アーカイブ

2010 年 1 月 のアーカイブ

パソコンとポットの修理

2010 年 1 月 30 日 コメントはありません

土曜日に仕事はオフでも、家にある家電製品の修理が待っていました。

まずはパソコン。
8年ぐらい前に買ったパソコンで、今はもう誰も使っていないのですが、ファイルサーバーとプリンターサーバー代わりになっていました。昨年末に安いプリンターを5000円で買ったのですが、スキャナーとしても使えるので娘は喜んでいます。

そのサーバーはWindows 2000 Professionalで動いているのだが、起動する途中で止まってしまい勝手に再起動する。復旧などいろいろ試したが、結局はフォーマットしなおして再インストールすることになった。

再インストールで無事に使えるようになったけれど、試す時間とサービスパックなどを当てる時間で、半日以上かかった。

次は、お湯を沸かせるポット。
ポンプが変な音を出して、お湯がうまく出てこない。
分解修理することになった。分解してみたら、ポンプの羽根車の芯が折れていた。
接着剤でもなかなかつかない。時間をかけてなんとかつけたが、力の入るところだからまた折れるかもしれない。
この部分の部品があれば交換すれば治るけれども、いまどき5000円ぐらいで買った商品の部品は手に入らないかな。

次に掃除機の先端のブラシが回転する部分の修理。
髪の毛が詰まっていて、回らなくなってしまった。こちらは髪の毛を取ったんだけれど、回らない。どうもモーターが焼ききれてしまったようです。妻が気づいて掃除機の中を分解掃除してくれればこんなことにはならなかったのに。すでに遅い。

年々、モノの単価が安くなっていくので、修理しても採算に合わない。

でも、修理してみると、どんなふうに設計しているかというアイディアを再発見できるという楽しみがある。お金をかけず、部品を増やさないように、効率よくやっているという仕組みをしることができる。

それに修理が究極のエコロジー。

家電修理というのも趣味に入れようかな。

カテゴリー: コンピューター, 家族 タグ:

iPhoneとiPadでマルチタスクとFalshが使えない理由?

2010 年 1 月 29 日 コメントはありません

マルチタスクはJailBreakすればすぐに可能である。
JailBreakしていなくても、電話機能とSafariは他のアプリケーションと同時にメモリーに常駐して動いている。
だからAppleの技術力をもってすればマルチタスクはすぐに可能だ。
それをしないという選択は、メモリーが少ないからだろうか?
どうやらスワップ領域もとっていないようなので、メモリーが一杯になったらアプリケーションを起動できない。またアプリケーション起動中に文書が保存できなくなるなどの致命的なトラブルを避けようとしているのかもしれない。

Flashも下手なプログラマーが作ればメモリーが大食らいでCPUも大きく使ってしまう。SafariなどのブラウザでFlashを表示することは可能であるが、そういったリソース的な問題があったり、アプリケーションの中で別のアプリケーションを起動させることはセキュリティホールを発生しやすいと考えているからだろうか?

おそらくiPadのメモリーは1GByteぐらいあり、CPUもマルチコアだと予想されるので、リソース的なものは大丈夫な気がする。

たぶん技術的なというよりも、Appleはあえてそうしているのかもしれない。

私は次のOSは発表でFlash, マルチタスクは採用してくるのではないかと思っている。

Adobeの技術力があれば、WebKitとFlashPlayerを一緒にした、iPhone, iPod用ブラウザを作ってiTunes Storeで無償公開すればいいのに。それともiPhoneアプリ開発の規約でできないのだろうか?

カテゴリー: iPhone, コンピューター タグ:

iPadはStar TrekのPad、それともDynabookを目指すのか?

2010 年 1 月 28 日 コメントはありません

(http://www.seanpercival.com/blog/2008/05/19/my-2nd-generation-iphone-wish-list-whats-yours/より画像を拝借)

Appleから2年前から噂にあった、iPhoneやiPod touchを大きくしたiPadが出た。

値段も5万円ぐらいからと安く、重さも700g。画面もそこそこ大きい。
Windowsは走らないなんて関係ない。

欲しいよぉ。

もともとソニーやパナソニックは日本で6年くらい前からリブリエやシグマブックとして出荷していた。
その頃からPDFをみるための本として欲しかった。時代よりも早すぎたのか、流通形態が悪かったのか(本物の本と同じ値段で、流通量が少ない)、いまは発売されていない。

もともとは、スタートレックに出てくた電子パッド。
登場人物が5枚くらいの電子パッドを見ながら、いろいろな計画を立てている。しかも電子パッドのデータを巨大スクリーンに出したり、テレビ会議をしたり、船のコントロールもできた。
小さいときにあれを見て、いつそんな時代になるのかなとわくわくした。

iPadは、iPhone 3GSよりも性能が良くて画面も大きい。電池も10時間持つ(電子書籍としては1週間ぐらい持って欲しい気がする)。 Kindleのように電子ペーパーを使って長時間持つといいのだが、それはiPadとKindleを使い分けるのかなぁ。

問題はキーボードなどを使ってデータ入力するときであるが、Bluetoothのキーボードでできるようになっているキーボードは拡張端子につなげるタイプだろうか?。ただiPhoneのソフトウェアのキーボードでもある程度いけるから心配していない。

スタートレックのように音声で入力できたら問題ないのになぁ。

ただ残念ながらFlashがつかえないのだが、AppleはFlashが嫌いなのだろうか?

カテゴリー: コンピューター タグ: