アーカイブ

2008 年 2 月 のアーカイブ

起業が失敗した理由(1)

2008 年 2 月 29 日 コメントはありません

まだ起業に失敗したわけではないと信じたいけれど、一人で事務所を開いてやっていくことは3月で取りやめにします。

ここ数日、起業に失敗した原因を探ってみようと思います。
起業しようと思った理由は、漠然としていましたがいま思い返してみると以下の5つの理由だったと思います。

  1. 名古屋で仕事をしなければいけなかった
  2. 3年間、無収入でやっていける資金があった
  3. 起業そのものが冒険でわくわくしていた
  4. コンピューター関係で、研究開発型の仕事を続けたかった
  5. 時間が自由に取れる仕事を選びたかった

これらの理由の背景には、家庭の事情や個人的な嗜好や性格があります。

何度もこのブログで書いておりしつこいようですが、もう一度振り返ってみることにします。 

家庭の事情は、妻が外国人で日本語が不自由であること、2人の子どもがおり、そのうち息子が発達障碍で手間のかかります。

妻が外国人で日本語が不自由というのは、子どもが成長するにしたがって障害となってきました。幼稚園、小学校から配られるプリントを毎晩妻に解説しなくてはいけないことや、妻が日本で育っていないために日本の学校生活の経験がないため、細かいところをフォローしなくてはいけません。

シングルファザーですべて面倒をみるよりはずいぶん楽だと思いますが、それでも一定の負荷があります。

息子が発達障碍であったために、幼稚園、小学校低学年のとき、普通の子どもである娘に比べると3倍くらい大変だったと思います。当初は毎日のように妻が学校に呼び出されていたので、2週間に1度は先生と私と妻が一緒に話し合いをするような感じです。

息子が幼稚園に通っているときにたびたび問題を起こし、家では躾することに限界を感じて、妻はかなりストレスがたまっていました。当時、東京で仕事をしていいて週末だけ家に戻るという生活をしていたのですが、会社が一時期の危機を回避して安定しはじめていたので、自宅で仕事ができるように取り計らってもらいました。

仕事としては、会社の方向性はあるものの、自由にやらせてくれる会社の雰囲気は良かったように思います。また比較的高額のサラリーをいただいていましたので、お金の不自由はなかったです。

いま思えば、社長と距離を置いてきたことで、だんだんと関係が悪化してきたかもしれませんね。

 

妻と話し合い、結局会社を辞めて名古屋で仕事をすることになりました。
仕事の種類がソフトウェアの研究開発でしたので、同じような仕事を名古屋で求めるのは無理かなと思っていました。幸い1人で3年間続けるだけの資金があった。住宅ローンもなかったので、そんな会社がないのなら自分でつくるしかないと思った。

しかしビジネスプランがあるわけもないので、模索をするところからはじめます。

 

性格的には、なんでも挑戦はしてみたいところがあります。なんでも体験してみなければわからないと思っています。自分が面白いと思ったことは、懐に飛び込んでみないといけません。それから、自分に能力がないと消化不良に終わって、自己崩壊・爆発をしてしまう…

 

次は起業の3年の歩みをたどって、原因を探ろうと思います。 

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

「片山さん」の続き

2008 年 2 月 28 日 コメントはありません

昨日のブログは、当初「人件費が事業を左右する」という趣旨のことを書こうと思ってはじめた。しかし、書き始めていて2つも3つも主張したいことがあったので、途中でぶれてしまって、最後は「やり続けて、最後はみんなで協力して、さらにいい意味で競争しあわなければいけない。」という結末になってしまった。

 

彼が番組で言っていたことは、実感ができる。

「一番つらいことは、夢がないこと」

この言葉はそのとおりだと思う。昨年に空売りしていた株が暴騰して多額のお金を失いかけた。そのときは未踏もすべて中断するかもしれないという状況だった。

お金を失うよりも夢を捨てることになるかもしれない。それが一番つらかった。
明日から、どうやっていきていけばいいんだろう。

「自分のためにがんばるのではなく、仲間のために、地域のためにがんばれる」

 いまの仕事は自己完結しているので、誰のためでもなかったりする。
やがてこういう時代が来るだろうと、見越して先にプログラムをつくっている。それを理解してくれる人、気づいてくれる人、いま必要としている人も少ない。一人だから早めに手をうって、少しずつやっている。世界規模では着々と進んでいるけれども、日本の市場、名古屋の市場と狭めていくと、まだまだ。

つまるところ、仲間のためにも、地域のためにも、誰のためにもなっていない。
将来的には、人の仕事を奪う可能性があるかもしれない。
単純な仕事を奪うことで、より創造的な仕事をするためにと願っているけれど、実際のところお金になるのは単純な仕事だったりすることが多いから。

 

このところ進退がはっきりしてきたので、精神的に落ち着いてきました。
進退が確定する来月終わりまでには、報告できそうです。

とりあえず、いまやっているソフトウェア開発を中断せずに活かせそうな感じです。これの目処がつくまでは続けていきたい。

妻からはお金を稼ぐために、派遣へ行きなさいと言われていたけれど、なんとか回避できそうです。

 

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

生産コストはほとんど人件費

2008 年 2 月 27 日 コメントはありません

NHK「プロフェッショナルの流儀」を1週間遅れで視る。

中小企業経営者で「多品種小ロット織物生産システム」を作った、片山象三さんが今日(先週)のプロフェッショナルだ。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080219/index.html 

ググるとこちらでも紹介されており、こちらは番組で取り上げられなかった台風で泥まみれになってしまっても諦めずに開発を再開したという話も載っている。

http://www.jmf.or.jp/monodzukuri/world/09.html 

番組で取り上げた繊維産業をはじめとして、国際競争にさらされている事業は没落しているものが多い。かつては鉱山、重工業、繊維など一度は就職したい会社としていつもベスト10に入っていたり時代を極めたが、いまはそうでもない。

鉱山は鉱山そのものが日本ではコスト高。資源もあまりない。
重工業も産地に近いほうがいい。
それよりも、人件費が高い。

日本人の人件費は世界で一番高いといわれる。ヨーロッパも同じだろうと思う。
アメリカはエリートは人件費は高くても、工場で働く人の賃金が安かったり、メキシコなどからたくさん移民を受け入れて多少安くしているが同じ悩みを抱えているだろう。

中国、インド、東南アジア、中南米、東欧などはだんだんと先進国に近くなりつつあるけれども、それでも人件費は数分の1。人件費が全うにかかる労働集約産業は本当につらい。人件費を減らして事業が継続できるように、自動化して人件費を減らす織物機を考案する。

番組では、片山さんがなんとか地元の産業を救いたいという気持ちで、新しい織物機を開発した。彼は繊維機械の商社で、開発メーカーではない。

縦糸を自動的に結ぶということで、縦糸の交換をしなくてもよい。それで人件費はかなり減らせるというのは斬新な発想であった。普通は縦糸をセットするのにどうやってやるかということを考えるだろう。ただ斬新な発想であっても、それは難しいことだと考えて敬遠してきたことかもしれない。

彼は自分が「素人」 なので何かを実現したいと思えば、いろいろな人を巻き込んでいくしかない。「素人」だからこそまとめていけたんだろう。製造者、ユーザー、研究者などのそれぞれの視点に位置すれば、その立場で考えることになる。マネージャーとするには、それぞれをバランスよくみる立場が必要だ。かといって、それぞれの分野のことを知らないでいればいいというわけではない。そこそこの知識が必要であるし、できればすべてのことを把握するのが理想だ。しかし専門家すぎては、それぞれの立場の人よりも自分の考えが優れていると思って置き換えてしまっては、そもそもチームプレイが成り立たない。

知っていても知らない振りをして、その人を自分でするように仕向ける。

彼はそれに徹していたと思う。

しかしそもそも協力者を集めて、一緒にやっていくことが大事。協力者の興味を持たせて、それを維持することが難しい。彼は興味を持たせるように実際に顔を合わせて、とことん巻き込むことに精力を払った。その人が時間が足りなければ、自分にできることはやるという姿勢を見せる。そして、「なんとかやってくれ」と無理強いせずに、相手が自分からやるという姿勢を見せるまで待つ。

 

もうひとつは本人が諦めないこと。
どんな状況になっても本人が諦めてしまったら、誰も一緒に続けてくれない。
だから、決して諦めない。

 

いつもの「プロフェッショナル」とは少し趣が違っていた。登場人物は天才的なすごい人が多かったが、彼は努力の人。私たちの行動を少し変えれば到達できそうな人。しかし決して諦めないというのは、できそうでできないことだろう。

 

彼が灯した火を消さないためには、継続してアイディアを出し続けて、新しい製品をつくっていくことだろうと思う。すでに中国をはじめとする、同業他社は機械を分解して中身を分析していると思う。数ミリの誤差でできたりできなかったりするノウハウはあるだろうが、やがて追いつかれる。そのときは新しいアイディアを導入して、また一歩先んじていること。

そして彼と彼の協力者だけを努力させるのではなく、別の人が別の協力者と一緒になって別の形のものを作り上げること。そういういろいろなグループがたくさんできてくれば、お互いが刺激になっていって、繊維産業そのものが明るくなると思う。

 

カテゴリー: 楽天日記 タグ: