おかげさまで、結婚15周年を迎えました。
妻がささやかに祝いの席を設けてくれました。

1994年3月27日に結婚して今日で15年経ちました。
喧嘩しても日本に踏みとどまった妻のおかげだと思います。
よく私なんかとよく続いたなと思います。

経ってみるとあっという間ですが、よく15年間続いたと思います。
出会って半年ちょっとで、結婚する決意をして2ヶ月ちょっとで、結婚準備で1ヶ月後のことです。友人が結婚準備を進めている期間に、出会って結婚まで怒涛のごとく終わってしまいました。

両親や妹だけでなく、お世話になったいろいろな人を驚かせ、私自身も驚きで、あっという間にいろいろなものが進んで行きました。

「しない後悔より、する後悔」ということがモットーで、若さゆえの無謀なことだったかもしれませんね。

結婚前に社会人入学して、これから勉学の道へ進むぞと決意しておきながら、ふとしたことで外国人と結婚することになってしまった。学費免除や奨学金をいただきながら、、、、学者の道に進めずすみませんでした。
(思えばIPAの未踏で税金のお金をいただきながらきちんと恩返しもしていない。)

結婚生活も人生もこの先何があるかわかりません。このまま16年、17年と続いていけるかはわかりません。

この年になって思うのは、両親は子育てをちゃんとやって、よく結婚をつづけてきたなと思います。両親は結婚45年経ったので、50年を目指してほしいなと思います。

(昨日誕生日でmixiから通知が行きました。お祝いの言葉をいただいた方にはありがとうございます。44歳と年も取ったので恥ずかしいのですが、44歳というと栢野さんによると天命が降りるときだそうなのでこの1年は期待しています。ありがとうございました。)