アーカイブ

2008 年 9 月 のアーカイブ

電器ポッドの修理

2008 年 9 月 30 日 コメントはありません

妻から呼ばれた。
「ちょっと見て。ポッドの調子がおかしいの」
そう言って、「ロック解除」のボタンを押して、赤い「出湯」ボタンを押しても、お湯が出てこない。

モーターのうーんという音がかすかに聞こえるが、水がじょろじょろという音がない。

いまどき、電気製品の修理は軽く数千円はかかる。
かたや、電器ポッドの料金は7000円ぐらいでせいぜい一万円。
この製品はサンヨーの「U-HR30」というものでネットで調べたら6000円ちょっとだった。

壊してもかまわないと思い、分解する。
底のビスを外す。とてもシンプルな設計。

暖かくするステンレスの部分と、モーターにポンプがついているところ、そしてボタンや電子チップの基盤。

モーターは中国製のもので、これがダメだったら入手困難だろう。いやどの部品がダメでもメーカー以外は入手が難しいだろうなぁ。

ポンプのところがねじ止めだったので開けてみた。

ポンプの羽根とモーターの接続部分が面白い。
つながっていなくて、プラスチックの壁を隔ててマグネットでつながっている。
モーターの先にマグネットが付いており、羽根のマグネットを回す。

それで水漏れを防いでいるのか!!

モーターについているマグネットを触ってみると、動かない。
そのマグネットに力を入れたら、スムーズに回るようになった。

半年ほど使用していなかったので、錆か油かで固まっていたらしい。

元に戻して、電器ポッド代が儲かりました。

以下のページを見て、分解することが躊躇なくできました。ありがとうございます。

電器ポッドの修理
http://tantanpopo.blog.so-net.ne.jp/2007-12-22

さて一万円以下の商品の場合は、ほとんどの場合は修理をためらってしまうだろうな。電気屋さんに持ち込んで多額の技術料がかかるか、諦めて新品を買ってしまったろうな。

まだまだ使える部品があるのに、ノウハウがなければゴミと化す。
なんかビジネスモデルが見つからないだろうか。

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

【本】ユダヤの商法3

2008 年 9 月 29 日 コメントはありません

ユダヤ人は世界人口の0.25%にすぎないそうですが、ノーベル賞受賞者のうち20%を占めているそうです。

それは「ユダヤの商法」でも出てきたユダヤ人の経典「タルムード」が子どもの時から結びついているからかもしれません。

こんな内容です。

 1)笑いなさい、2)他人とは違うものを発見せよ、3)権威を憎み、権威になるべからず、4)逆境こそチャンスと考えよ、5)カネより時間を大切にせよ、6)まずは元手がいらないことから始める、7)相手の話は自分の話の2倍聞け、8)生涯にわたって学び続けよ9)カネは奪われるが知識は奪われない、10)知識より知恵を重視せよ。
(出典:http://www.news.janjan.jp/government/0701/0701208460/1.php)

国や土地という安住のない場合、すべてを動産つまり頭脳に注ぎ込んだことが、現代において有効なんでしょうね。
人間は古来より何も変わっていないので、彼らが身につけたものは公理といえるものかなと思いました。

では、昨日の続きです。

61 金儲けのできんやつはアホで低能や
頭さえ使えば金の儲かることはゴロゴロころがっている。儲かるタネはいくらでもある。それなのに金儲けのできないやつは、アホで低能で、救いがたいやつである。

62 法律の欠陥をつけ
法律は人間の作るもので64点すれすれで合格したもので不完全極まりない。法律の欠陥や法律の隙間には、キャッシュがぎっしり詰まっているものと思え。

63 “根回し商法”は蹴っ飛ばせ
日本の根回し商法は、ムダ以外の何物でもない。

64 エライ奴こそ働け
中間管理職で椅子にのけぞっているやつこそ働け。ただ座っているだけでは会社として損失。

65 ユダヤ人のペースに乗るな
ユダヤ人がいばりくさっていたら、「日本人は2000年間、買える土地を持っているんだ」といってやる。

66 懐疑主義は無気力のモト
日本人は契約後も相手のことを信じようとしないが、ユダヤ人は契約を交わしたら全面的に信頼する。他人の言うことをすべて疑うのはエネルギーの無駄づかい。

67 日本人はケツの穴が小さいからアカン
スケールを大きく合理的に考えよう。

68 東大出は役人にするな
税金をもらって大学に行った者が、再び税金で仕事をする役人になってはいけない。それは税金を食う寄生虫行為だと思うべきである。東大を出た人間はいびつな日本の教育のもたらす悪習をことごとく身につけている。

69 病欠とはズル休みのこと
病気は気の病。1日か2日の病欠はズル休み。休むときは休息のためにどうどうと休んでもらいたい。

70 休むヤツは金返せ
会社では毎月1回世界の流行の先端を行く映画を見せていた。映画鑑賞も大切な勉強なので、休むやつは金を返せ。

71 女は最大限に活用すべし
女社員も区別はしない。そもそも女のバイヤーは利点が多い。ユダヤ人は鼻の下を伸ばす、酒は飲まない、買春はしない。そして仕事に忠実である。

72 週五日制で儲からない商売はやめてしまえ
ユダヤ人は週5日制である。余分に働いてペイしない商売ならヤメた方がいい

73 ゴルフする人は発狂しない
ゴルフは、ドライバーの芯にあたってボールが一直線にはるかかなたへ飛んでいくのは大変な回神田。美女を陥落させたときの快感と同じだという。そして社長というものは恐ろしく神経を使う仕事で発狂率が高い。ゴルフをやって発狂率が低くなるならばゴルフをやるべきだ。と思って日本で初めてマグレガーを輸入した。

74 大会社はボンクラだ
大会社の社員は自分の力を過大評価し、他人を過小評価するボンクラが多い。

75 金を持っても、デカイ面するな
「社長」と呼ばれて鼻の下を長くしたり、デカい面をすればその金をユダヤ人に狙われて巻き上げられてしまう。

76 金と女は同じと思え
金儲けのうまい人は、モテる男のところへは女がナナメになって走ってくるようにお金の方がナナメになって入ってくる。

77 政治家は利用せよ
ロスチャイルドの始祖は、ナポレオン戦争の時代は、フランス軍の最高司令官を買収しながら、イギリスにjも軍資金を貸していた。金もうけには政治やイデオロギーは無用で、利用できるなら利用してしまえばいい。

78 ソロバンが合えば共産党へも金を出せ
実際に共産党の選挙資金にも用立てた

79 金儲けにイデオロギーは要らない
日本の政治がアメリカのいいなりにならないようにすればするほど、アメリカは日本に甘い顔をして手を差し伸べる。その甘い汁をいただくのが私の商売なので、合理的に考えて共産党に資金を融通する。

80 低能政治家は国賊だ
戦後は輸出振興を叫び輸入業者を国賊扱いをしていたが、今度は輸出業者をドルがたまりすぎると言って国賊扱いをする。そう政策をたびたび変えるのは全部は政治家の責任だ。

81 話があるなら、そっちが来い
国会議員は、人に教えを乞うのにも呼びつけるような神経だから、日本の政治家は国際社会へ出すと恥ばかりかいてしまう。

82 最初の日本人がダメなんだ
第一印象が大事。海外旅行が始まった頃は飛行機の中に検疫官が乗り込んできた、その印象は日本を悪くしていた。

83 定石を知れ
ユダヤ商法の定石を全世界に通用する商法である。定石を知らないと競争すらできない。

84 商人はまず売れ
普通商売とは、買ってから売るものだが、先に売って後で買うことも考えよ。

85 厚利も商法なら損しないのも商法
数字は決して嘘をつかない。ニクソンショックの前触れで円高になることがわかっていたが、日本が損をすることで儲けようとは思わない。ただ損をすることはできるだけ避けた。

86 無能は犯罪である
そのニクソンショックに対応が遅すぎた日本政府の政治家役人の無能さは、国民に損をさせた犯罪である

87 労せず儲かる”キャンセル商法”
外為法の穴をついた、キャンセル商法というのがあった

88 赤信号は止まれ
外為法の穴を塞がず放置しておいたのは無能である。しかもすぐに対応できなかったのはもっと無能である。

89 柳の下は二度狙う
人間は同じ過ちを2度繰り返すものである。そうしないために油断はしないことだ。

90 天下の公道を活用せよ
最初のハンバーガーショップは大盛況だが、お店が狭かった。歩行者天国の道を使わせてもらってたくさんのお客さんをさばいた。

91 脳ミソには柔軟性を持たせるべし
日本人好みの味にしないことで成功した。米離れが進んでいることは統計が示している。脳みその中は常に柔らなくしておいて既成概念など吹っ飛ばしてしまうことが先見の明につながる

92 信用を得る宣伝は口コミに限る
下手な宣伝をするよりも、口コミが信用を得るためには最も効果的な方法。

93 人間の欲求を使え
ハンバーガーは本能的に手つかみで食べたいという欲求にぴったりはまっている。またいつでも食べることができる。いろいろな要因がすべてプラスに作用したから、ハンバーガーはあたった。

94 いつでも女と口を狙え
ハンバーガーは定石の「女の口」を狙ったもの。昼は働く時間で戦場同然だから戦場にふさわしい食事をすべきである。

95 きらいなものを売れ
自分の好きな道で商売を始めるとうまくいかない。商品に溺れてしまうからである。自分がきらいなものだと、どうやれば売れるかを真剣に考える。弱点だから必死になる。

96 私はあなたに巨億の富を保証する
やり方を口でいうのではなく、まずやってみせる。

97 お金の欲しい人が読んでください
この本を読めば必ず儲かる。儲からないのはあなたが実践していないからだ。

最後に、ユダヤ人は「ガンサマーハー」と言ってあげると喜ぶようです。

カイクー タチの悪いユダヤ人
シニー もっと数段悪いユダヤ人。金のためなら手段を選ばない。
ガンサマーハー 極めて良心的な商人

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

【本】ユダヤの商法2

2008 年 9 月 28 日 コメントはありません

ユダヤの商法の続きです。

余談ですが、私たちが日常使っているアラビア数字の形の意味は知っていますか?数字の角の数だそうです(上図)。ほんとかい?(アラビアではアラビア数字は使っていないんだよ)

26 「未決」書類は商人の恥
即断即決がビジネスでは重要。未決な案件を残すのはそれができない証拠。

27 ”ゼニ”の取れる名前をつけろ
子どもの名前や会社の名前は、わかりやすくなじみやすく気品のある名前にする

28 差別には金で立ち向かえ
差別は相手が劣等な場合の優越感からくるものと、相手が優秀な場合の恐怖感からくるものとの2つの種類がある。

29 軍隊とは金儲けの場なり
軍隊では下っ端でも、金銭で支配することができる

30 勝負はタイミングで決まる
大胆にチャンスに挑む

31 大損しても納期は守れ
例え自分が大損するとしても、約束を死守せよ

32 悪徳商人は大統領へ直訴せよ
理にかなっていないことは、ときには大胆な行動をとる

33 一歩先を読め
現代のテンポにあった商法のポイントを追求する

34 絶対に負けない売り方
自信のある商品は絶対にまけない

35 “薄利多売”はバカの商法
薄利多売で安売り競争するのは死のレース。政府がカルテルを壊すため安売り競争をさせているのかもしれない。

36 金持ちから流行させろ
流行には2種類ある。金持ちの間で流行りだすものと大衆の中から起こってくる流行の2種類がある。お金持ちから流行ったものは息が長く、大衆の間から怒ってくる流行はすぐに消えてしまう。

37 厚利多売商法で儲けろ
希少価値のものであれば可能。

38 文明の落差を売る
欧米のブランド製品は物まねでなく創造したものに誇りを持っている。それが何百年の歴史を重ねて重みを持ち、人智の結晶が作り出すみごとな製品。輸入商は古い文明と新しい文明の落差に値段をつけ、文明の落差が生むエネルギーを利益にして商売にしているといってもいい。しかも落差が大きいほど儲かる。

39 働くために食うな、食うために働け
ユダヤ人は、人生の目的はおいしいものを心ゆくまで食べることだという。そのための贅沢をするために働く。

40 メシの時には仕事の話をするな
楽しみの食事のときに仕事の話はしない。早メシ早グソは、せいぜい3文の得。

41 お金ある人エライ人、お金ない人ダメな人
ユダヤ人は、贅沢な晩餐を楽しめる人が尊敬される。つまりお金を持っている人が尊敬される。

42 父親は他人の始まり 父親といえども盲信するな。あくまでも信じられるのは自分自身だけ。

43 金銭教育は小さい時から行うべし
子どもには習い事よりもお金の教育をする。お小遣いはなしで、家の仕事をさせる。しかも同一労働同一賃金で厳しくする。

44 女房を信用するな
事業や取引では同じユダヤ人どおしは信頼するが、こと金銭の問題になると自分の妻ですら信用しない。

45 女を商品に変わりはない
プレイボーイを発刊したヒュー・ヘフナー氏もユダヤ人。

46 一人合点して相手を信用してはならない
一回商取引が成功したからといって、相手を全面的に信用しない。2回目、3回目も1回目と同じ気持ちで。

47 国家の主権なんてクソくらえ
世界のジャーナリズムを握ってしまったことで、国家の主権すら曲げてしまう。

48 納得するまでたずねること
名所旧跡に興味はないが他人種他民族の生活や心理、歴史に対して興味をもつ。しかも中途半端な理解では納得しない。

49 敵情を知れ
敵を知り、己を知らば、百戦して危うからずという考えは、ユダヤ人も持っている

50 休息は必ずとれ
ユダヤの安息日は、激務に備えて身体を休めるためにある

51 恥垢とって病気を追放しよう
ユダヤ人は西欧の中でも清潔な民族で身体を徹底的に洗う。、、、女性も子宮ガンが少ないそうだ。

52 ボインは赤ちゃんのためにあるんやでェ
異邦人の女性はユダヤ人と結婚したがらない。それは人工ミルクを許可しないから。

53 百点満点で六十四点とれば合格
人間は不完全なもの。まあまあの78xまあまあ78 ≒ 64 で人間は合格点。

54 ユダヤ教徒になれ
みんなユダヤ人になったら、世界は平和になる。

55 ダイヤモンドは一代ではダメ
ダイヤモンドは救う人間は、世界の人の尊敬を受けるような人物でなければならない。

56 儲けはイデオロギーを超越する
冷戦時代でも、ソビエト系ユダヤ人とアメリカ系ユダヤ人だけでなく世界中のユダヤ人どおしは貿易をおこなっている。

57 寿命を計算せよ
あと何年生きられるかを考えて行動する。命さえ合理的にとらえる。

58 ユダヤ人をだますな
だますと何倍にもなって返ってくる

59 時間の使い方を考えろ
ヒマな時間がもてないと、お金儲について考える余裕ができない。どうやってヒマを作るか考えろ。

60 ユダヤ人を食え
リヒテンシュタインというタックスヘイブンの国はユダヤ人ですら喰っている

カテゴリー: 楽天日記 タグ: