アーカイブ

2009 年 3 月 22 日 のアーカイブ

名古屋では3年から

2009 年 3 月 22 日 コメントはありません

1週間前に一度書いたのですが、へたれな文章を書いて嫌な思いをさせてもいけないと思い、公開しませんでした。でもみなさんに知って欲しいことでもあるので少し直して公開します。


とりあえず飛び立ったものの、へたれ街道まっしぐらです。

このところ、いろいろな人から注意を受けることが多いです。私は「愛の鞭」だといい方に解釈しています。何か注意してくれるということだけでもありがたいことです。

「お前どうするんだい?」

「取りあえず、何か仕事があればそれをやっていくだけです。でも今のこの時期は厳しいですよね。」

そんなやりとりをしています。短期的には収入を確保して、中長期的には考えないといけないとわかっていますけれど、世の中はそう簡単にはいきません。

また短期的に仕事を探すといって適当に仕事に就くようでは先方にご迷惑をかけてしまいます。

「短期的に仕事はしても、どうせ長くは仕事しないんだろう。腰掛としてしか考えないだろう。」と考えるでしょう。今は景気が悪いので、「正社員として働きたい」というような自分にとって都合の良い申し出はどうかという話もあります。都合の良いときだけ自由に働いて、困ったときにすがるというのは確かにずるい話です。だからそんなことは失礼です。

どんな会社も本当に大変な時期ですね。大企業にはたくさんの社員がいます。中小企業にも社員がいます。大きい小さいに関係ありません。その会社の状況にあったビジネスがあるかどうか、またはビジネスをつくれるかどうかです。

うまくいっているときは喜びを分かち合い、大変なときはお互いに励ましあう。そんな雰囲気のできているところは、幸せだと思います。そこに私が横から入って水を差すようにはしたくない。加わって双方がよかったなとしたい。

きちんと就職したらどうかという意見もあります。

私のような人材でも必要とされるのなら、それでも構わないと思うようになりました。
ただ年齢的に門前払いをする会社も多く、その気持ちはよくわかります。その歳までなにやってたんだ?ということを言いたくなるよりも最初から何も言わない方が吉ですから。

名古屋で受け入れてくれる会社があるかどうかというとわかりません。これから成長していく会社や新しくIT部門をつくるという会社ならばなんでもできそうな気がします。

本当ならば自分の事業を続けていきそれが会社組織として新しい価値を生み出せるようになれば理想です。ただそれには長い時間と忍耐が必要で、独身であり両親や子どもなどの責任を負うのが少ないという状況ならばリスクをおかせます。しかし家族というもう一つの組織もあるのでそうは言ってられなくなりました。家族という組織を維持しながら事業をするというのは2つの組織を抱えることなので、必ずしも両者にとって最善をとるということができないこともあります。

起業から3年経って自分の思うようにいかなかったり、自分ひとりでやっていることの限界を感じ、そして妻との約束で「3年経ってうまくいかないときは起業を止める」ということもあって取りやめた。

だけどまた起業することになって初めてわかったんだけれど、これまで応援してくれて人の期待を反故にしてしまったんだなぁと思います。ちょうど3年目になったころ、仕事が4件ぐらい舞い込んできた。だけど、一度起業を止めると決めたときだったので断ってしまった。

たぶんそのときのことも、1年間お世話になったときも、どっちも中途半端な気持ちでいたから、今のような試練の時期があるんだろうな。

これからも家族のことがあるから、思ったように続けていけるわけではないけれど、なんとか道をみつけなければね。今月は自分の貯金が底をついて、妻の貯金から生活費を捻出することになりました。とうとう米櫃の底が見えてきました。

というわけで、落ち着いたように見えて我武者羅で進んでいます。

みなさんも良い人生を。

カテゴリー: 起業 タグ: