アーカイブ

2005 年 2 月 10 日 のアーカイブ

仕事のポートフォリオ

2005 年 2 月 10 日 コメントはありません

昨日の面接でも常日頃思っていることをいった。

仕事のポートフォリオ。

お金を投資するときに、一つの不動産、一社の株などに全て自分の全財産を投資することはない。全てを投資したときに、万一会社が倒産したり、不動産が自然災害で被害を受けたときに、その痛手は立ち直れないほど大きいかもしれない。一つの対象のリスクが小さくても、その痛手は大きいからです。

そのため、不動産にこれだけ、株にこれだけという分散投資をする。
リスクを分散して、分野を分散すれば、リターンは減るかもしれないが、リスクを減らすことができる。ただ資金が少なければ、分散する余裕はないけれど。

ポートフォリオとは、複数の投資対象に対してどのように配分するかという方針である。

私たちが投資できるの元手は、お金だけではない。時間と能力というのがある。
健康であれば時間は自分の平均余命、能力は自分の現在価値である。

それが計算できれば、就職する場合の報酬となる。現在価値は自分の能力が社会環境でどれだけ価値があるかということだ。金だって1gあたりの値段は上下する。

一社から給与をもらうことだけであれば、報酬は上記のものであるが、リスクは会社が倒産するかしないか、または会社のなかでの自分の立場・環境に依存する。フリーになると、自分の時間や能力が大きければポートフォリオを組むことができる。

ローリスク・ローリターンの定期的な事業と、ハイリスク・ハイリターンの投機的な事業を組み合わせることができる。

投資の対象はリターンが存在する限り、リスクが全くないということはない。大会社で高収入を得ても、リストラにあうかもしれない。公務員として勤めていても、今後はどのようになるかわからない。インフレの高い国だと、公務員の昇給はインフレに追いつかず、給与は民間に比べていつも低い。

時間は平等である。お金持ちでも貧乏人でも1日24時間である。どのように時間を使っていくかが問題だ。

パチンコをしたり、テレビをボーっと見ていると、あっというまに時間がたっていく。能力も生まれながらのものが半分であるが、生まれてからの努力も半分である。

一瞬一瞬を悔やんでもどんどん過ぎ去っていく。日々、昨日よりは今日、今日よりは昨日と努力をして、少しずつ良くなっているとしていけばきっと良くなるのではと思う。

お金と同じように、仕事のポートフォリオを組んで時間を活用していくということも大事ではないだろうか。一つの会社に縛られるよりは、リスクを自分でしょって分散投資をすることも、一つのやり方だと思う。

——————————————————————
PHPとMySQLをいろいろいじった。

PHPは単純だが奥が深い。MySQLもバグが非常に少ないソフトだとインターネットの記事に載っていた。

6歳の息子にせがまれて、息子のスーパーマリオ64DSをやった。
スター4つ獲得

カテゴリー: 楽天日記 タグ: