ホーム > コンピューター, 勝手な言い草 > iPod shuffle(第二世代)のバッテリー交換

iPod shuffle(第二世代)のバッテリー交換

娘が3年ぐらい前に買ったiPod shuffleが動かなくなりました。

どうやらバッテリーはリチウムイオン電池ですが、その寿命みたいです。

Appleに修理を頼むと、新品と交換の様子で5800円だそうです。
http://www.apple.com/support/ipod/service/prices/#japan
なんと、新品の2GBを買ったほうが安い(4200円)ではないですか!

ダメ元で、バッテリーの交換を試みました。
やり方は、iFixitのページです。
http://www.ifixit.com/Guide/Installing-iPod-Shuffle-2nd-Generation-Battery-Replacement/3656/1


ここには、以前iPhone 3Gの電池交換でもお世話になりました。

バッテリーは、eBayで買うと時間はかかりますが、400円ぐらいでした。送料込み!
ただ1ヶ月くらいかけて船に乗ってくるのですけれど。

小さなiPod shuffleをiFixitのページを見ながら、分解していきます。
小さな工具さえあればなんとかなります。

そして、電池をニッパーで慎重に電線を切ります。
そして電池の端子を、半田でつけます。

これがなかなかくっつかない。昔買ったいつもは20wだが、瞬間的に100wになるハンダゴテでトライしました。iPhone 3Gのときはネジ留めだったのに、shuffleは半田で止めなくてはいけません。

おまけに、電線をショートすると最悪爆発するそうです。
慎重にやるとなんとか焦がしながらくっつきました。

そっと、ケースに戻しましたが、ケーブルのところがひっかかっていました。
力を入れたら、スイッチが折れてしまいました。

そのため、このiPod shuffleは、シャッフルができなくなりましたwwwww

なんとか慎重ながらも強く押し込んだら、なんとかなりました。

それから2週間、今でも動いています。

もう次はないから2~3年ぐらい娘に使ってもらえれば本望です。

iPod Shuffleならぬ、 iPod Repeat となりました。

カテゴリー: コンピューター, 勝手な言い草 タグ: