ホーム > コンピューター > Ubuntu 9.10アップグレード時のFlash問題解決

Ubuntu 9.10アップグレード時のFlash問題解決

Ubuntu 9.04 から9.10にアップグレードしたときに、adobe-flashpluginをアップグレードできないし、削除もできない、強制削除(dpkg -r –force-all)もできないという状態に陥ったことは昨日のブログで書いた。

いろいろ探していたら解決法が見つかった。

1. Comment out everything in /var/lib/dpkg/info/adobe-flashplugin.prerm
2. Remove flashplugin: sudo dpkg -r –force-all adobe-flashplugin
3. Install flashplugin with your preferred method normally.

  1. /var/lib/dpkg/info/adobe-flashplugin.prerm ファイルを修正する。2行ぐらい残して、残りの行を削除してもいい
  2. sudo dpkg -r –force-all adobe-flashplugin で強制削除
  3. flashを再インストール。Synaptic インストーラーから、以下の3つをインストールする
    • flashplugin-installer
    • flashplugin-nonfree
    • flashplugin-nonfree-extrasound
  4. あとは、apt-get update, apt-get upgrade で最新の環境にアップグレード
ありがとう、Tharnaさん。
サスペンドがうまく行かない問題は解決できていないので、いつも終了時はシャットダウンしている。といっても、シャットダウンは10秒ぐらいだし、起動も2分あればネットにアクセスできる状態なので、Winodowよりも使いやすい。
Flashが見えないので、Windows XPを数日ぶりにブートしてみたけれど、起動時にバックグラウンドでいろいろ動いているので4~5分は何もできないねぇ。
Ubuntu の方がいいです。Mac OS XでできることはiPhoneソフトの開発ぐらいだし、まあUbuntuでいいか。
Screenshot
カテゴリー: コンピューター タグ: