アーカイブ

2006 年 6 月 のアーカイブ

いまさら2000年問題

2006 年 6 月 30 日 コメントはありません

コンピューターの世界に2000年問題というのがあった。
6年以上前の問題だから、知らない人もいるかもしれない。
いまになって、その問題の復習をしてみる。

2000年問題というのは、コンピューター特にホスト(大型コンピューター)
でカレンダーの年数を2桁で扱っていたことに発する問題だ。

昔はメモリーやハードディスクなどの記憶装置は高く、また計算を少しでも
早くする必要があった。そのため西暦を4桁の2006年と扱わずに06年と扱っ
ていた。というとややこしいが1998年を98年としていた。

それが2000年になると、99→00となってしまう。
例えば、年齢を計算するときに1970年生まれが1999年では、
99 – 70 = 29 歳と計算すればいいが、
00 – 70 = -30 歳となってしまう。
このようにカレンダーの計算が間違うので、銀行の利息計算や生命保険の計
算など、いろいろな計算が狂ってしまう。

対応策は、以下の3つだと思う
1. カレンダーのデータがあるところを2桁→4桁にする。データベースのデー
タが入っているところを4桁にして頭2桁に’19’を埋める
2. カレンダーの計算しているところを、4桁に直す。
3. すべてうまく修正できたかを、テストする

カレンダーを使っているプログラムの多くは、金融関係の仕事で使っている
プログラム言語のほとんどはCOBOLであった。そのため、そのCOBOLのソース
プログラムをチェックしてカレンダーのデータを扱うところを自動修正した
りするようなプログラムも出てきた。しかし中には20年以上前のプログラム
を今でも使っていて、ソースがなかったりするものもあったし、まったく異
なる言語やアセンブリ言語でかかれたものもあった。そういうプログラムは
新しく作り直されたものもあった。

直すところはわずかなんだけれど、その影響は全てのシステムに及んだ。そ
のため2000年1月1日になって、たくさんのシステムが止まり、銀行から残高
がなくなり、ライフラインも止まってしまうのではないかということが週刊
誌に書かれた。

しかし、実際に2000年1月1日を迎えて、そのようなことはほとんど起きな
かった。3年ぐらい前から多大な費用をかけて、対応してきたからである。

しかし、今も2000年問題に相当するような問題がある。

お客さんに「ちょっとそこを直してよ。たいしたことないでしょ。」といっ
たんプログラムを開発終了してからいわれる。

それはカレンダー2桁から4桁になったようなささいな問題だ。

しかし、プログラムの半分以上に影響が及び、プログラム完成後にテストを
しなければならない。三乗ぐらいの負荷がかかるかな。全体の10%を直すと
いう場合でも、

(1 + 0.1) ^ 3 = 1.331

33% およそ1/3の変更となる。

この計算でいけば、全体の30%を直すとすれば、
(1 + 0.3)^3 = 2.19700
2倍を超える。こうなったら0から作り直したほうが早い。
(三乗というのは大きすぎるので間違っているかもしれない)

プログラマーは経験上、修正が入るのは予期しているのでその対策をもちな
がら作っている。しかし、想定外のことを言われたり、完成寸前で修正や追
加を命令されると、とたんに対策の域を出てしまい最初からやり直しになっ
てしまう。

いまやっている仕事とは関係ないけれど、修正につぐ修正を積もり重ねてい
くと、だんだんとたいへんなことになっていくと思った。すでにプログラム
は複雑になり、人間の頭脳では追いきれなくなってきている。

2000年問題
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/2000%E5%B9%B4%E5%95%8F%E9%A1%8C

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

パソコンから音が...

2006 年 6 月 29 日 コメントはありません

仕事で触っていると、パソコンから大きな音がする。
ビーンという低いうなるような音。ファンのような音がする。
スピーカーから出る音楽が聞こえないほど、音が大きい。

パソコンは問題なく動いているが、うるさくて集中できない。

写真のようにパソコンの中を開けてみた。
パソコンの中のファンは、CPUファン、電源ファン、脱着できるハードディ
スクの箱についているファン。このパソコンにはないが、ビデオカードにつ
いている場合もある。

耳を近づけてもよくわからない。
でもCPUファンではなさそうだ。

電源の箱を開けてみた。電源というと大きなトランス(変圧器)が昔はあっ
たものだが、いまはスイッチングレギュレーターといって、周波数をカット
したものを直流に変えている。だから中身は、小さなトランス、小さなIC、
トランジスタ、電解コンデンサである。トランジスタは発熱するのか、金属
板につけられている。

部品が少なくすかすかなので、軽い。
これで400Wの直流電源を生み出すのかすごい。

少し埃がたまっていたが、それを掃除する。
電源を繋いでみて音を聞いてみたが、この電源ファンではなさそうだ。
別のところで音がする。

脱着できるハードディスクの箱を取り出してみる。
小さなファンは埃で一杯。
それが音を出しているようだ。きれいに掃除をする。
ハードディスクの外にあるファンが機能しなくてもさして問題はないだろ
う。ついでにファンの電源ケーブルを端子から抜いておく。

パソコンの中をあけた状態で電源を入れて起動してみる。
音は消えた。

パソコンの箱を閉じて起動しなおす。

前も小さな異音がしていたかもしれない。少し静かになった。
部屋の中で聞こえる音は、先日買ったデルのサーバーとエアコンのファンの
音。静かになった。

パソコンはファンで埃がたまるだけでなく、静電気でたまりやすいです。
ときどきはあけて掃除をしましょう。

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

クレイグズ・リスト

2006 年 6 月 28 日 コメントはありません

クレイグズ・リストというのがある。アメリカの新聞の日曜版についてくる
ような広告を集めたサイトである。
http://www.craigslist.org/

今朝の中日新聞で取り上げられていた。
求人広告以外は無料で、広告をこのサイトに載せることができる。文字だけ
のとてもシンプルで、広告もないし静止画を使うなどの飾る要素はまったく
ない。だけど、すごい人を集めているそうである。

クレイグズ・リストを運営しているのは、クレイグ・ニューマーク氏。元
IBM社員で、20名の社員と一緒にやっている。無料でたくさんの人が集ま
り、たくさんの人が集まればさらにたくさんの広告主が集まる。現在、月間
40億ページビューである。広告は新聞からこのクレイグ・リストへ移り、西
海岸地区だけで58億円の広告収入を失ったそうである。

全米の新聞はピークの1984年に比べると発行部数が15%減っているとのこと
です。そのため、新聞各社は人員整理があったり、地方新聞だと身売りをす
るところも出ているそうである。

私も新聞は4年前から購読を止めたいと思っているけれど、妻が新聞ちらし
を取りたいので続けている。徐々にではあるけれど、日本の新聞の購読者も
徐々に減っていくと思う。日本でも同様なものがあれば、速報性と料金の問
題で同じような現象になっていくと思われる。

下記のインタビュー記事によれば、一番心配なのは広告の信頼性である。読
者が信頼性にかけると思うとフラグを立てることができる。そのフラグが一
定数に達すると広告から消えるという。

中日新聞の記事では、新聞がなくなるとスクープがなくなったり、政府など
を監視する役目がなくなり不安だという論評だった。しかし、新聞記者の
ニュースが載ることはめったにないなど身内びいきなので、新聞もどうかと
思う。2chは行き過ぎかもしれないが、内部告発などでどんどん問題が表に
出てくればいいのではないかと思うが。論壇(http://www.rondan.co.jp/)
いうのものある。

本当は直接民主制というのが理想だけど、衆愚政治になったり決定に時間が
かかるというマイナス面がある。だけど、インターネットのブログのおかげ
で意見を言う場が出てきたように思う。同じように監視の場やニュースとし
て、WikiNews(http://ja.wikinews.org/)というのもある。

世の中は少しずつ変わっていっているかな。

クレイグ社長のインタビュー記事
http://www.asahi.com/tech/sj/cragslist/01.html
http://www.asahi.com/tech/sj/cragslist/02.html

東京や大阪のリストもある。
http://tokyo.craigslist.org/
http://osaka.craigslist.org/

カテゴリー: 楽天日記 タグ: