アーカイブ

2005 年 2 月 12 日 のアーカイブ

思考エンジンの統合は可能か?

2005 年 2 月 12 日 コメントはありません

ちょっとエキスパートエンジンについて考えてみた。

大学院の研究で、倉庫番パズルを解くときの考えをCLIPSというフリーのエキスパートエンジンのプログラムとして表現した。

最初にパズルを解くときと、試行錯誤でやっているとき、そして解き方を見つけたときでは、解き方は異なる。頭の中で学習して、一種のプログラムのようなものを試行錯誤して作っていく。試行錯誤は、メタ知識ともいう。

そのような試行錯誤の方法を解明できれば、コンピューターの中で思考をシミュレートできる。実際はそんなに簡単にことは運ばない。その理由はいずれ後日述べたいと思う。

ところで、その試行錯誤が解明できたとする。すると、本などの情報を入力して学習すれば、コンピューターである人物になりうる。優秀な人たち、例えばノーベル賞受賞者の人たちの頭脳と同じコンピューターを作ることも可能となる。

問題はその先だ。コンピューターの演算は人間のものより早く、寿命がない。そうすると人間の頭脳を超えるのはあっという間で、そんな人工知能が実現されれば、有機体(人間)の世界は無機質(コンピューター)の世界に変わる。征服されるのではなく、無機質に無視されるだけだと、アイザック・アシモフは言った。

一人の知能は偏っていることがあれば、3人寄れば文殊の知恵のとおり、複数の知能を融合すればいいものができるであろうか?

これも後日考えてみたい。

カテゴリー: 楽天日記 タグ: