アーカイブ

2008 年 11 月 のアーカイブ

28歳で人生を決めるって、聞いてないよ

2008 年 11 月 30 日 コメントはありません

カンブリア宮殿で、品川女子学院の話が出ていた。

校長は20年前にダメな学校を屈指の人気校にしたのは、学校というよりも企業的経営をした感じがする。企業的経営の、お客さまは生徒、社員は教員や職員。

お客さまのために何が一番いいかを問い続けてやってきた結果、そしてお客を決して甘やかしたりはせず一時の満足感を得てもらうのではなく、最終的な結果に満足してもらうという考えだと思う。

番組では校長の考え方(経営理念)が先行したが、簡単なことではない。
時間のかかる取り組み、教員・職員への考え方の浸透、企画したことがそのままうまくいくとは限らないこと。うーん、そのあたりを知りたかったなぁ。

番組で、校長は「生徒が28歳になる頃を目標にして、いま何をするかという教育を考えている」と言っていた。これも夢の実現方法としてはよく言われることだが、それを若いうちから身に着かせるのはいいと思う。

娘も息子も経済的理由から、公立へ通わせているけれど、あのような学校はあこがれるだろうな。愛知県の公立学校は良いと思うので、良かったと思う。

ただ女性は出産適齢期があって、20代後半の28歳頃には「キャリア、結婚、妊娠、育児」について重要な局面を迎えるので、それが28歳という基準にしていたという話があった。司会者の村上氏はそれに相槌を打って「28歳までに一生かける仕事を決め、35歳までにキャリアアップを目指すことにより、その後の人生が大きく変わる」ということを言っていた。

苦笑してしまった。

「パパはその点では失敗したが、子どもたちよそれは正しいようだ」
と娘と息子に言った。

それは現代の日本では正しいと思うし、私もそれを目指していたのだが、、、、、、自分で反故にしてしまった。それからも何度も再挑戦をしてきて、半ばうまくいったものがあり、さらにもっと上を目指したものの失敗してきたことがあり、、、、

何度もうまくいかないものだなと思って、この歳になってしまった。
40歳過ぎて歳を数えるのを止めたので、ときどき正確な年齢を忘れる。子ども以外の人の年齢も気にしなくなった。

ただ28歳や35歳というように年齢を区切ってしまうと、自ら狭いところに閉じこもってしまうのではないだろうか。

人によって生き方が違うし早熟もあれば、大器晩成もある。

仕事としての最終目標としての、総理大臣だって年齢はまちまちなんだから。

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

[本]かしこい経営者だけが使っている7つの数字

2008 年 11 月 29 日 コメントはありません


かしこい経営者だけが使っている7つの数字

Amazonで購入
書評/ビジネス

中小企業(30人以下)において、簡易な管理会計を行うことを勧めている本といったらいいでしょうか。

飲食業や小売業という小規模な会社の社長に、「儲かっているはずなんだけど、お金がない」というのはどうしてか、どうすればいいのかということについて、原因の一つとその対応策を示しています。

飲食業や小売業を実際にやった経験はないけれど、業務のことは自信があるけれど経営について数字を追っていくのは苦手ではないだろうか。それが著者のシンプルな方法でできるようになれば、いくつかの問題は解消されるかもしれません。

私はITによる支援をする立場ですが、この本の行間を掴んでソフトを作って提供したり、そのための支援をするようなビジネスもできるのではないかと思います。

管理会計という言葉は少し変ですよね。英語ではmanagement accountingという。managementという言葉は管理じゃなくて、経営や監督という言葉にしてほしいと思います。

管理会計はご存じの方がいらっしゃると思いますが、会社が税金を払う義務として発生する税務会計とは違って、会社として事業がうまく回っているかどうかをみるための会計です。

税務会計はたくさんのパッケージソフトやサービスがあるかと思いますが、管理会計ソフトを使って、大手や中堅企業は管理会計を見ているところは多いと思いますが、中小企業はまだまだかもしれません。

ソフトを使うということは会社によって指標や視点が異なるかもしれません。それを調べていくのはソフトを自由自在に扱うことも考えると難しいところがありますが、できるだけ簡単に紙の上でもできるようにするというところが、わかりやすくていいと思いました。

著者がいうには、会社としてうまくいっている会社は、社長はきちんと会社や業務の数字を把握しているそうです。

原価計算で材料費や人件費などの割合や、在庫の遷移などを把握していて、去年の同じ日と比べてどうなのか、他の店舗と比べてどうなのかを見ています。

そういった数字を比較して「あれ?ちょっとおかしい。」と感じて、原因を探ります。店舗の店長や従業員にいくつか質問をして答えを見つけ、すぐ対処します。

場所や天気や曜日によって売り上げは違いますが、それぞれの割合などは変わりません。割合が異なるとしても、別の指標を見て判断します。

それを、だれでもわかりやすくするために、著者は7つの指標を提示して、紙かExcelの表で記入していくことから始めてはどうかという提案をしています。

どんぶり勘定になってしまってはうまくいかない原因もわかりません。

とりあえず試してみようという気にはなると思います。

私はそのソフトでも作ろうかな...

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

学歴は商売には邪魔

2008 年 11 月 28 日 コメントはありません

元厚生官僚と妻を殺害した小泉が、社会に対する不満があって今回の事件を起こしたようだ。

「国立大学に入るぐらいなのに、今のような生活をするはめになったのは、政府に問題がある」とか、いろいろな不満が爆発した結果らしい。

私も最初のベンチャー企業に入るまでは、学歴の考えは少し残っていたかなぁ。

でも、ベンチャー企業にいたり、独立すると、そんなものはなんの役にも立たない。学歴なんて、一種公務員試験か大企業に入るときだけ。

しょせん、学歴は教養に過ぎない。
教養とは人生を豊かにするものだ。

美術館へ行ったり、海外旅行をしたり、本を読んだりするときに、歴史的背景や秘められた過去のドラマを知っていることで、理解が深まり味わい深いものになる。

娘は「エジプトへ行きたい」という夢を持っている。
ただ観光旅行で行って、「うわっ、ピラミッドは大きいねぇ」というのはつまらない。古代エジプト王朝の歴史を学び、どうしてそれが作られたか時代的背景を知ると、感慨深げになる。

アスワンという街があるが、そこにはナイルメーターというのがある。ナイル川の水位を図るために岩盤に刻まれたものさしである。今年はどれだけナイル川が氾濫するか予想した気象基地であった。またその情報をどうやって1000km以上は慣れた首都まで伝えたのかと、その当時の人々の様子を想像するのは、とても楽しいことだ。

さらに現代を知るためには、エジプトの人々の生活を知っていた方がいい。
できればアラビア語ができた方がいいが、現実的にはまず英語。
日本語だけではなく、英語を知っていたら現地の人と話が100倍できるようになる。アラビア語を知っていれば一万倍ぐらいになるだろう。。。

そうすれば、カイロのタクシーに乗ったときに運転手席にマリア像があることに気付き、その話をすることになるかもしれない。「あなたはキリスト教信者ですか?」エジプトはイスラム教ばかりだと思っていたのに。「どんな生活をしているんですか?」とか。何でもいいけれど、お互いに知っていたと思うことが実は誤解があったということも知ることになる。

中東では、ジャッキーチェンは日本人だと思っている人が多い。
日本人と中国人、韓国人の区別がつかない。知っていても、エジプト人とアルジェリア人とシリア人の差ぐらいにしか思わないのではないか。(その3つの国民の違いはわかりますか?)

話は飛んでしまった。

商売や仕事に学歴は関係ない。

商品やサービスをお客さまに提供して、その商品やサービスを気に入っていただく。そのことだけだ。

商売においてはお客さまが現金を持っているので上位に立つけれど、学歴があるとかえってお客さまを恐縮させてしまい、邪魔になるかもしれない。

それに学歴があると変なプライドを持ってしまうことがあるからね。

実際のところは学校で学んだというよりも、今までの経験や自分で身につけてきたこと、そしてその先の想像力が大事だと思う。

#本を読んでいても想像力は身に付かず、本を閉じてじっくり考えたりすること。そして当たり前だと思っていることを一瞬止めて、周りのことに思いを巡らすというようなことが大事だと思う。

いや?、仕事でちょっと失敗して。想像力が足りなかったと自覚している・・・

カテゴリー: 楽天日記 タグ: