ホーム > 未分類 > Google Appsのパートナーを目指して

Google Appsのパートナーを目指して

新しいビジネスとして、Google Appsの導入支援とそのAPIを使った周辺ソフトウェア開発というのを考えています。

そこで、 Google Apps 開発者コミュニティやパートナー、リセラーなどを調べてみました。

開発者コミュニティーは誰でも情報を参照できるし、誰でもGoogle のAPIを使うことができます(Google Appsの一部を除く)。

Google Enterprise Partnerになるには

http://www.google.com/enterprise/gep/overview.html

きちんとした開発あるいは販売能力以外に、年間$5,000が必要なようです。するとGoogle Apps Premier Edition 50人分がついてきたり、コードなどの参照ができるようです。うーん、開発代理店になるのが理想だけれど、個人事業主にとっては敷居が高すぎます。既存の会社に知己を得てやるしかないかなと思います。

Google Appsのリセラー(正規販売代理店 )になるには

http://www.google.com/apps/intl/en/business/resellers/

リセラーとパートナーの違いはよくわからないのですが、こちらはPremier Edition 25人以上の販売の実績が必要なようです。

現在の販売パートナー・開発パートナー会社一覧

http://www.google.com/enterprise/partner.html

まだ個人事業なんだけれど、試しにGoogle AppsのリセラーをWebから申し込んでみました。所在地は自宅にしているし、自宅で仕事しているし、たぶんだめなんだろうけれどやってみました。

でも、返事が来ましたよ。

だってそのうち、ちゃんと会社らしくなるかもしれないじゃない。

まずは法人化して、25人以上売り込むところからスタートなのかな…

Google のAPIを使った開発をするのは、これまでのマイクロソフトやロータスや、IBMやAppleの場合とちょっと違う資質のような気がします。販売についても、Google自身が安い値段でやっていますので、リセラーがさほど儲かるわけではありません。

Google Appsの導入支援・サポート、そしてWeb APIを使ったアプリケーションを使ったソフトウェア提供を考えると、SalesforceのようなSaasのシステムが一番最適で、受託開発をするのは費用対効果に合わない気がします。

私のような零細で年間数百万ほどの売り上げが立てればいいやと思っていればOKですが、大手の開発業者に合うのかどうか。社員が1万人いる会社で、1人年間1000円の支援費用を得ても1000万円の売り上げです。

だからGoogle Appsの代理店やパートナーは、もっと中小企業が入りやすいようにしていただけるといいなと思います。

カテゴリー: 未分類 タグ: