アーカイブ

2009 年 4 月 9 日 のアーカイブ

Google Apps EngineはGoogle Appsの機能拡張?

2009 年 4 月 9 日 コメントはありません

Google Appsで、何とかビジネスにつなげられないかと孤軍奮闘しています。一人でやっているからね。自分ひとりで受託開発したり、みんなに使ってもらうソフトを作ってお金を稼ぐことは結構大変だなと思います。

そこで以下のビジネス戦略ならば、一人でもなんとか、パートナーがいてもやっていけるのではと思いますが、、、、、、まだ未成立。

  1. Google Appsをお客さんに導入してもらうのを手伝う
  2. Google Appsで不足している機能を、開発して補う
  3. Google Apps + 周辺アプリケーションのサポートをする

Google Appsの周りをやっていくのは、昔Lotus Notesの周りをやっていたことに比べると、クラウドの時代なのであまりおいしくはありません。だって安いんだもの。これを手がけることのできる会社は、小規模で技術に特化している会社しかできないだろうと思います。1はどこでもできるけれどね。

さて、Google Appsの足りない機能を作ることを、1年以上前から話がありましたが、仕事がなかったので構想段階で終わっちゃいました。残念。

他の会社では少しずつ進んでいるようです。

その中でも九州でRuby on Railsを担いでいる会社がどんどんやってしまいました。

同じことをやろうとしていたんですが、足踏みしている間に。あちゃ。でも応援しています。

  • EasyPanel for Google Apps ―管理者向けパネルツール

  • EasyGate for Google Apps ―アクセス制御機能

  • EasyContacts for Google Apps ―共有アドレス帳機能

  • EasyGroupBoard for Google Apps ―グループカレンダー&ステータス管理機能

今後、市場がおいしいと思えば市場に参入している会社も出てくると思うし、機能はどの会社もさほど違わないと思われる(Googleが提供しているAPI)からです。

さて気になるのは、Googleの動き。こういった周辺アプリケーションは、マッシュアップ的な機能ならば手を出しにくいのですが、単体のソフトの機能アップは本家が取り込んでしまうことが多いのです。最初のWordやExcelは単機能でしたが、機能を補うソフトが別の会社が作っていました。Word, Excelのバージョンアップで機能が増えてきて、他のソフトが売れなくなってしまいました。

そうなると、開発して販売していたソフトは意味をなさなくなります。使い勝手がよければ残ると思います。

Google Apps Engineで、Javaが正式にサポートされるようになりました。

それで、Javaの上で動くJRubyを使って、Ruby on Railsを動かす人も早速出てきました。http://d.hatena.ne.jp/technohippy/20090409#1239217083

やったこれで、Pythonを覚えなくてもGoogle Apps Engineを使う道が出てきた。もっともデータベースが特殊なので、そのままRailsを使うことはできないからちょっと変える必要があるけれどね。

そこで思った。

Google Apps Engineは、Google Appsとは提供しているサービスが別なので、まったく別なものだと思っていました。でもどちらも同じ技術の上になりたっているので、Google Appsの機能拡張と考えれば自然なのかもしれません。今まで、Google Appsの周辺ソフトは別のサーバー(Amazon EC2など)でやろうと思っていて、なんか不自然に考えていたけれど、GoogleはGoogleで動かす。これって普通に考えれば当たり前のことだった。

上記のようなソフトを、Google Apps Engineで提供すれば、アクセスなどの負荷もあるけれどコストや安定性についてはあまり考えなくてもよくなる。あとはライブラリを作るか、探すかかな。