アーカイブ

2009 年 4 月 17 日 のアーカイブ

テレビドラマ「スマイル」を観た

2009 年 4 月 17 日 コメントはありません

家族で金曜10時からのTBS系列で放送しているテレビドラマ「スマイル」を観ました。

気になるところは、フィリピン人とのハーフがどんな風に出ているかというところ。

主人公の松本潤さんが顔を浅黒くメイクして髪の毛を流して、おどおどしているところは、フィリピン人のハーフぽかったと言いたいところですが、、、ステレオタイプですね。

まあいいとしましょう。

でも、「フィリピン野郎が」と何度も出てくるのはどうかなと思います。

隣で妻の顔が引きつっていました。娘は途中からパソコンの方がおもしろいやと出て行きました。

まあどの世界でも、単純に「フィリピン人が」「中国人が」「韓国人が」「北朝鮮人が」「アメリカ人が」と言いますが、それぞれいろいろな人がいますからね。

十把ひとかげらにいうのは、思考停止です。

実際に、フィリピン人のこと、中国人のこと、韓国人のことを知らない人がそういいます。

日本人は海外に行くと、やはり同じように「日本人が」と言われます。

無知な人がたくさんいるという現実をテレビで紹介するのはいいのですが、受け止め方によってはそれを薦めているということにもなりかねないかな。

でも番組としては、フィリピン人やそのハーフは好意的に表現しているから、Goodです。

起業支援ネットへ営業へ

2009 年 4 月 17 日 コメント 4 件

起業支援ネットへ何か提供できるものはないかと営業へ行ってきた。

何かしら自分の持っているもので貢献できるものはないかと前から思っていたけれど、「やっぱり金儲けをさせていただいたら申し訳ない」という気持ちがあったし、内輪でやりとりしていたらいかんだろうと思っていたので距離を保っていました。

(元)理事長のどんなことでも気づいたことがあったら言ってという一言で、いつの間にかデザイナーの方と一緒にお話をすることになりました。

内容は、以前からここで書いているGoogle Apps導入のお手伝いとそれらの使用方法です。とても安く(50人までだったら無料)て組織にとってメリットが大きいので、お勧めしています。他にもITの活用についてはいろいろと便利なものがあるので、お客様に合わせて最適なものをお勧めできるかと思います。

もっとも本当にやりたいのはその先ですが、まずは入り口に入っていただかないとその話ができません。またGoogle Apps導入の経験がたくさんないと、お客様にとって本当に薦めていいものかどうか、課題は何かということについて深く考える材料を持つことができません。私自身はいいものと思っているのですが、いろいろな見方があるということを承知しています。

営業は下手なので勝手知ってるお客さまに対して練習のつもりでしたが、、、まだまだ後から思い出すと赤面することが山のようにありました。

Win & Winの関係を築くよりは、Give & Giveの気持ちで行きますので、一歩前進ができるといいかなと思います。お金を稼ぐのは、別にお金を持っている人からいただきますよん。だって周りに監査役がたくさんいますから、そりゃボランティア精神でいかないといけません。

インターネットでブログを発信していたり、積極的に技術情報を公開していると(まだまだ不十分なんですけれどね)、まったく知らない方から仕事の注文をいただきました。自分の目指しているのとベクトルが近いのでとてもうれしいです。

小さい仕事で決してそれで食べていけるわけではありません。(表現が適切さにかけるので削除します。誤解されやすい表現でした。

お客様との経緯の説明を省いたのでこのような表現になっていました。お客さまから同様の表現をいただいているのでそのまま載せてしまったみたいです。この仕事はお金をもらわなくてもやるつもりの仕事でしたが、お客さまより好意の気持ちをいただけたのでついついそう書いてしまったのですね。毎月収入がなく、貯金を崩して生活しているプレッシャーからの焦りからお金の表現が出てしまったのかもしれません。誤解を生みやすい表現であったことを反省しています。)

でも最初は小さい種ですけれど、その種を育てます。
その種が成長し、花を咲かせ実となり、たくさんの種が作られます。
たくさんの種を植えて、お花畑にして、そのうち林、そして森になる
そうすると、地面に深い根を張った、一つの組織が出来上がっていくんですね。

当面はそんな余裕もなく、一人でも食べていくことはできないけれども、
そんな森になっていく様子を夢に見ながら、着実に一歩一歩大きくしていくのかもしれないという気がしました。

家族のために生活費を稼がなくてはいけませんので、出稼ぎで日銭を稼いでいくこともあるかもしれません。このところ、なんとなくどんよりとした曇天から一筋の光が差したように見えます。

カテゴリー: 起業 タグ: