アーカイブ

2009 年 3 月 16 日 のアーカイブ

ロボットでファッションショー

2009 年 3 月 16 日 コメント 2 件

独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 吉川 弘之】(以下「産総研」という)知能システム研究部門【研究部門長 平井 成興】ヒューマノイド研究グループ 梶田 秀司 研究グループ長らは、人間に近い外観・形態を持ち、人間に極めて近い歩行や動作ができ、音声認識などを用いて人間とインタラクションできるヒューマノイドロボット(サイバネティックヒューマン、以下「HRP-4C」という)を開発した。

HRP-4Cは、身長158cm、体重43kg(バッテリー含む)で、関節位置や寸法は日本人青年女性の平均値を参考に、人間に近い外観を実現した。歩行動作や全身動作はモーションキャプチャーで計測した人間の歩行動作や全身動作を参考にして、HRPにおいて開発された二足歩行ロボットの制御技術を適用することにより、人間に極めて近い動作を実現した。また、音声認識にもとづく応答動作など、人間とのインタラクションを実現した。

HRP-4Cは、産総研が2006年度から3ヵ年計画で実施した産学連携プロジェクト「産総研産業変革研究イニシアティブ(以下「産総研イニシアティブ」という)」の「ユーザ指向ロボットオープンアーキテクチャの開発(以下「UCROA」という)」の一環として、エンターテインメント産業への応用を主な目的として開発され、ファッションショー等への利用が期待される。

2009年3月23日に開幕する第8回「東京発 日本ファッション・ウィーク」のファッションショーの一つに出演を予定している。

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090316/pr20090316.html

ロボットの2速歩行だけでもすごいのに、体重を軽くして、ファッションショーに参加させるなんて、、、

なんかフィギュアのような妹ヲタのような仮想の世界を、現実にさせているのはすごすぎる。

エネルギーの出し方が作者の興味あるところで行っている気がするけれど、2Dが好きな人がいるけれども、本気にこのロボットに恋をする人も出てくるんだろうな。

ちょっとこのポーズはやばすぎる。

私自身はこの段階での興味はあまりないけれど、5年後、10年後に発達したロボットを想像してみると、ますます男は現実の女性よりもこっちのほうがいいやということになるのではないか?

特にある意味技術の最先端を行っていて、お金を生みやすい、アダルト業界にとってはこのロボットがいくらまで安くなるかとか、どんな機能が持つかという方に興味があるのではないかな。

ロボットじゃないけれど、こちらもすごい。

このCGは本物の人間ではありません。

時代は動いている。

カテゴリー: コンピューター タグ: