アーカイブ

2007 年 5 月 のアーカイブ

調子こいとる

2007 年 5 月 31 日 コメントはありません

最近、調子がいいのが続く。

未踏が決まり、昨日も新しいベンチャーキャピタルの会社の方が来て世間話
をする。
この1ヶ月間は株も毎日数万円儲かり、昨日は1日でそこそこ稼いだ。そして今日もいい気になって世間話をしながらすごす。

おいおいおい、ちょっと調子こいとるんじゃないの!?
いい気になっているんじゃないの!?
そんな奴は天罰じゃ!

でも昨年1年間は厳しい状態が続いたんだから、少しぐらいいいんじゃない
の。許して。

調子こいとるうちに、そのうち一気にどかーんと何かが落ちてくるような気
がする。こういうときは、まじめにプログラムを組もう。
難しい課題を解こう。いつもより2倍働こう。

平常心に戻って、少しずつプログラミングをしよう。それが神が私に与えて
くれた仕事だから。

自戒を込めて。

そんなことを考えていたら、植木等を思い出しました。
(調子こいとるというのは名古屋弁かな)

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

【本】金持ち父さんの 金持ちになる ガイドブック

2007 年 5 月 30 日 コメントはありません

書名: 金持ち父さんの 金持ちになる ガイドブック
著者: ロバート・キヨサキ+シャロン・レクター
出版: 筑摩書房
値段: 952円+税
ISBN: 9784480863591

著者による「金持ち父さん貧乏父さん」という本を通して、大きなショック
を受けた。「いい借金と悪い借金」の話や「雇用者や専門家はいつまでたっ
ても、お金持ちになるのは難しい」という話。それがきっかけで、安定して
いる会社を飛び出したといってもいい。

本に影響されたというよりも、もともと同じような考えを持っていたので、
背中を押してくれたといってもいい。この著者の本は賛否両論があると思う
が、著者の実体験に伴うオリジナルな考え方だと思う。

この「金持ち父さんの 金持ちになる ガイドブック」は図書館で手に取った
ものだが、途中まで読んで「あっ2回目じゃん」と思った。本の内容も他の
本と重複するところもあるだろう。だけど、今回読んでまた新鮮に思えたこ
ともある。何度読んでもそのたびに新しい発見があるかもしれない。

いや前回読んだときは、きっと頭では分かっていても腑に落ちなかったのだ
と思う。今回気付いたことを2点あげてみる。

・何かを得るためには、代価を支払わなくてはならない

その代価はお金とは限らない。何かをしようと思うと、何かを大切なものを
犠牲にする必要があるかもしれない。

仕事と家庭のバランスをとることが難しいと、このブログで愚痴ってきたが
とても悩んでいる。家族は大事だが路頭に迷うことがあってはならない。仕
事が大事だが、家族を大切にすることは夫として父としての義務であるので
それを十二分に果たさなくてはならない。もちろん家族との生活をもっと楽
しんだ方がよい。

この法則から言えば、仕事で成功するためには家族や私生活を犠牲にしない
といけないのかもしれない。仕事でも家族でも成功したければ、他に代価を
払うものを用意しなければいけないかもしれない。私生活や趣味か、それと
も別の何かか。

著者の言葉は、何か変わろうとするときは、何かを変えないといけないとい
う意味だと思う。ダイエットをしようと思えば、運動をするか、食事や間食
を減らすように生活習慣を変えないといけない。運動もしない、食事も従来
どおりのCMのようにはいかないのである。

ときには古い服を全て捨てる、今まで大事にしていたCDを全て捨てるとか、
英語の勉強をするために夜の付き合いをしないとか変えないといけないよう
だ。何かをするためには、自分が変わらないことには始まらない。

・失敗をすることを恐れるな。失敗から学んで先へ進むことができる

マニュアルを読めば学んでいける。しかし優等生でもマニュアルに書いてあ
ることはできるが書いていないことはできない。現実はマニュアルに書いて
いないことがおきることが多い、そのときにどうするか?

最初から成功することもあるだろうが、失敗することもある。
もし失敗したら、そこから失敗の5W1Hを得て、次は失敗しないようにする。
そうやって物事は学んでいくものだ。取り返しのつかない大きな失敗を最初
にしなければ立ち直ることはできる。小さな失敗を積み重ねていけば、失敗
を繰り返さないだけでなく、失敗から立ち直る方法、失敗から学ぶことも多
い。その失敗を重ねた厚みが、その人間をゆるぎない柔軟な大きな人間に成
長させる。

私も子どもは小学校なので、どんどん失敗させている。手取り足取り教える
ようなことはせず、頼まれたときだけ必要なだけの助けをするだけである。

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

親ばかモード:娘はすごい

2007 年 5 月 28 日 コメントはありません

地元知多市の小中学校の陸上競技会がありました。娘が出場するというので、
家族で応援しに行きました。

陸上競技の記録が良くて希望する人が、市内の小学生から選ばれて、知多市
の全ての小中学校の生徒が参加します。
100m走、400mリレー、走り高跳び、走り幅跳び、ソフトボール投げ、長距離
走があります。

娘は小学校でバスケットボールクラブに入っていて、同じクラブの人が参加
するからというので一緒に参加したそうです。400mリレーは補欠になりまし
たが、走り幅跳びの選手に選ばれました。

(私も同じ小学校で6年のときに走り高跳びに参加しましたが、補欠にも入
れてもらえませんでした。それについての話はブログに書いたっけな?)

息子は小学校1年、2年と運動会のリレーの選手に選ばれて、「おっ、すごい
じゃん」と思いましたが、娘も運動神経が良かったなんてびっくりです。

写真はちょうど娘が走り幅跳びを始めるところです(顔が小さく分かりにく
いので、娘からOK出ると思う)

結果は、2位でした! おめでとう!!!
http://plaza.rakuten.co.jp/sayuri1995/diary/200705270000/

私は運動神経が良かった母に「あんたは運動神経悪いからね。父親に似たの
かな。」とさんざん言われてきました。中学校1年のときにバスケットを始
めたとき急に足が速くなったりスポーツが得意になってきたのですが、それ
からやる気を失いました。先日母が「あんたはやらなかっただけかもね。」
と言い直していましたが。

それとも娘も息子も、妻のフィリピンの血を受け継いだのでしょうか。
野や山をかけめぐり、ココナッツの木にも登る、自然児の血を受け継いだの
か。妻はスポーツは苦手ですが、妻の兄弟は元気で得意なようです。フィリ
ピンには運動会や競技会が日本のようにあるわけではないためわかりませんが。

祝賀パーティということで(妻がいつの間にか企画して)、半田の(ブログ
に書いた)マリノへ行きました。その後、妻とは1週間ぶりに仲直り。めで
たしめでたし。

しかし、娘はすくすくと育ってきてうれしいです。
私はひがみ根性で劣等感の塊ですが、スポーツもやり、勉強もそこそこ、本
が好きで、友達ともいい関係を築けていているのはすごいことだなと思いま
す。本人にとっては大変な思いでそれぞれやっているんでしょうけれど。

親ばかモードでいえば、娘は妻に似て器量よしだと思います。欠点は私に似
ているところもあり、眼の辺りと足が太くて大きいところ。肌は妻に似て浅
黒いです。

娘は父親にとって理想の女性なのかもしれませんね。だから娘が結婚すると
きは、別の男に取られてしまうと辛く感じるのかもしれません。

息子もまだまだですが、がんばっているようです。

私も子どもに負けないようにがんばらねば。

カテゴリー: 楽天日記 タグ: ,