アーカイブ

2008 年 5 月 のアーカイブ

お先真っ暗でも、やがて日は昇る

2008 年 5 月 31 日 コメントはありません
  • ミャンマーで台風の被害
  • 中国の成都あたりで地震
  • 石油の値段が1バレル130ドルで、ガソリンの値段が1リットル170円
  • 石油の値段の上昇や穀物の高騰に伴って、物価も上昇

さらに、身近な業界では

「10年は泥のように働け」「無理です」??今年も学生と経営者が討論

もうお先真っ暗ですわ。

私もこんなITゼネコンでは働きたくない。

 

さてこうなったらどうしよう?

私はただ何もしない。自分の心の捉え方を変えるだけということにしたいと思います。

見方を変えると、上の2つは情報伝達の速度が進んで、ひどいニュースがすぐにたくさん飛びこんでくるようになったからです。昔はもっとひどい災害があっても、死傷者数がわかるのもずいぶん後になってからでした。たぶん今の方が実際の被害は少ないと思います。

 

3つ目、4つ目のニュースも、石油の需要が世界的にあるから高くなったんです。中国やインドなどこれまで発展途上国だったところが豊かになってきて、石油の供給量に追い付いていないから高くなったんです。それだけ世界中の人が徐々に豊かになっているんです。

これまで先進国にいた人が、多少不利益になってもしかたないでしょう。

 

最後のところは、世代間ギャップというか時代に取り残されていると考えて、ほおっておきましょう。日本は戦後に製造業で先進国の仲間入りした国です。製造業あってこそ、世界で輝き尊敬された国となったのです。その製造業魂というか成功例にしがみついているのです。

成功例にしがみついているのが会社であったら、それは倒産しないとわかりません。

日本も一回倒産してみないと、生まれ変われませんわ。

もう1回堕ちるところまで堕ちると、幕末のいろいろな偉人が屍を残して変えていくかもしれません。

 

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

【本】秘伝すごい会議

2008 年 5 月 30 日 コメントはありません


秘伝すごい会議

Amazonで購入
書評/ビジネス

同い年くらいで、同じ姓で、冒険的な人生を送っている著者はすごいなと思う(前と一緒かい)。

前著「すごい会議」は読んでいないので、いきなりエッセンスに入ったかもしれない。内容は「すごい会議」を開くための実践的なマニュアルとコラムである。

本は読むだけでなく、自分に一部取り込んで、さらに実際に行動して起こすということが大切だと思う。いつも実際に行動として起こしてみる!というところまでやっていることがあるけれど、自分に合いそうなものは取り込むか絶対に取り込みたいということがあればどうやっても取り込むことがある。

この本の内容の会議は一人ではできないので、いまのところ想像するしかない。

「すごい会議」のエッセンスは、以下の3つである

  • 会議は考えるところではない、決定するところである。
    これは楽天の三木谷社長が同じことを言っていたな。
  • 問題をさらけ出す
    セクショナリズムをやめて、組織・会社全体で考える
  • コミットさせることである
    決断したことからは逃れられない。本気に行動することが求められる

以上のことを、具体的な方法を例示して載せている。

頭では理解していても実際にやることは難しい。その点はスポーツと同様かもしれない。

すごい会議は会議そのものよりも、社内のビジネスの進め方、コミュニケーションの取り方の問題だと思う。

仕事をクールに、責任の所在をはっきりさせ、コミットをさせていくビジネスのやり方、なかなか日本の企業では受け入れにくそうだが、「すごい会議」という言葉でいつの間にか洗脳されているという方法もあるかもしれない。

 

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

ひきこもり解消術(本気にしないで)

2008 年 5 月 29 日 コメントはありません

 「大人の引きこもり」2万5000人超…都が調査

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_05/t2008052129_all.html

 

なんでも東京都内の15歳?34歳までで引きこもりをしている人が25000人を超えているそうである。全国規模で年齢の制限をしなかったら、10万人以上が引きこもりをしている可能性があるなぁ。

昔(今でもあるが)、私の住んでいたところに戸塚ヨットスクールというのがある。
神奈川県の戸塚ではなくて、社長が戸塚宏という。知多半島の先っぽの河和あたりだったと思う。今から20年ぐらい前に、引きこもりの子どもを傷害致死したという事件で、社会的に話題になった。当時は引きこもりという言葉がなくて、登校拒否児と言っていたと思う。

引きこもりの子どもを無理やり連れてきて、突然海の上のヨットの上に乗せてそのままにするという、ショック療法みたいなことをやっていた。それ以外に体育会系で、腕立て伏せや体操などの基礎訓練をさせるということをやっていた。

当時の記憶をたどると、戸塚校長はこう言っていたように思う。

「人間、生きるか死ぬかの瀬戸際に追い込まれると、『行きたい』という気持ちが出てくる。その『行きたい』という気持ちを芽生えさせて自力で育てられるようにするまでが私の仕事や」

暖かいところで何不自由なく生きていたら、生きるという気持ちがなくなるものかなと思った。

 

その後、海外放浪をして、生きるか死ぬかという瀬戸際を何度か経験する。

  • あ?、このタクラマカン砂漠の道を1時間歩いて、車がこなかった。あと1時間来なかったら、ひからびて死んでしまうのかなぁ。
  • ダイビングで流された。お?、船が遠くに見える。ぷかぷか浮いている私とバディを見つけてくれなかったら、何日もつやろ。もう終わりかなぁ。
  •  全部身ぐるみはがされた。さてどうしよう。まずは自分が日本人で名前が××であることを証明せんといかん。そうしないと野垂れ死にしたら、身元不明人で誰もしんだことすらわからん。
  • あかん、スパイと間違われそうや。早く明るいところで旅行者に見えるようにもどらんと。

正直、砂漠のど真ん中か中国やインドの真ん中で日本人という身分保障されなかったら、生きていくのも辛い。

引きこもって、プログラムをサクサク作っていたり何か社会貢献してへんやったら、みんな砂漠へ船とトラックで運んで連れて行ったらいいんと違う。

自宅で自分の部屋があり、3度の食事が与えられているから引きこもりになってしまう。

自分の部屋が持てない私にはいく場所がない。(あっ、ホームレスか)

 

子どもを家から追い出すか、それとも家族が家から飛び出して、電気・ガス・水道など全部止めたら兵糧攻めにあって家からでてくんじゃないの!?

 

ただ命かけてやらなんといけないけれど(ソフトランディングではなくハードランディングだけれど)。


UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)より

カテゴリー: 楽天日記 タグ: