたりすると、日本のように熱心に探すわけではないので身元不明で処理されるのではないかと思います。

宿や大使館などに、どれだけ「この人知りませんか?」という案内があることか。
現地の人ならば、身内も警察もそれなりに探しますが、ぶらりときた外国人は誰も詳しいことは知りませんので、外国人とも知らず身元不明となって処理されるのではと思います。

国によっては、行き倒れや乞食など身元不明も多いのですから。

カテゴリー: 勝手な言い草 タグ: