アーカイブ

2009 年 4 月 5 日 のアーカイブ

息子の八重歯欠損

2009 年 4 月 5 日 コメントはありません

息子と妻で歯医者に行ってきた。

日曜日にもかかわらず、非常に大切な話なので、父親の私と一緒に話がしたいということだった。

妻は日本語は大丈夫だが、難しい日本語である熟語や別の言い回しで言われるとわからない。
(実際に歯医者さんもできるだけわかりやすく話してくれるが、妻や息子がわからないことがあり、私が噛み砕いて話すことになった)

歯医者で初めてレントゲンを取ったときに疑いがあったということである。
ただ息子は成長期なので、歯が後からでき始めることもあるのでそのときは判断を下せなかった。でも2年見てきてどうやら、八重歯(犬歯)が2本ともないようだ。

昔から、歯が先天的に生えないという現象はあった。遺伝的なことか後天的な影響か。
しかしこの20年ぐらい増えていると実感しているそうである。

統計的なデータはないのだが、ここ20年に増えたというのは食品添加物による影響ではないか。
ただどの食品添加物が歯の欠損に影響を与えているかはわからない。因果関係はわからない。

この八重歯欠損に関しては2つの対応策があるので、考えて欲しいとのことでした。

  1. 上下の歯を合わせるため、第一小臼歯を2本抜く。
    その後、上の第一小臼歯と下の犬歯と、他の歯を合わせるように矯正する
  2. 上の犬歯の場所に、インプラントで犬歯を埋める。
    インプラント費用は多額の費用がかかる(1本約35万円)
    成長期なので、あごが成長して合わなくなるなどのリスクがある

3ヵ月後にはどちらか選択しなくて治療をしなくてはいけない。

息子は出っ歯で噛み合わせが悪く、ブリッジをして矯正しています。今回の治療で矯正方針も変えなくてはいけませんが、インプラントの費用を除けば全体費用はあまり負担が増えないようにしていますと言ってくれたのはうれしかったです。うちの経済状態を知っているのかな。。。

カテゴリー: 家族 タグ: