ホーム > 家族 > 息子のためのはしご

息子のためのはしご

忘年会シーズンですが、酒もタバコもなしで家族とともに生きている私は辞退しています。ちょっと寂しい気がしますが。

とはいえ、この3日間は息子のためのはしごでした。

月曜日は、息子が通級している学校への懇談会。
毎週月曜日に1時間だけ、発達障害の社会教育のため隣の小学校へ妻が連れて行っています。その先生とのいろいろなお話。

火曜日は、ほぼ毎月行っている(薬を止めてからは2ヶ月に1回ですが)、名大病院へ息子の診察。

水曜日は、息子の学校の保護者懇談会。特別に両親揃って先生と教科主任の先制が同席しました。

学校では、好きな教科は黙黙と取り組むけれど苦手な教科は飽きてしまって自分勝手な行動を取るようだ。他に好きなことをしたり、
友達に声をかけたりして、授業妨害してしまうそうである。
4年生のときの担任は「子どもですからしょうがないですよ」とおっしゃってくださっているので、相性もあるのかなと思ってみたりする。
でも悪いことは悪いので、「本人は悪気があってやっているわけではない」ということと「どうすればいいか一緒に考えましょう」、「危険なことは注意しましょう」という妥協案に終わった。
学校の苦情を聞いたことと、親としての悩みを学校に伝えたことの現状認識が交換できたことは、些少であるが今回の成果かもしれない。

3日間のはしごで、私も妻もストレスが溜まってぐったりした。

#やっぱりネットブックが故障しているようで、一回復帰したけれど、その後はダメでした。修理に出すことにしました。
#そのため更新が遅れました。iPhoneで更新すると、こんな長文はかけないなぁ。

カテゴリー: 家族 タグ: