アーカイブ

2007 年 4 月 のアーカイブ

ウォーキングデー

2007 年 4 月 30 日 コメントはありません

知多市の教育委員会の行事かな?毎年、小学校でウォーキングデーという行
事がある。自由参加だ。

Google Map(佐布里ウォーキングルート)

知多市の北部にある小学校区は、それぞれの小学校を出発して佐布里(そう
り)池にある「梅の館」まで歩く。南部の小学校区は旭公園まで歩く。

およそ片道4kmぐらいかな。

最初は県道の段差のある歩道を歩くが、途中からは用水路の横にある遊歩道
を歩く。車が通らないので歩きやすい。遊歩道には桜の木が植えてあった
り、花がたくさん植えている。今日は雲一つない天気で暑くもなく、とても
歩きやすかった。

梅の館では、子どもの遊ぶ遊具があった。
http://www.city.chita.aichi.jp/kensetsu/midohana/umenoyakata/yakata-main/yakata-main.htm

竹馬や輪投げ、現代風にアレンジした足を入れてジャンプして遊ぶむしろ、
バンブーダンスの大きな竹(フィリピンではティニクリンという)、模型飛
行機や竹馬の作成などもやっていた。

娘や息子はバンブーダンスや竹馬などをやったり、水遊びをする。
私や妻は疲れて、椅子にへたり込んでしまった。

1時間ちょっと遊ぶと元の道を歩いて帰る。
帰り道は、少し近道をたどり小学校へ帰った。
大人は花をもらい子どもはお菓子をお土産にもらった。おなかが空いて豚汁
をもらったが、お替りも欲しかったな。

平凡だが楽しい1日でした。
でも全身が痛い。いつも運動しないものですから。

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

この人とはどこでつながるのであろうか?

2007 年 4 月 30 日 コメントはありません

あいちベンチャーハウスで「Mさんが一緒にランチをしませんか?」と声を
かけてもらったのは1ヶ月近く前だった。それから、だんだんといろいろな
人とつながってきています。。

いま楽しいのは、その人とどこでつながるだろうかというのを見つけるとき
です。ここでたまたま会うことができたんだけれど、実は昔同じ会社にいた
とか、同じ学校にいたとか、共有の知人がいたとか、そういうのを発見した
ときはおもしろいと思います。

例えば、会社が入居している同じあいちベンチャーハウスの他の会社の人と
の共通点を探すこと。
あいちベンチャーハウスに入居してから1年経ちますが、これまでは通路で
会ったときに、挨拶を交わす程度だったんです。それがMさんのことがきっ
かけで、少しずつお互いを知りつつあります。セミナーのときに一緒するだ
けでは堅い話になってしまいますが、ランチを一緒に何度もとっているとだ
んだんとお互いのことがわかってきます。

「そんなこと言ったかな?。何で知っているの?」と相手の方が詳しいぐら
いになります。

それから廊下であっても、軽い会釈が言葉を交わしたり、お互いの事務所へ
訪問したりだんだんと親交を暖めるようになりました。一緒に仕事をすると
いうところまでいけばいいなと思います。もうどっちが上役でどっちが部下
でもいいかなとも思います。どの会社も小さな会社ですが、ビル丸ごとを一
つの組織だと考えれば、お互いに助け合えば大企業にも負けない結束の固い
組織になりうると言えましょう。

ではこれまでどうつながったかといえば、

(1) 昨日来ていただいた関戸代表理事が起こした起業支援ネット。

その会員で、「NPO愛知市民教育ネット ASK-NET」の代表 毛受(めんじょ
う)さん

http://www.ask-net.jp/

実は彼とは、名古屋大学大学院人間情報学研究科社会情報学専攻認知情報論
講座(なげー)で私が大学院学生だったときに1つ下だった。彼はほとんど
大学に来なかったけれど、夏の研究室合宿のときに車に同乗させていただい
て、彼のプライベートを話していただいた覚えがある。

ときおり地元の中日新聞にコラムを書いていて、「がんばっているな?」と
思った。それが、起業支援ネットでつながるとは思いもしなかった。

(2) ネットオフ社長の黒田さん。
http://www.ebookoff.co.jp/

あいちベンチャーハウスに4ヶ月くらい前に来てインタビューをしたそうで
す。実は親友の親友になる。彼とは前から共通の親友を通じて面識があっ
た。2年前に東京のベンチャー企業を退職したときに、親友が「そこの仕事
を手伝ってくれないか」と声をかけてくれて会いにいってきた。縁がなくて
それ以来会ってはいない。ひょっとしたらそこの仕事をしていたかもしれな
かった。

彼には私がここにいることを伝えていなかったせいか、接近遭遇で終わって
しまった。それを伝えておれば事務所に来てくれたかな...

たまーに本を買うぞ。2日前にも買った。ビジネス書を充実させてくれると
うれしい。そしてFirefoxで検索できるようにして欲しい。

(3) 新しくあいちベンチャーハウスに入居した会社

Mさんがランチに誘おうとしたら、「うちは付き合いを断っていますの
で。」といわれたらしい。それからあまりよい印象をもっていなかったが、
その会社のホームページを見たら、私が在籍したことのある会社に社長がい
たことを発見。さらに彼の部下が、私の大学院と同じことも発見(年代は違
うが...)。

ええい挨拶してこようと思い、突入。
「はじめまして、ソリスアートの大橋と申します」
「昔、IGSCにいらっしゃいましたか?」と関係者しか知らない略称でいう。

わかってもらった。

「私は笹島の方にいたのですが、、、、丸の内の方にいらっしゃったのですか」

それから、お互いに面識はなかったがほぼ同時期に同じ会社にいたことが間
違いなくわかって、踏み込んだ話を少しした。お互いに同じ会社にいて、信
頼してもらえたのか、私が退職した理由も話すと、彼も退職した理由を話し
てくれた。

彼も気さくな人だよ。そして会社としては成功しているから、応援したいな。
いいな共通点があるってことは。

そして部下の方が、同じ大学院にいたんですよって伝えると、彼は不在だっ
たが紹介してくれるという。

名古屋だから、簡単につながってしまうということがあるかもしれないが、
東京つながりや大阪つながりもあるかもしれないなぁ。

それを発見するのが今は楽しい。

(日曜日は家族の日なので、アップが遅れました。)

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

あいちベンチャーハウス+COMBi本陣 = ?

2007 年 4 月 28 日 コメントはありません

起業支援ネットの関戸代表理事が訪ねてきました。

実は関戸先生と話すと、何か話しているんだけれど何を話したか具体的なこ
とは忘れがちになってしまうのかもしれません。

関戸先生と話すときは真剣勝負になっているような気がします。エネルギッ
シュなパワーで私の心を鋭い刀でぐさっとえぐられていく気持ちがします。
たぶん、いたずらっ子の私は隙を見せたら「先生に叱られる」という遠い記
憶が残っているせいなのかもしれません。

今日(も)関戸先生が真っ赤なスニーカーを履いてきていらっしゃいまし
た。何を話されるかなと期待していたら、介護関係でIT関係の技術が何か融
合できないかなということでした(言ってもよかったのかな?)。

なかなかITベンチャーのやっていることが、一般の人たちに影響を与えるこ
とはありません。だけど介護関係は高齢化社会は待ったなしで影響力が大き
いので、ITの力で少しでも介護が楽になったり、介護される方も自立ができ
るようになるならば、これからは重要性を増していくと思います。

私は介護の経験はないのですが、私の両親も年老いていくのでそのうち介護
が必要になるかもしれません。何か私にできることがあれば、関わっていこ
うと思います。

ベンチャー企業は、BtoBでお客さんが会社関係でなりたっているところが多
いんです。ベンチャー企業もBtoCの市場を目指してもいるのですが、Cは巨
大マーケットでちょとやそっとの技術力だけでは太刀打ちするのは難しいと
感じています。マイクロソフトやパソコンメーカーややはり大きな会社が資
本力と営業力でなたを振るうのに対して、零細なベンチャーが太刀打ちは本
当に難しい。

すると、大きなソフトウェア会社の下請けに入るか、ソフトウェア以外の中
小企業を顧客にしてくことになりがちです。私は大手の下請けにも中小企業
を顧客にすることもせず第3の道を歩もうとしていますが、(セルバンテ
ス)のドンキホーテのように無謀な戦いなのかもしれません。

一方のコミュニティビジネスは生活の身近なところから生まれる。「ちょっ
と不便なんだけれど」「こうした方がいいよね」という気付きから、普通の
会社や行政ができないこと実現して、それが単なるボランティアに終わらな
いようにきちんとお金を循環させていく事業です。

モノが溢れた飽和状態では、会社が声高に宣伝しても買ってもらえるような
時代ではなくなりました。消費者が本当に求めているものは、その人の生活
に近いところから見つかるもので大量生産で与えられるものとはずれている
気がします。身近で必要なサービスや商品を提供していくところからビジネ
スが生まれていく可能性もあると思います。

このITベンチャーとコミュニティビジネスは、接点を持つことが難しいと感
じていました。しかし次のように分析することができます。

ITベンチャーは新しいモノを作って、人に使ってもらう。モノについては良
く知っているが、それを使う人については良く知らない。
コミュニティビジネスは人に使ってもらうために、モノが必要となるときが
ある。人は良く知っているが、モノは良く知らない。

ITベンチャー ⇒ コミュニティビジネス
  ↓           ↓ 
 モノ           人

お互いに協力しあうことで、双方にとってのメリットが生まれる可能性があ
りますし、逆にそうでなければマーケットの限界を感じかもしれません。

あいちベンチャーハウスは、愛知県が提供している施設。COMBi本陣は名古
屋市が提供している施設。行政団体が違えど、どちらも地域を共有しています。

お互いに接点を持ちましょうということで、少しずつ共有をもてるのではな
いかと思います。まずは双方で1回ずつ交流会を持つことから始めましょう。

最初は、関戸先生との話し合いでしたが、後半部分はあいちベンチャーハウ
スの他の入居者の方と混じって、ランチを食べながら話しました。

やっぱりランチを取りながら話すのはとてもいいですよね。

カテゴリー: 楽天日記 タグ: