アーカイブ

2004 年 4 月 のアーカイブ

19日の日記

2004 年 4 月 19 日 コメントはありません

バランス

人はどこかでバランスを持って生きているのではと思う。
ヤンキーぽい衣装や言葉を話す人が、意外に根は純真で良い人だったりする。
逆に普通のビジネススーツを着ている社会人が、変態なことをしてしまう。

人は外見に力をこめると、中身は普通だったり。その反対に外見は普通なのに、中身は異常のようなところがある。

人は見かけに寄らぬものとはいうが、もっと進んで、人はどこかで振り子のようにバランスを取っているものではないかと思う。

外見は派手で中身もむちゃくちゃという人はきっと疲れてしまうだろう。その反対に外見は質素でまじめだが、中身もまじめもどこかで爆発の機会をうかがっているのに違いない。

カテゴリー: 楽天日記 タグ:

16日の日記

2004 年 4 月 19 日 コメントはありません

人生は短い。
自分が小学生のときは、学校から帰ってきて夕飯まで外で遊んだが、凄く長い時間に思われた。
それが、高校生や大学生になると授業後に勉強できる時間は少ない。しかも友達とだべっていると、もっと短く感じた。
そのとき、だんだん年をとると1日の時間を短く感じるのだなと思った。
おおよそ、10歳のときが1とすると、20歳のときは1/2、30歳のときは1/3、すると自分がもし100歳まで生きられたとする。
すると10歳以降の心理的時間は、

インテグラル(1 10)1/x dx = ln 10 – log 1 = 2.3 – 0 = 2.3

10歳までの時間の、2.3倍ほどだ。

今日実は同じことを考えている人がいると知った。
フランスの心理学者の、ポール・ジャネーで、これをジャネーの法則とも言うらしい。
(しかし、積分計算はしていないだろう!)

私は22歳のときに、大学を1年休学してアジアを放浪した。そのときは全てが新鮮で毎日が充実した時間を過ごした。そのときは、10歳のときと同じように時間を長く感じることができた。
一方、本を読んでいたりすると時間があっという間に過ぎてしまう。

視点を変えると、楽しいことは時間があっという間に過ぎ、辛いときは時間がゆっくりと感じられるそうだ。

つまり学習する必要の無い環境では時間は早く過ぎ、考えながら進めなくてはいけない環境では、時間はゆっくりと経っていく。

あなたは、楽しくて短い時間を過ごすのが良いか?それとも、辛くて長い人生を歩むのが良いか?

カテゴリー: 楽天日記 タグ: