アーカイブ

2008 年 10 月 のアーカイブ

機関投資家の空売りは詐欺じゃん

2008 年 10 月 31 日 コメントはありません

空売りっていうのは、株を売買する一つの方法です。
今証券会社に株を持っている人から株を借りて、最初に売ります。そして6か月以内に株を買って持ち主に返すような、普通とは逆の手順に行います。

ただ、その株を借りている間の借り賃を払いますので、その分費用がかかります。
また株を借りようとしてもその株が少ないときは、借りている間は借り賃+アルファを払わないといけません。それを逆日歩といいます。

同じ証券会社で貸し借りできないときは、証券会社どおしの取引が必要です。

私も株のことはまだまだ不勉強なのですが、

機関投資家の空売りは、株がなくてもできたというんです!

それって、株のノミ行為じゃないの!?

そういえば、ジェイコムの事件だって、1株60万円を60万株1円で売り注文を出したんだよね。

そんなに株が出回っていないのにできてしまうこと自体、空売りだよね。

実際に市場に流通する株数以上に株が出回っていたりしました。
同じ株を1日に何度も売買すればありえないことではないけれど、実際に流通する株は市場にある株の数分の1でそれが数回も売ったり買ったりすること自体が常識から外れていました。行き過ぎていたかもしれません。

機関投資家も一般投資家と同じルールでやってください。
それにノミ行為はいかんでしょ。
そういう意味でも、機関投資家の無限株数での売買の禁止は理にかなっています。

銀行だって、僕らが100万円預けたらそれを数倍の運用をするものね。A社に100万円貸し付けて、自分の銀行の口座に数十万円預けさせ、その貯金からまたB社に数十万貸して、また口座に数十万円預けさせ、それをまたC社に貸すというような。

A社が破たんをきたすと、B社、C社の口座に影響が出てくるから、、、
それで自己資本比率というので、それを無限にさせるのを止めたのだから。

(違っているかな?)

いままで以上だったんだよね。サブプライムもCDSも、REIT(不動産投資信託)も制限なしにしかも責任の所在がはっきりしないから、信用不安を招いたんだよね。

責任者でてこーい!

不動産にも資産を分散しようかなって、REITにちょっと色気を示していたんだが、REITをやらなくてよかった。

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

初めての経験

2008 年 10 月 30 日 コメントはありません

スーパードラマTVで、「エバーウッド 遥かなるコロラド」というドラマが好きで毎週見ています。

今週の話は、第37話「初めての経験」 No Sure Thing です。
http://www.superdramatv.com/line/ever/episode2.html

このドラマは、ニューヨークの一流脳外科医だった人が奥さんの死に直面し、自分を失ってしまうのですが、コロラドの田舎へIターンして残された息子と娘と直に接して人間性を取り戻していくという話です。

現代の話ですが、古き良きアメリカ人の生活や思考形態もわかるし、家族のほのぼのとした生活がほほえましく思えます。毎回家庭で起こる些細な事件が起きて、父であるドクターブラウンが慌てふためくというところが、自分と共通していて勉強になります。

今回のテーマは、「初めての経験」です。
男女が一線を越えるかどうかという話で、とても興味深かったです。

アメリカ人はあいさつ代わりに身体を合わせるよという話を10代のころに聞きましたが、まったくそんなことはありませんね。今の日本と同じです。

とても大切なことだと考えていて、真剣に捉えていますね。

性病やAIDSの問題。
避妊の問題。
精神性の問題。

興味本意ではなく、これらをじっくりと捉えて扱っています。

番組のメッセージではこんなことを言っていました。

初めての経験は、とても大切な人との間でのことだととてもいい経験だけれど、そうでないときは悪い印象が残ってしまう。

思っていたよりも大したものでもないので、こだわりすぎるのもどうかと思う。

大人になったらいろいろ複雑な問題を抱え込むことになるので、大人に焦ってならなくてもいいよ。大人になればいくらでも経験するのだから。

大人になったら普通のことになるけれど、初めての経験は1回きり。しかもチャンスは1回で永遠に記憶に残る。よくよく考えてからね。

妊娠や病気などのリスクがあるから、それに見合った十分な価値があるかどうかを考えるべき。

性があるからこそ、男女が一緒になって結婚をして子どもを産み育てます。
それで人類が続いてきました。

そして、社会にいろいろなトラブルを生む一方で芸術もあり、世の中を面白くしているんだと思います。

私たちそれに縛られてしまうのではなく、コントロールして人生に深みをもたらせることではないかと思います。

(娘や息子に語るつもりで書いています)

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

がんばれソフトバンク、孫正義

2008 年 10 月 29 日 コメントはありません

えーーと、私もソフトバンクの株を信用買いしていまして、今回の株価暴落では生傷が絶えない状態ですが、どうしちゃったんだろうと思います。

ここ数日ストップ安が続いていまして、その原因はソフトバンクが多額の借金を前提に企業を運営しているというところが不安視されているようです。

かつてダイエーは借金を前提に店舗展開をしてきましたが、イトーヨーカドーは借金をせずにゆっくりと着実に店舗展開をしました。借金をしながら拡大していると、何かでこけると怖いわけです。
そういうところから株価が下げているかもしれません。

ちょっと気になるのは、
ここぞとばかりと、韓国人だとか朝鮮人とかハゲとか放送禁止用語をたくさんネットで悪口を言われています。でも私は応援しています。会ったことはないので人間性がどうかという話はしませんが、彼が日本経済に果たした役割は大きいのではないかと思います。

日本の硬直した組織に、がつんとぶつかって風穴を開けてきたところは、よかったんじゃないでしょうか。

郵政省に灯油を持ち込んで「参入を認めないならばここで死ぬ」という逸話も、ADSLを低価格の競争に持ち込んで世界で一番安くしたことも、他にも良きことも悪しきこともあるかもしれませんが、たぶん世界で認められている実業家の一人だと思います。

リーダーの語源は『人の前に立って先に死ぬこと』だそうです。

命かけて事業に取り組んでいるのはどれだけいますか?
中小企業の親父は生命保険をかけて借金まみれで、毎日金策に回ってがんばっていますが、大企業の社長にそんな人はいますかね。

たぶん郵政省にどなりこんでいったときも、命をかけていたんではないですかね。それで仕事に命をかけていない郵政省のお役人は、たじたじになってしまったのではと思います。

明日の16時半から行われる、中間決算発表もオンデマンドなどで積極的にやるし、明後日はソフトバンクテレコムで冬季商品の発表や新サービスの発表もあるから、、、、そんなに悪い状態なのかな。

iPhoneについても日本の売り上げは今のところはまだまだだけれど、AT&Tやアップルの決算は良かったし、これからじわじわとスマートフォンへ移る人が増えてくると思うんだけれど。

いや重さ1.1Kgのノートパソコンを持ち歩いていると、小さなスマートフォンが欲しいと思うときがある。昔、Palmと携帯をいつも持っていたときやはり1つにしたいなと思っていた。さらにMP3プレーヤーも別にもつというのも嫌だった。

そう考えるのが、市場の中で少数派だとは意識しているが、少しずつ市場が伸びてくると予想している。携帯は電話とカメラとメールだけでなく、もっとユーザーエクスペリエンスが増えるはずだと思うし、そうあるべきだと思う。

ソフトバンクの株も購入当初の1/3以下になりました。
例え0になったとしても全体の損からしてもあと1/3だけですから、まあここまできたら最後まで耐えますよ。

カテゴリー: 楽天日記 タグ: ,