ホーム > iPhone > iPhone 3G OS 3.0をJailBreak

iPhone 3G OS 3.0をJailBreak

iPhone 3GのOS3.0をJailBreakする方法は、このページなどに丁寧に書かれているので、それを参照してください。

http://d.hatena.ne.jp/Patote/20090621/1245546662

Windowsの環境では、redsn0wをつかう。

ただバージョンは、0.7.2よりも0.7.1にした方がいいかもしれない。もし0.7.2でJailBreakする場合Cydiaだけにチェックを入れてIcyを選ばないこと。

IcyがCydia用のライブラリの関連付けを壊してしまって、CydiaもIcyもソフトをインストールできなくなる(一部は可能)からだ。


途中、iPhone自体が反応しなくなったときは、電源ボタンとホームボタンを同時に押して10秒間待つこと。電源が切れる。

工場出荷状態に戻すためには、DFUモードで接続すること。

iTunes 8.2を起動した状態で、iPhoneをUSBケーブルでつなぐ。

(1) まず電源ボタンを5秒ほど押す。次に、(2) 電源ボタンを離さずに、ホームボタンを10秒以上押す。そして(3)ホームボタンを離さずに、電源ボタンを離し、30秒ぐらい待つとDFUモードとして接続される。

iTunesでOSをダウンロードして、iPhoneを初期化されていく。

ただ、iPhoneは新しい別のものと認識されるので、iTunes storeで購入したアプリケーションや音楽は5台までインストールできるが、1台分のカウントとされてしまう。

無料のアプリまでカウントされてしまう!?


SBSettingsでアイコンをドックに入れてしまったものがうまくインストールできなかったり、Icyのせいで既存のアプリは動くけれど別のJBのソフトをインストールできなかったりして、何度もインストールすることになった。今は無事、OS 3.0でJailBreakできている。まだ細かい問題はあるけれど、快適です。


カテゴリー: iPhone タグ: