日中は暑かったものの、夕方から雷が鳴り、夕立がありました。

夕方5時ころから涼しい風が吹き始め、空はもくもくと厚い雲が立ちこみました。

急いでWebにある天気予報と雲のレーダー写真を見ます。

西から雲の一団がやってきているようだ。

6時になって、「今のうちに帰ろう」と決意し、自転車を漕ぎ出しました。

ざぁぁぁと降り始めます。お店のアーケードの下に急いで移ります。少し濡れました。

雨がやみそうなので待ちました。15分くらい経つと止みました。

やったこれで帰れる。また自転車を漕ぎ始めると、ざぁぁぁ。

もうあたりはアーケードもなく雨宿りをするところもありません。携帯電話などを濡れないようにかばんのなかに押し込み、あきらめました。ずぼんとシャツはびちゃびちゃ。

搾ったらぞうきんのように水が出てきそうです。


フィリピンやタイなどの熱帯雨林地域ではスコールが降ります。バケツの水をひっくり返したような、もっと強い雨が降ります。傘はあるけれど、傘を差したら傘が壊れてしまうほど。

もう雨が降っても諦めます。ざぁぁぁぁぁっと降ったら、びしょぬれ。

しかし30分もすると雨は止み、太陽が出てきて暑くなります。するとまた服が乾くのです。


こういうときには自然に逆らわず、雨をまともに受け流し待つのがいいでしょう。


IT関連は新規投資なので周りを見ても、厳しい状況が続いています。中日新聞には自宅待機を命じられている人の記事をみました。

こういったときは、葉っぱを広げて上へ伸びるのではなく、根を伸ばしてしっかりと支えるということが必要だといえます。コンサルティングするならばいつも「新しいことしましょう」と言ってはっぱをかけるのですが、今の状況からするとさらっと雨を受け流して、根を生やしましょうというしかないなと思います。

景気は波なので、向かい波に逆らっても前に行けず、後ろから来る波にうまく波乗りをすることがいいのかな。。。

自然に逆らって生きてきたのに、いろいろなものを背負い込むとそうはいかない。