アーカイブ

2005 年 1 月 のアーカイブ

トヨタテクノミュージアムは勉強になりました

2005 年 1 月 31 日 コメントはありません

家庭サービスで、名古屋の栄生にあるトヨタテクノミュージアムへ行ってきました。産業技術記念館というのが正式名みたいだけど、名古屋で育って40年近くなりますが初めていきました。

トヨタの工場見学やクラシックカーがたくさんあるトヨタ博物館へこれまで行ったことがありましたが、ここは初めてでした。

今月12日に改装が終わったみたいで、とてもきれいなところでした。入場料500円で駐車場も無料です。名古屋の都心に近いところなので、駐車場が無料というのは助かります。愛・地球博のチケットを持っていると2割引だということは後で知りました。もう前売り券を持っていたので200円ぐらい安くなったのですが、残念。

実は子どものために行ったのですが、自分自身がはまりました。

博物館の展示物は、トヨタ自動車が豊田佐吉の自働織機の発明から自動車産業へ歩みだしたことを説明しています。過去の手作業で木綿から生地をつくっていたものを、どのような発明をもとに機械で自働でつくるようになったかを、段階的に丁寧に説明しています。

私の頭の中では、コンピューター産業の歴史と一つずつ比較して、今後どのようになるのかをシミュレートしながら一つずつ見ていました。

展示物については次のように見せています。

A. 木綿から糸をどうやってつくるのかを、過去から現代まで発明の変遷をしています。

 木綿から生地をつくるのは、数千年前に発明されたといわれています。しかし産業革命が起きる頃までの数千年は、ほとんど方法は変わっていません。水力や蒸気機関というのが考え出される少し前に、「少しだけ楽をしよう」という発想で小さな発明が生まれているというのがわかります。

木綿から糸を作る行程は、以下の4つです。
1. 綿花から木綿を収穫して、種をとります。
2. 綿を櫛でほぐして、繊維の一方向にします。
3. 綿をよじって、糸を作っていきます(ただし一度にできる長さは数十センチほど)。
4. よじった糸を巻き取っていきます。

このうち3と4の工程が、綿から糸を糸車で作るところです。よく映像で見かけるところです。

実は今でも、1?4の工程は原則として変わっていません。機械が入って手作業でやることはほとんどなくなりましたが、機械が1?4を効率良く正確に仕事をしているだけなのです。

B. 糸から生地をつくります。

パタンパタンと時代劇に女の人が機織りで、布をつくりますが、こちらも現代のものも動作原理が同じです。布は縦糸の間に横糸を織り込むというところからつくります。横糸を入れるところも、パタンパタンの機織りでは手で右から左へ、左から右へと糸を送るのです。それが、佐吉さんが発明した自働織機もミシンのボビンようなものに横糸が巻かれており、機械でそれを右から左へ、左から右へ、投げるのです。ボビンに糸がなくなると、次のデす。

一介のプログラマーがそんなことを言っても、どうしようもないでしょうが。一つ一つ会社組織を積み上げていったことの成果だと思います。ベンチャー会社の取締役を辞めて、会社というものを考えたときに、つくづくそう思います。運もあったと思いますが、経営者も従業員もまじめに組織を大きくしてきたんだなと。

これからは、会社が大きいほどよいという時代ではないと思います。何か大きいことをするときは細胞が集まって巨大な多細胞生物になることもありますが、環境にそぐわないときはエネルギー消費を抑えるために細胞が分割して単細胞生物になるような、変幻自在で環境にあうような組織と人材、そんな会社組織が生き残っていくのではないでしょうか。

とはいえ、自働織機の発明の歴史は、自分がとりかかろうとしているコンピュータービジネスの内部変遷に参考になりました。

トヨタテクノミュージアムのHP
http://www.tcmit.org/

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

インターネット広告は衰退?

2005 年 1 月 28 日 コメントはありません

今日は私のお別れ会がありました。
会社は表参道駅からすぐのところにあるが、表参道には珍しい居酒屋で有志の人が私のためにお別れ会を催してくれました。

席上でもお礼を申し上げましたが、あらためてここでもお礼を述べたいと思います。先に退職された方まで来ていただいたことは胸が熱くなる思いでした。
来ていただいた一人一人をここで名前をあげるのは、プライバシーのこともあるので控えさせていただきましたが、みなさま一人一人の顔を思い浮かべ、感謝をのべさせていただきます。

4年と少しの在職中の間に、みなさまと一緒に仕事ができたことは私にとって誇らしいことです。とても貴重な時間を共有できたことに感謝しております。
これからも会社およびみなさまのご発展とご栄誉を願っております。
またいつの日かお会いしましょう。

話は変わるが、Webではインターネット広告が盛んである。
広告だけにとどまらず、ウィルスがメールにのってやってきたり、フィッシング詐欺が大流行のご時世である。

だんだんと巧妙化されていくが、単純なものはすたれていくと思う。

Webブラウザとしては、Firefoxを愛好していてAdblockという機能拡張を入れている。これでよく見るサイトの広告ややインターネット広告会社のURLは遮断している。ブラウザで広告イメージのところを右クリックしてポップアップメニューを出す。”Adblock Image”を選ぶだけでよい。あとはURLでダブルところがあれば、*(何でもよい)というので置き換えたりすればよい。
これでYahooの広告など多くはブロックしている。
以下が個人的にブロックしている広告の一部である。
たいてい、adなんとかというのがついている。

http://*.doubleclick.net/
http://*.valueclick.ne.jp/
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/
http://adb.nikkei.co.jp/
http://admin.custom-click.com/
http://adnet.asahi.com/
http://adng.ascii24.com/
http://ads.ait.valueclick.jp/
http://ads.google.com/
http://ads.slashdot.jp/*
http://adsrv.news.com.au/
http://affiliate.dtiserv.com/
http://ai.yimg.jp/bdv/
http://ard.yahoo.co.jp/
http://bbpromo.yahoo.co.jp/
http://bizad.nikkeibp.co.jp/
http://bn.goo.ne.jp/
http://distribution.www.infoseek.co.jp/
http://image.excite.co.jp/jp/sa/
http://image.excite.co.jp/ng/
http://image.itmedia.co.jp/ads/
http://image.itmedia.co.jp/fil/
http://img.xrea.com/ad_iframe.html
http://japan.cnet.com/ads/
http://ngs.impress.co.jp/
http://pagead2.googlesyndication.com/*
http://srv.trafficgate.net/
http://st.ait.valueclick.jp/ad.s/
http://webpdp.gator.com/
http://ww3.custom-click.com/cgi-bin/
http://www.antenna.co.jp/scripts/banner.cgi
http://www.infoseek.co.jp/images/ads/
http://www.japan.cnet.com/ads/
http://hpad.www.infoseek.co.jp/
http://www.infoseek.co.jp/images/isj00/ad/
http://us.a1.yimg.com/us.yimg.com/a/
http://spe.atdmt.com/
http://us.eb1.yimg.com/
http://www4.azaq.net/cgi-bin/bn?
http://pcweb.mycom.co.jp/adimg/
http://img.xrea.com/banner_top_1.gif
http://ads.osdn.com/
http://st.lidr.valueclick.jp/ad.s/

メールもPOPFileというのを使って、メールがSPAMの場合は[SPAM]というのをタイトルにつけて、メーラーのフィルターでゴミ箱行きである。
このソフトは学習機能があるので、間違えたらそれを教えればだんだんと精度が良くなっていく。

どちらも無料でやっていることは単純である。

おそらくこういった広告を避ける方法を上回る広告が出てくると思う。
でもエキスパート機能をつけたもう少し賢い機能をもつソフトが出てくることは間違いない。

結局、詐欺や人をのせる広告技術がどんどん発達していく一方で、それへの対応策は遅れて出てくる。しかし、関心のない一般の人は、どんどん取り残されていくのではないだろうか。

10年前には鍵へのピッキングなんて、警察と泥棒と鍵屋しかしらなかったことだけど、今やピッキングに関する技術の本まで出回っている。古い鍵だと、鍵がないのと同様である。

コンピューター技術は発明と製品化の時間が短い。世の中で最も注意をしなくてはならない最先端のアングラ市場であり、ビジネスチャンスのある市場の一つであることは間違いないと思う。

(ちょっと話が飛躍しちゃったかな)

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

Independent Contractor

2005 年 1 月 27 日 コメントはありません

愛知県の自宅から東京へ仕事へ行くときは、たいてい晴れ晴れしている。

自宅にいるときはリラックスできることもあるが、旦那業と父業の仕事をするため完全に気が抜けない。裸で家の中を歩いたり、ソファに寝転がったりする自由はあるけれど。一方で料理洗濯などの主婦業を全部妻に任せているので気が楽ではある。

東京へ行くからかどうかわからないが外出するときは、出会いと新しい体験にわくわくする。会って話す人は、いい人ばっかりだから、気が晴々している。仕事は問題を見つけて解決することもあるから、いつも目の前に問題が転がっているが。

一人で家にいると自分の勝手な妄想ばかりで、悪い方、悪い方へと考えがちだ。でも子どもとバドミントンをやってみたり、バスケをやって身体を動かしてみると、気分が晴々してくる。ときには身体を動かしてみるものだ。そして、人に会ったり、新しい本を読んでみるもんだ。世の中捨てたものではないという気がしてくる。

話は変わって1月で会社を辞めて、2月からはフリーになる。
半年ぐらいはぶらぶらしてみようと思う。あるいは、Independent Contractor(独立請負人?)かな。フリーターとは違うが、プロとして会社と一定期間契約するものだ。

会社の取締役になって、経営というものについて学んだ。会社を経営する側から、社員を雇用することも考えた。日本やヨーロッパなどの先進国では、社員を雇用するのは大問題だ。アメリカは気にいならなければすぐにクビにしたりできるが、日欧は難しい。社会保険などの会社負担の金額も多い。
社員を雇うことの難しさを、感じている。もし自分が会社を起こして、社員を雇ったら社員のために仕事を探してきて給与を払って、自分には何も残らなかったということになると思う。

一番理想的だと思うのは、「仕事があるときみんなで働いて、応分に利益を分配する」ということだ。仕事がなければ誰も報酬をとらない、利益の取れない仕事ならばしかたない、しかし大儲けしたときはみんなで大きく分配するなんて、原始的だろうか。

分配方法の問題やいつもピーピーして金欠状態では困るという人もいるだろうが、一般的にはリスクをとった方が利益は大きい。リスクをとらないのは利益が少ないという当たり前の原則がある。

資本主義だとリスクをとるのは投資家や企業家、リスクをとらないのは雇用者ということか。事業を起こしても成功する確率は数%。でも事業を起こしたときのリターンが、以下の式を成り立っていたら成り立つのではないだろうか。

事業成功確率 × リターン > 公定歩合(or 投資信託のゲイン)

コンピューター関連の仕事は、起業しやすい。プログラムから成るシステムをつくるのは、サーバーはLinuxでソフトはオープンソースを使えば、あとはアイディアと時間だけだ。いくつかアイディアを試して確率を高め、リターンも経験によって学習できればうまくいくのではないだろうか。

たとえ一人で起業しなくても、一緒になってやれる

カテゴリー: 楽天日記 タグ: