アーカイブ

2009 年 3 月 6 日 のアーカイブ

名義変更

2009 年 3 月 6 日 コメントはありません

車の所有者を変えるのは、名義変更
株の所有者を変えるのは、名義書換

どっちでも同じなんだけれど、表現が決まっているようです。

車の名義変更へ行ってきました。

今週の月曜日にも陸運局へ言ったのですが、そのときは書類不備で申請できませんでした。

自動車の名義変更のページとおりです。

1. まず車庫証明を警察署で用紙をもらって記入します。月曜日申請したら金曜日にもらえました。地図を描くのは面倒ですが定規を使って丁寧に書き、あとは大家さんに書いてもらうぐらいでした。注意するのは車庫証明書の有効期間が40日間です。それまでに名義変更を終わらせないといけません。

2. 旧所有者と新所有者の2人の印鑑証明書を用意しましす。もし車検証の登録住所が現住所と違うとき(引越ししている)は、車検証に載っている住所と現住所の関連性を示す住民票が必要です。引越し前後の住所で、印鑑証明の住所をつなげます。

ただ、2回以上引っ越している場合は、戸籍の附表というのは引越し前の市役所で取得する必要があります。これは遠くから引っ越してきた場合は、郵送しなくてはならないため時間がかかります。

3.譲渡証明書をダウンロードして印刷して用意して、記入します。書き方があるため注意です。

4.委任状をダウンロードして印刷して用意し、記入します。これも書き方に注意してください。

5.車検証および上記の種類をもって、陸運局へ行きます。自賠責保険証や納税証明書は必要ありませんでした。

6.陸運局で移転登録証明書を30円で買い、記入します。手数料納付書は無料、自動車税・自動車所得税申請書も無料でした。

あとは手数料納付書と、移転登録証明書(マークシート)に記入して、順番に受け付けるだけです。

マークシートは鉛筆とありましたが、ボールペンでも大丈夫でした。

名古屋の陸運局の場合は、1番で丁寧に手続きの方法を教えてくれました。

多少書類の記入を間違えても、傍線で書き直してもいいかという感じでした(本当はいけないんでしょうけれど)。

ただ週末なのでちょっと込みましたけれど、親切に教えてもらいながらやったので意外と楽でしたね。

カテゴリー: 未分類 タグ: