ホーム > 楽天日記 > 東京で営業活動(旧友の再会)

東京で営業活動(旧友の再会)

東京に着いてどうしようか、とりあえず友人のところへ荷物を預けに行った。
今日は少なくとも4件東京中を回るから、営団地下鉄の1日切符を買った。710円。

友人宅の近く目黒駅についたのが7時なので、起こしてはまずいと思い9時半まで朝マックして本を読んだりPCで文書を書いたりして時間をすごす。
(今日気付いたが、YahooBB Mobileは試験期間中で、今は無料。登録しておけばよかったな)

朝9時半に電話をかけて友人宅へ突入。やっぱりびっくりするよな。
荷物を置かせてもらって、さっそくすぐに一つ目。赤坂へ行く。

(一つ目)
赤坂でベンチャー企業を起こしている友人に会いに行って、世間話を始めて仕事をやめたこと、そして何か仕事をもらえないかと率直に聞く。
双方の能力を認め合っている10年以上の旧知だ。彼は私の能力を高く評価してくれていて人付き合いが下手な欠点も知っている。一方私は彼の営業力と人当たりのよさ、そしてコンピューターの技術も知っている。背が高くハンサムだ、そしてとてもやさしい男だ。

彼の仕事で技術上少し悩んでいることと新事業について説明をしてくれた。
少し悩んでいることはちょうど別件で私も悩んでいることだったので、解決できると両得だな。お金は別として、解決できて喜んでくれれば今のところはそれでいい。ちょっとやってみよう。

(2つ目)
昔IBM時代と前の仕事でちょっとお世話になった女性ととのランチだった。六本木ヒルズB1のイタリアンレストランで話した。

彼女はインストラクターを天職としてやっている。
インストラクターといっても、講座企画からマニュアル制作、PCとサーバーセットアップそして講習、一人で全てができる人だ。
講習内容も、UNIX、Windows 2003 Serverなど専門的なことを教える。

その縁である企業での、アプリケーション、インフラ全ての面倒をみるエンジニアもやっている。仏文科出身と聞いていたが技術力はすばらしい。
単価も1時間1万円ぐらいはとるよぉ。

彼女から言われた一言が効いた。
「東京だったらお願いしたいことはあるし、仕事だって紹介して上げれるのにぃ。時給5000円ぐらいでよければいくらでもあるのに。」

失業手当1日7200円ぐらいで生きていこうとしている今の自分には辛い一言だ。

名古屋、ナゴヤ、ニャゴヤー、、、、、妻と子どもの顔を思い出すとフラストレーションが引いた。

(3つ目)
表参道にある前の会社へ行く。
そっと、社長に会わないように同じ建物の6階へオフィスへ行く。
行ってみるとほとんどもぬけの殻だった。
私が今日行くことは伝えていたので、待ってくれていたみたいだ。待っていたんだけど待ちきれず、ランチへ行ってしまった。自分だけ別件でランチを済ませてきたので、本当に申し訳ない気がした。

ランチからみんなが戻ってきて挨拶をして、世間話をする。
「私がいなくなった後に、何か困ったことはないか?」
特にないらしい。手離れできてうれしい反面、少し寂しい気持ちだ。
業界のニュースや、関心のあることを、お互いに情報交換する。
その後、2階のメインオフィスへも顔を出して社長にも挨拶をする。

私がいなくなった後は順調で、新しい仕事でてんやわんやだったそうだ。特に今騒がしている会社へ納品する仕事は、若い人が意欲的でがんばってくれたそうだ。とてもうれしい。若人に幸あれ。

2年ぐらいかけて協力した、”Le Dix Commandaments(十戒)”のミュージカルのチケットを会社が私に譲ってくれるそうだ。ミュージカルは好きだし、2年関わってきた仕事だったので、ぜひ見に行きたい。だけど東京と大阪の公演だから、名古屋からは遠い。

今までブロードウェイとブダペストーでキャッツを見て、その他ブロードウェイで「レ・ミゼラブル」「怒りの葡萄」「Black and Blue」その他いろいろ見てきた。ブダペストにいるときは、オペラやオペレッタもいくつか見た。

でもこの十戒は最高。歌が別格。フランス公演のDVDをみたときも、日本に来たときの記者会見でも歌うのを聞いたが、ほんとにすばらしい。
http://www.dix-com.com/
ちなみに、このHPの動画プレーヤーのエンジンは私がつくりました(Windows Media Player以外のトコネ)。

(4) 内容については秘密です。
食事をごちそうになって、おもしろい話を聞きました。
ただ直接仕事につながることはないかな。
たいへんごちそうさまでした。

その後友人宅に泊まらせていただく。

翌日
(5) モバイルをやっている会社に話を聞きにいく。
前の会社でお世話になったところで、私に関心があるという。
いろいろ話を聞かせていただいたが、やっぱり名古屋に拘っているのがダメみたい。名古屋での案件があったときに仕事を紹介してくださるという約束を得るのが精一杯だった。
再来年ぐらいに、上場予定のところで成長株なので残念。

帰りの新幹線の中で、6年前に聞いた言葉がよぎった。
私 「名古屋でLotus Notesのユーザー会なんてないでしょうか?」
男 「ないですね。ご自分でつくったらいかがでしょうか」

なければ自分で会社をつくらないといかんのか。
理想をいえば、面白法人カヤック(http://www.kayac.com/)

みなさま、大変お世話になりました。
お会いした人のご多幸を心から願っております。

———————————————-
新幹線に乗る前に女房から私の携帯に電話がかかってきた。
「何時に帰るの?」
6時半か7時と答えた。その後、新幹線はひかり自由席なので、ひかりが減便したこと自由席のため待たないと席が確保できないことを忘れて、名古屋駅に着くのが少し遅れた。名古屋駅から妻へ7時15分頃着く予定だと電話した。
「さっき6時半っていったでしょ!」
乗り継ぎが良くなくて遅くなった、しかたないと伝えた。

?疲れて帰ってきたのにその一言は辛いな?
でも妻も子どもも私の帰りを待っているに違いないと思い返す。それが間違いないと思いながら、駅から雨の中をとぼとぼと傘もささずに20分歩いて帰った。バスが出るのは15分後だったから歩いて帰った方が少しでも早く帰れる。

雨の露が髪の毛を濡らし、眼鏡を曇らせた。少し冷たい雨だった。

カテゴリー: 楽天日記 タグ: