アーカイブ

2011 年 11 月 のアーカイブ

「子どもを信じること」という本 とカーンアカデミー

2011 年 11 月 30 日 コメントはありません


子どもを信じること

  • 田中茂樹
  • 大隅書店
  • 2940円

Amazonで購入
書評

世の中ではお受験がブームである。
芸能人も少し余裕のある家庭もそして普通の家庭も、子どもの将来を思って少しでもいい学校に行かせたいと思う。
有名な私立の幼稚園、小学校、中高一貫校の伝統校などを目指して、生まれて歩き始めた頃から塾があったりする。
また小さい頃から、いろいろ習い事をさせる親がいる。子どもにいろいろなチャンスを与えたい。
だけど子どもが純粋に楽しんで遊ぶということを欠いてしまって、習い事で疲れはてていて、大丈夫なのだろうか。

一方で、大阪市長になった橋下さんなどは子どもを普通の公立学校で多少荒れていたとしてもそこの中で生き抜いていく野草のように育てなくてはいけないという。

子どもを育てる親はみんな初心者なので、どちらの言い分ももっともなので迷ってしまうというのが、普通の親ではないだろうか。

著者はどちらかというと橋下さんの意見に近い。
子どもは自ら良くなる方向に進んでいく。失敗しながら障害を乗り越えていく。自分で少しずつ生きるための力をつけていくのだ。
親が危険を回避するようなことをすると、子どもが自分で危険を回避する機会を失いかえって将来に不安を残すだろう。
子どもは暖かく見守り、言いたくてもじっと我慢するのが一番良いそうだ。

とはいっても、子どもに発達障害があったり、ぜんぜん勉強する気がなく将来が不安だという親が多い。
それに対しても、「大丈夫。子どもは自分で良い方向にはどうやるか考えるから。子どもを信じて暖かく見守ることが大事だよ。それよりも家庭という逃げ場や暖かい場所があれば、元気を得て外の世界に立ち向かう力を養うことができるよ」とおっしゃってくれる。

この言葉を聞くだけで、救われた気持ちになった。

実際に私の息子は「広汎性発達障害」という特徴を持っており、幼稚園、小学校と問題児だった。
授業と放課休みの区別がなかなかつかず、友達の気持ちを汲み取ることが難しく、トラブルを生んでいたし、リタリン・ファンダシールという薬も服用し、児童用の精神科に通っていた。
小学校の上級生になるに従ってだんだんと症状が安定してきた。中学校に入って薬もやめることができた。
少しは安心したと思ったけれど、中学校になってはっきりわかる成績の方は下降線を辿っている。

どんなに励ましても、なだめすかしても、時には怒っても、何も変わらない。
今でも、テストは適当に受けるだけ。ヤル気があるのかないのかよくわからない。
このままでは将来が不安で、どうすればいいか不安に思うし解決策も見えない。

でも本を読むとわかる。
その不安というのは親の不安であって、子どもの不安じゃないんだね。
子どもが将来どうなるかどの道へ進むかを親が考えるのは実は親のエゴなんだ。
どんな道にしろ、子ども自身が考えて子どもが一歩ずつ自分のペースで人生を歩んでいったほうがいい。

この本ではたくさんの事例が載っている。いろいろな場面での具体例は身近な例として参考になる。
それだけの例があるのならば著者の言うことは間違っていないとさらに安心できた。ありがとうございました。

ところで、カーンアカデミーというサイト(http://www.khanacademy.org/)をご存知ですか?
サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」
http://www.ted.com/talks/lang/jpn/salman_khan_let_s_use_video_to_reinvent_education.html

英語サイトですが、ファンドマネージャーのカーンさんが親戚の子どもを教えるために、自分が教えるところをビデオにとってそれをYouTubeに載せたところから始まったサイトです。教え方が良くて評判を呼び、学校で教える教科ほとんどがビデオになりました。

子どもは自分で学ぼうという気持ちがあり、それは人によって進み方が違います。
ときどき早くなったり遅くなったり、興味のもつところも違います。
ある学校では、家庭でカーンアカデミーのビデオを見て自習し、学校で先生が質問に答えるという逆転現象も起きているとか。

貧しくて学校に行けなくても、大人になるまで学校に行くチャンスがなくても、いつでも学ぶことができる。

人はいつでも学びたい、向上したいという気持ちがあるのですね。
2

カテゴリー: ネットの世界, タグ:

共感覚

2011 年 11 月 29 日 コメントはありません

ダニエル・タメット:異なる認識の仕方
http://www.ted.com/talks/lang/ja/daniel_tammet_different_ways_of_knowing.html

に触発されて書いてみました。

TEDを毎日興奮しながら見ているので、頭が疲れる日々を過ごしています。
考え続けることが楽しいことを久しく忘れていました。
なんて幸せなんでしょう!

頭の良い人は目を見るとわかります。
眼球はあまり動かず、鋭くいつもその本質を探ろうとしています。
目の前を見ているようで、実はその奥を見ています。

かつてニュートンが尊敬を受けたとき、「私は巨人の肩に乗っていたにすぎない」と言いました。
なんて謙遜した言い方だろうと思いましたが、18世紀当時は「巨人の肩」というのは流行りのセンテンスであったそうでライプニッツもそんなことを言ったそうです。

なんでみんなそんなたゆまず研究を続けるのだろうかと思いましたが、「巨人の肩」に乗って少しだけ遠くを先に見てみたいというからかもしれません。私も全然頭がいいわけでもいい大学を出たわけでも実績があるわけでもありませんが、「巨人の肩」に乗ってちょっとだけ真実や面白いことを垣間見ることができたらいいだろうなと思います。

サヴァン症候群のダニエル・タメットは、普通の人と違う世界が見えるようです。
世界の景色が数字に見えるそうです(共感覚)。数字を見ると色や形が見えるそうです。
言葉が記号であるとすると、それには色や感情が存在する。世界には美しい数字が並んでいるようにみえるそうです。
その結果、超人的に言語を素早く学び計算が素早くできるそうです。

世界のナベアツだって、3の倍数と3の付く数字だけアホになるのだから、あれも共感覚かも(冗談、演技だよね)。
それだったら、素数を1000ぐらいから順番に言って、素数の時だけアホになったら本物かも。(検証しにくい)
1000, 1001アァー、1002, 1003アァー, 1004, 1005, 1006, 1007アァー, 1008, 1009アァー、って

冗談はさておいて、ダニエル・タメットにはどんな世界が見えるんでしょうね。
ほら、あの椅子は素数だ。このテーブルの模様は円周率に似ている。遠くに見える山の峰は、142359203233だとか。
17進数の数字と23進数の数字でひっくり返すと、同じ数字になる、なーんだ!とか?

色は三原色というけれど、彼には8種類の色があり8次元の世界が色で表現されているとか。
虚数ではなくて、四元数を実感できるとか。。
想像するだけでおしっこがチビリそうなほど興奮してしまいました。

私には共感覚どころか、音や色などは見えてもほとんど興味がないので、羨ましい限りです。
それこそ、巨人の肩に乗った人なんでしょうね。

そもそも色は光の周波数の一部分です。
その光の特定の周波数を、人が勝手に赤・緑・青の色に当てはめているだけです。
人間ではない動物が見る色は、また違った色でしょう。

その周波数で色彩を勝手に作って享受しているのですから。周波数がずれていたら、さてどんなんでしょうか。
話を狭くせずに、イルカや鯨は人間並みの知能を持っていると言われていますが、彼らは超音波を使ってモノを見ます。果たして、どんな世界が見えるのでしょうね。

カテゴリー: 勝手な言い草 タグ:

iPod shuffle(第二世代)のバッテリー交換

2011 年 11 月 28 日 コメントはありません

娘が3年ぐらい前に買ったiPod shuffleが動かなくなりました。

どうやらバッテリーはリチウムイオン電池ですが、その寿命みたいです。

Appleに修理を頼むと、新品と交換の様子で5800円だそうです。
http://www.apple.com/support/ipod/service/prices/#japan
なんと、新品の2GBを買ったほうが安い(4200円)ではないですか!

ダメ元で、バッテリーの交換を試みました。
やり方は、iFixitのページです。
http://www.ifixit.com/Guide/Installing-iPod-Shuffle-2nd-Generation-Battery-Replacement/3656/1


ここには、以前iPhone 3Gの電池交換でもお世話になりました。

バッテリーは、eBayで買うと時間はかかりますが、400円ぐらいでした。送料込み!
ただ1ヶ月くらいかけて船に乗ってくるのですけれど。

小さなiPod shuffleをiFixitのページを見ながら、分解していきます。
小さな工具さえあればなんとかなります。

そして、電池をニッパーで慎重に電線を切ります。
そして電池の端子を、半田でつけます。

これがなかなかくっつかない。昔買ったいつもは20wだが、瞬間的に100wになるハンダゴテでトライしました。iPhone 3Gのときはネジ留めだったのに、shuffleは半田で止めなくてはいけません。

おまけに、電線をショートすると最悪爆発するそうです。
慎重にやるとなんとか焦がしながらくっつきました。

そっと、ケースに戻しましたが、ケーブルのところがひっかかっていました。
力を入れたら、スイッチが折れてしまいました。

そのため、このiPod shuffleは、シャッフルができなくなりましたwwwww

なんとか慎重ながらも強く押し込んだら、なんとかなりました。

それから2週間、今でも動いています。

もう次はないから2~3年ぐらい娘に使ってもらえれば本望です。

iPod Shuffleならぬ、 iPod Repeat となりました。

カテゴリー: コンピューター, 勝手な言い草 タグ: