アーカイブ

2009 年 10 月 18 日 のアーカイブ

浜松モザイカルチャー世界博2009へ行ってきました

2009 年 10 月 18 日 コメントはありません

妻が行きたい、娘と息子が行きたい、、というので、行ってきました。
あまり行きたくなかったんですがね。父親業・夫業です。

朝早く行くつもりがみんな寝坊をして、9時すぎに家を出ました。
名古屋インターから東名高速に入って、約100kmで浜松西インターにつきます。本当は2000円を越えますがETCのおかげで1000円ですみました。

そこから30分ぐらい南へ行って有料(博期間中は無料)の橋を渡り博覧会のための駐車場につきます。駐車場までが1kmほどの渋滞でしたが10分かからず駐車場に入れました。駐車場代1000円。そこから無料のシャトルバスに乗って10分。

ほどよい感じで混んでいました。

入場料は、当日券でペア入場券というのを買って大人2人で3400円、小中学生はペアで1100円。

たまたま、12時から1時までフィリピンデーというのをやっており、子どもは嫌がるのですが行きました。フィリピン大使もいらしゃっており、東京外語大学のフィリピン語科の学生が司会や出演もしていました。

siazon

いつもながら、前半の挨拶が長い。現地のフィリピン人たちの歌のメドレーが良かったです。たぶん元ジャパユキさんだと思いますが、ありゃプロですわ。日本人のプロ歌手に負けていませんでしたぜ。隣で奥さんは懐かしいタガログ語の歌を聞いて喜んでいたと思います。

ところで、モザイって、モザイカルチャーって何?

farmer

モザイカルチャーとは絵画や彫刻などの芸術と草本植物の葉や花の魅力を生かす造園や園芸の環境創造技術が融合した全く新しい文化創造のジャンルです。
あらかじめ構築された金属フレームの像の表層部に多種、多彩、多様な生きた草本をデザイン通りに植え込んで作る人、動物、風景などの像及び群像と二次元の緑花床で景観を創造する「緑花像景アート」と定義します。

詳しくは、
http://mih2009.com/modules/outline/index.html

造園の一分野だと思うけれど、、何がいいかよくわかりません。
頑張って作っているんだと思うけれど。

mtfuji

もともと植物園(西洋的にはBotanical Garden、庭)のようなところだから、ぶらぶら散策して、ついでに無料で入れる動物園まで行ってきました。
名古屋の東山動物園に比べると小さいですが、東山にはいない動物がいたり、また違った趣きもあっていいです。

温室が大きくて品が良くてよかったです。
そして日没後のライトアップがなかなかGood。夜開催しているというのはいいですね。
music
tunnel

帰りに透明で、音羽蒲郡から豊田までが14kmの渋滞で、40分以上巻き込まれました。事故ではなく自然渋滞みたいです。休みの日の帰宅時間は気をつけなくっちゃ。

カテゴリー: 家族 タグ: