アーカイブ

2009 年 3 月 23 日 のアーカイブ

20%ルール

2009 年 3 月 23 日 コメントはありません

Google社が、仕事の時間の20%を自分の好きなように使ってほしいという20%ルールは有名になった。これを会社で最初にやったのは、3Mらしい。3Mは15%ルールらしいが、それでポストイットというのが商品として世に出ることになった。

本来は別のものを開発していたが、間tなんに剥がれる接着剤の技術をそのまま捨ててしまうのは惜しいと思った科学者が、15%の空いている時間に商品化にこぎつけたそうです。

物理学の世界にも20%ルールというのがあるそうです。

ただ間違っていけないのは、この20%は好き勝手につかっていい時間ではないという点。お金をもらって20%の仕事をさせていただいているので、何らかの還元をしなくてはいけない。本当はそれが将来新しいビジネスの核になれば一番いいのだが、新しいことをして成功するのは100に1つ。

社内でこれを維持していくのは、単純に利益が20%損なわれるということだから、売り上げにすればそれ以上減るということになる。

収入が20%減ってもそれを維持したいと思っていたけれど、そう思う人は世の中に少ないようだ。20%減っても自分にリスクをかけて、将来それ以上に取り戻せばそれでいいじゃないか。

思えば生まれてこの方、ずっと自分に20%ルールを適用していた気がする。100%すべて1つのことにのめりこむということはせずに、何かの答えを探して過ごしてきた。

それが自分にとっての他者との差別化と思っていた。

非常に仕事が忙しいときには、土曜日や日曜日がそれになる。
結婚自体が20%ルールと考えればそれでいいけれど、そうでないときはそれ以外の時間をつぶしていかねばならない。

とことんまでビジネスを掘り下げて掘り下げて、出てきた壁をつぶし乗り越え、さらに壁を潰して、それを繰り返してやっと見えてくるものがある。その壁を壊すときは、ただ叩き潰すのではなく、いったん引いて壁の素材を考え、壊し方を考え、ときには別の能力を持った人と一緒に乗り越えていく。そうしなければ新しいビジネスは生まれっこない。

自分が好きなことにただ夢中になるだけに20%ルールを費やしても何も生まれない。しかしそれをうまく使いこなしている人や組織は、やはり明日があるのだろう。

カテゴリー: 未分類 タグ: