ホーム > フィリピン, 家族 > 妻の在留カード

妻の在留カード

妻の在留カード切り替えで、名古屋の入国管理局へ行ってきた。

2012年7月に法律が改正された。外国人は外国人登録から住民票に登録されることになって、私と子どもの住民票に妻の名前が載るようになった。
それ以外にいろいろあったが、うかつにもそれ以外のことは知らなかった。

      再入国ビザが必要なくなった(1年以内の再入国)
      外国人登録済証明書が、在留カードに切り替わる。これまで市町村役場の届け出が入国管理局に届けることになる。

在留カードはすぐに切り替えなくても良いが、2012年7月から2年間のうちに外国人登録済み証明書から切り替えなくてはいけない。
それを妻が友人から聞いて、慌てて今日妻と入国管理局へ行った。

名古屋の入国管理局は遠い。昔は名古屋の国立病院の近くにあったり、矢場町あたりにあったと思ったが、今は港区。
名古屋競馬場前駅の近くだ。我が家からは地下鉄の伝馬町駅でバスに乗り換えて行く。

写真は適当なものがなく、地下鉄の駅の証明写真機で撮影した。家で撮影して加工しようと思ったが、この手のものはなかなかうまくいかないのでやめておいた。後で知ったが、入国管理局内にあるコンビニに証明写真機があり、700円で撮影できたよ。

空いていたので、待ち時間は30分ぐらいですぐに発行。無料。
久しぶりにこの手の手続をやったが、面倒だなぁ。

来年は3月に妻のパスポートが切れるので、また大阪へ行って、入管へ行くのか。。。気が重い。

カテゴリー: フィリピン, 家族 タグ: