アーカイブ

2011 年 10 月 のアーカイブ

週末の娘と息子の語らい

2011 年 10 月 31 日 コメントはありません

写真 Facebookに載せています。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=2426495916256&set=a.1988630849903.111479.1667292145&type=1&theater

週末に、名古屋に帰って息子と話す時間が持てました。
土曜日の昼過ぎに、息子が家でテレビを見ていた。娘もたまたまいたので、一緒に自転車に乗って散歩に出かけます。
途中コンビニに寄って飲み物と洋菓子とチーズを買い、山崎川の川べりに座って、娘と息子と話をしました。

お金をかけてどこかに出かけるわけでもなく、喫茶店やレストランに入るような形式ばるのではなく、ぶらぶらと言って家族と話をするのが何ものにも替え難い幸せな時間だと思います。娘の剣道の部活のことや息子の勉強のことなどに耳を傾けました。

息子は中学校に入ったものの、勉強に身が入らず心配していました。
これまでいろいろ話してきたところ、「やらなくちゃいけないことはわかっているけれど、ヤル気にならない」そうです。
私は学者になるという目標があったのでどんどんやりましたし、数学とか理科は好きで勝手に本を読んで先にすすめていたぐらいでした。妻や娘も「やらなくっちゃ」と思っていたので、「ヤル気にならない」といって何もやらない息子の気持ちはよくわかりません。

あまりにも息子は勉強をしないので、先日は妻が息子のノートパソコンを壊してしまいました。いろいろな伏線があって、パソコンを叩き壊すということを妻がしたみたいですが、ちょっとやりすぎたかなと思います。息子の逃げ場がなくなったのは辛いかなと思っていました。

親だとつい「ああしろ、こうしろ」と上から目線の命令口調になってしまいます。
多少の人生経験があるので自分の反省も含めて、「勉強しないといい学校へ行っていい将来はないぞ!」というような脅すような口調になってしまいます。子どもはわかっているけれど、「じゃあ勉強するにはどうしたらいいの?面倒でヤル気が起きない。」ということになってしまい、行動が伴うことはないようです。

これからの世の中もただ勉強すればいいという時代でもないですし、息子には息子のやり方があり最終的にどんな人生を送るのかは息子が決めることです。親としては、大人になるまでの可能な限りの経済的援助と応援ぐらいしか、結局はできません。「ああしろこうしろ」と言ってもそれが本当に正しいかどうかもわからず、息子もそれをどう捉えるかもわかりません。

まず真摯に耳を傾ける。本人がヘルプを求めているのならば、それに応える。それが基本的なことで全てなのかもしれないと思いました。
あとは、息子を裏切らない(好き勝手なことをしたり離婚したりしない)ように、私は私の人生を歩んでできることならば手本を示すこと(そんな大それたことはできませんが)がせいぜいなのかもしれません。

時間がかかるけれど、息子が目覚めるまで待つしかない。そんな気がしました。
仕事の場面でも同じようなことを思いますが、他人を変えることはできません。他人はその人が自分で変わろうとしない限り変わりません。仮に変わるとしたら一時の洗脳です。洗脳が覚めると本人は自分の人生が送れなかったことに後悔するのではないでしょうか。

子どもが小さい時は「かわいい子どもと遊ぶ」という感じでしたが、でも中学校や高校になると仲間みたいなものです。
若い同僚と話すような雰囲気です。まだ幼いところはあるけれど、人格を持った仲間。しかも血のつながりがある身近な仲間です。
そんな仲間が1人、2人と増えたことが、ただ嬉しく思います。

カテゴリー: 家族 タグ:

[本] キュレーションの時代

2011 年 10 月 30 日 コメントはありません

マスコミや広告代理店の影響力が低下すると、人はいったい誰に影響を得るのだろうか?
広告戦略が効かなくなると、どうやって人々に広告宣伝をすればいいのだろうか?

本当に必要なのは、知りたい人欲しい人に適切に届けること、それをどうやって実現するのだろうか?
そんなことを知りたくてこの本を読んだ。

キューレーションとは、美術館や博物館にある美術品などを集めたり、展示会をする学芸員(キューレーター)のすることを言う。

ひるがえって、WebやFacebook, Twitterなどの媒体で優れた音楽や作品、アイディアなどを紹介して説明することを言う。つまりキューレーションをする人に注目をすればいいということだ。特定の分野で、創作活動をしている人はいるが発信することはうまくない。それをコンテクスト(文脈)を提供する。

優れた音楽や作品、創造性を発揮するものはある。ただそれをうまく紹介する人がいなくては広がらない。専門分野に明るくなければ、それにさほど関心のナイ人には伝わらない。そんな仲介をする人がキュレーターでその信じるに足る人を媒介にして、広がっていく。

これからは、インターネットの情報の洪水の中で、キュレーションという島がたくさんできる。その島を通じて情報が伝わっていくという話は説得力があると思った。

その島は一定ではなく、ときに島と島がつながったり、大陸になることもある。また沈没したり、他の島の方が影響力が強くなることもある、そんな未来になるかもしれない。

カテゴリー: タグ:

[本]アフリカ 苦悩する大陸

2011 年 10 月 17 日 コメントはありません

アフリカはエジプトとモロッコだけ行ったことがあります。
アフリカの上辺のアラビア圏だけですね。エジプトのアスワンまで南に下がってくると砂漠に覆われて、人々の肌も黒くなってきます。
さらに南のスーダンに行こうとすると、交通の便が悪いし、内乱真っ最中で命の危険もありました。

アフリカへ行くのは、飛行機でピンポイントに行くしかなさそうです。それとも勇気を奮って、サハラ(砂漠)を縦断して、カメルーンやコンゴを突き抜けるか。

ところが発展しつつあるアジアと違って、アフリカは独立後50年経ってもあまり変わっていないようです。
この本では雑誌エコノミストの著者がアフリカの現実を淡々と教えてくれます。翻訳も読みやすく、すっと頭に入って来ました。

なぜアジアに比べて、アフリカが発展できないかを教えてくれます。

・国の権力者は、国の発展よりも自分たちの親族、部族、見方になってくれたもののためにお金を使う
・汚職や官僚的な手続きが発展を阻害する
・予算は適当でお金を使う
・冷戦構造のときは、アメリカかソ連につくことで補助金をぶんどってきたけれど、私用につかっていた
・国を良くするといって、国連やNGOなどから補助金をぶんどってきたけれど、私用に使っていた

ただアフリカはもともと部族的な社会で、民主主義もないところだった。そこに国家として60年代に植民地化から抜けていきなり独立しても、どのように独立していいか模範的な国がなかったためであったのではなかろうかと思う。

独立運動をしてきた人たちが国のリーダーになっても、平和な国を運営していくことは難しく、結局冷戦構造の中で反対派を締め上げることしかできないというのが現実。理想は消えて、アフリカ人が他のアフリカ人の王となって専制的な国を築くしかできなかった。
これは、アメリカで暴力的に黒人の自由を獲得することに命を注いでいたマルコムXが、独立したばかりのアフリカの国を訪れて「白人がいなくなっても代わりの黒人が同じ事をしていて、そこに自由はない」と嘆いたことと同じ。つまるところ、民意の低さと文盲率の低さが原因にあるように思う。

アフリカで抱えている問題は、アジアは発展途中ではあるけれど、ミャンマーやベトナム、フィリピン、インドネシア、、、など汚職があって遅れている国と程度の問題はあれ同じである。それでもアジアでは日本が一足速く先進国になり、それが韓国や台湾、香港、シンガポールなどを引っ張ってきて、その後も中国、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシアなどを引っ張っているから周りの国が引っ張ることができれば、徐々に変わってくるのではないだろうか。

南アフリカは、犯罪率が高かったり問題は抱えているけれど、高い技術と資源でアフリカで一番進んだ国だ。隣のジンバブエやザンビアも徐々に変わってくるのではないだろうか。中東もインターネットのおかげで徐々にだが民主的になりつつあるようだしね。

昔、アフリカは絶望を感じたけれど、この本を読んで少しだけど未来が見えた気がする。
なにしろ、アフリカの人は陽気でリズミカルで、ミスユニバーサルで選ばれたような美しい人も多いから。

インドと南米と、そしてアフリカも行ってみたい〜。

カテゴリー: 勝手な言い草 タグ: