アーカイブ

2010 年 12 月 のアーカイブ

スピードと能力とそしてやる気

2010 年 12 月 28 日 コメントはありません

How to Make (Almost) Anything (ほぼ何でもつくる方法) 2010年度 体験記

http://fab.sfc.keio.ac.jp/howto2010/

いやあ、こんな授業についていくのは大変だけれど、刺激はでっかいだろうな。
なんたって、毎週新しいことを身に着けていって、最後は創造的な結果を出していかねばならないのだから。


よくわからないけれど、すばらしい。

ところで、いきなり初回発表が「最終課題の案を発表する」というのはチャレンジングな授業構成だ。これはつまり、 「何を作るか」をじっくり考えるようなアイディア出しの時間はこの授業では取らないという意味であり、この点でIDEO流の「デザイン思考」系の授業とは 全く異なるコンセプトであることが分かる。「How To」なのだから、「どう作るか」を軸に据えているのだ。そして、「何をつくるか」は、ツールや素材から発想(逆算)して考える。フィールドワークやマー ケティングからではない。これには様々な議論や異論もあるだろうが、デザインエンジニア教育には僕はこれが必要だと思う。

なぜか。よくある(日本の)学生の失敗は、「何を作るか」をじっくり考えてアイディアが出来上がっても、いざそれをプロトタイプとして具体化する段になってその実装スキルが無く、仕方なく必要に応じてそのスキルを学んでいるうちに、どんどん時間が経過し、そうしているうちに最初のアイディアの新鮮さが 本人の中で失われてしまう、というケースだからだ。僕はSFCでそういったケースを山ほど見てきた。プロトタイピングの強固なスキルがあれば、アイ ディアが出れば1週間くらいでファーストプロトタイプをつくってこれるようになる。そうすれば、アイディアが新鮮なうちに、その期待感とともに「もの」に外化できる。そうなればプロジェクトは走り出す。

いつもお客さんのニーズから考えてきたけれど、、、、モノから何ができるかという発想は面白い!

概念やアイディアをつくるのと同じくらいのスピードで、「もの」をつくれないといけない。

おぉ。

でもこれと近いことは、昨日の書評の植松電機や 樹研工業で行われているのではないのかな。。
おぉ、 User Demandより、Product Oriented やProduct Demand 素材が望んでいる進化 という考えもおもしろい。

未踏のようなことをすごいスピードでやっていくのはすごいなぁ。
これはオリジナルだから一種未踏のようなものじゃん。勝手にやるんじゃなくて、これに参加するのが未踏でいいじゃんと思ってしまう。

カテゴリー: コンピューター タグ:

Twitter Updates for 2010-12-28

2010 年 12 月 28 日 コメントはありません
  • ARMチップのTEGRAを見るたびに、TENGAを空目してしまう。溜たまっているのかな。。。 #
  • 亀田興毅にぜひ、フィリピンのパッキャオと戦ってほしい。http://me.lt/1gkb #
  • ヒュー・ヘフナー氏、60歳年下の女性と婚約
    http://bit.ly/fPZIaD
    おーすっげえ美人。おさかんじゃのー。 #

Powered by Twitter Tools

カテゴリー: 未分類 タグ:

[本]植松電機1「夢に向かって」植松努物語

2010 年 12 月 28 日 コメントはありません


植松電機 1 「夢に向かって」植松努物語

  • 田原実
  • インフィニティ
  • 1260円

Amazonで購入
書評

閉塞感が漂う今の時代。
「将来は何になりたい?」と子どもに質問すると、「公務員」という答えの時代。
そりゃ何をやってもうまくいきっこないから、無難な道を進みたいだろう。

人生は一度だけ、それで後悔がないのだろうか?
あなたの心の声はなんて言っているのだろうか?

本の主人公の植松努さんは、私とほぼ同じ歳である。
彼は人とちょっと違っていたけれど、自分の好きな道を進んできた。
飛行機やロケットを作りたいという気持ちを持っていたけれど、君の学力では無理だと言われてきた。

私もアポロの月着陸は小さい頃になんとなく記憶にあるし、飛行機をつくったり、プラモデルも作ってきた。
夢を追ってずっときたつもりだったけれども、日々の生活に揉まれて夢がなんだったか忘れることもしばしば。

彼はいう。
「夢を思い続けることができれば、それは現実になる」
もしうまくいかないというのだったら、
「だったら、こうしてみたら?これがだめなら別の方法で試してみたら?」
「一人でできなかったら、二人でやればいい。それでもだめなら三人で。」
と直球ではなく、いろいろな道を探ってみればいい。

夢をかなうのはそんなに簡単なことではない。簡単にかなうのだったら、夢であるはずがない。
いつか叶うのを期待して、一歩ずつ、あきらめず。

そんなことを私は子どもに言いたい。
そして自分自身にも言いたい。

ありがとう、夢をもう一度。

なんかもう一度夢に向かって、生きてみたくなったな。

あっ、ロケットも飛ばしてみたいです。

カテゴリー: タグ: